「jerk」,「jerk-off」とはどういう意味なのか?

英語ネイティブの若者が使うスラング「jerk」,「jerk-off」の意味とは?



今回の記事では「英語圏の国の若者がよく使うスラング・悪口」として「jerk」というスラングと、関連する他の英語表現も紹介してみたいと思います。

これから紹介していくスラングは、ハリウッド映画は勿論、アメリカのテレビドラマにもよく出てきますので英会話のシーンだけではなく、英語圏のメディアを楽しむ際にも役に立つ知識になると思います。

また、「jerk」というスラングを紹介する際にはネイティブが使いそうなシーンを想定して、例文を通してその言葉の使い方、ニュアンス、意味を紹介したいと思います。それでは、始めましょう!


英語のスラングで「jerk」,「jerk-off」とはどういう意味なのか?
英語のスラングで「jerk」,「jerk-off」とはどういう意味なのか?


こちらのスラングの記事もお勧め:




1.「jerk」ってどういう意味ですか?



「jerk」という単語の元々の意味は「ぐいと上げる・ぐいと引く」という意味になります。つまり、「急に動く事」という意味です。

しかし、スラング・悪口として使うと、「くだらない奴」、「嫌な奴」という意味になります。これは1930年代から使われているアメリカ英語のスラングです。色々と調べましたが、残念ながら、このスラングの由来は不明です。

また「jerk off」という関連する句動詞もあります。これは「オナニーをする」という意味になります。

語源としては「嫌な人」の「jerk」の意味から来ているのではないかと考えられています。



実際の例文1:ダイアログ


A:What do you think of James?
(ジェイムズの事はどう思う?)


B:I think he’s a jerk.
(嫌な奴だと思うよ。)



実際の例文2:ダイアログ2


A:What happened to your face?
(顔はどうしたの?!)


B:Some jerk hit me!
(あるバカ野郎が俺の顔を殴ったよ!)


A:Why?
(どうして?)


B:I was talking to his girlfriend.
(俺は彼の彼女と話してたからだ。)



お勧めのスラング教材:







2.「jerk-off」ってどういう意味?



上記でも少し触れましたが、「jerk off」という句動詞は「オナニーをする」という意味になります。これはとても下品な表現なので、日常会話にはあまり出てきません。

そして、この「jerk off」にハイフンを入れると「jerk-off」=「バカ・嫌な人」という表現になります。しかし、ニュアンス的には「jerk-off」という言い方の方がさらに下品で強い悪口になります。

これはアメリカ英語のスラングですが、他の英語圏の国でも通じます。しかし、イギリス英語やオーストラリア英語を話す人はこの代わりに「wanker」という言葉を使います。

これは「jerk off」と同じ意味(そして同じ由来!)の悪口言葉になります。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


実際の例文1:


That jerk-off almost crashed into me!
(あのバカ野郎はぶつかりそうだったよ!)


実際の例文2:


I don’t want to date you, jerk-off!
(あなたと付き合いたくないよ、バカ野郎!)



3.「jerk around/about」ってどういう意味



この「jerk around/about」という句動詞は「無駄に時間を過ごす」という意味になります。また、「ふざける」や「人を騙す」という意味としても使う事が出来ます。


実際の例文1:ダイアログ


A:Stop jerking around and do your homework.
(時間を無駄にしないで宿題をしなさい。)


B:Sorry dad.
(ごめんね、お父さん。)



実際の例文2:ダイアログ


A:Are you still dating Pete?
(あなたはまだピートと付き合っているの?)


B:I don’t know. He keeps jerking me around.
(よくわからないわよ。彼はいつもはっきりしない。)


以上、今回の記事では「jerk」というスラングと関連するその他の表現を紹介してみました!

今回紹介した表現は、アメリカ英語ではとてもよく使われているスラング表現なので、知識として理解しておくと役に立つ事があると思います。

他にも何か意味や使い方が不明な英単語や英語表現、スラング等があれば、是非当サイトのライターまでご質問くださいね!


※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。



スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post