スラング

アメリカ人が好んで使うスラング「awesome」の意味と使い方を徹底解説!

アメリカ人が好んでよく使うスラング「awesome」の意味と使い方、ニュアンスを紹介

「awesome」のスラングとしての意味と使い方を紹介



アメリカ人の明るい性格を代表する単語の一つは、何と言っても、この「awesome」という単語だと思います。「awesome」というスラングは、アメリカ人であれば、若者からお年寄りまで年齢問わずに日常的に使われている単語です。

外国人とフェイスブックやインスタグラムでコミュニケーションをした事がある方は、一度はこの「awesome」というスラングをみた事がある方も多いと思います。

ハリウッド映画やアメリカのテレビドラマを観ると必ずと言っていいほど「awesome」という単語を耳にすると思います。

以上の事から、ネイティブのような自然な英会話をマスターするために「awesome」の意味と正しい使い方を必ず覚えておくべきだと思います。


それでは、この「awesome」というスラングはどんな意味なのでしょうか? どんなシーンで、どんな使い方をすればいいのでしょうか? 例文を交えて紹介していきたいと思います!



アメリカ人が好んでよく使うスラング「awesome」の意味と使い方、ニュアンスを紹介アメリカ人が好んでよく使うスラング「awesome」の意味と使い方、ニュアンスを紹介






「awesome」という単語は元々どういう意味なのか?



現在のアメリカ人が使う「awesome」はスラングに近い単語ですが、元々は「すさまじい」や「恭しい」という意味として使われていました。

awe」という名詞は「畏敬の念」という意味になり、「神様の話」や「恐ろしい自然現象」などの話をする際に使う単語です。


「awesome」を使った例文:

Niagara Falls is an awesome sight.
(ナイアガラ滝は荘厳な光景です。)

I was in awe of his talent.
(私は彼の才能に圧倒されていた。)




「凄い!」、「素晴らしい!」という意味の「awesome」



「awesome」の元々の意味は「すさまじい」、「恭しい」という意味でしたが、現在、最も使われている意味は「すごい!」や「素晴らしい!」という使い方です。

例えば、日本人の若者は何かに驚く際に「すごい!」という言い方をしますが、アメリカ人の若者はそういった時に「awesome」という単語を使います。


実際の使い方:ダイアログ1

A:Did you have a good day at Disneyland?
(ディズニーランドで良い一日を過ごせた?)

B:Yeah, it was awesome!
(そうよ!素晴らしかったよ!)


実際の使い方:ダイアログ2

A:Have you seen Mike’s new car?
(マイクの新しい車を見た?)

B:Yeah, it’s awesome!
(見たよ。すごい車だよね!)


実際の使い方:ダイアログ3

A:Do you like this band?
(このグループが好きですか?)

B:I love them! They’re awesome!
(大好きだよ!すごいかっこいいグループだよ!)

結局は「何かを褒める」という際にアメリカ人は「awesome!」という単語を使う事が多いです(笑)。




「了解」、「分かった」という意味の「awesome」



また、他にも「友達と待ち合わせの予約をする」という際にも「awesome」という単語を使う事が出来ます。

この「awesome」の意味は「OK、それにしよう」や「了解」というニュアンスになります。


実際の使い方:ダイアログ1

A:Ok, let’s meet at 8pm in front of the station.
(じゃあ、8時に駅前で待ち合わせしよう。)

B:Awesome. See you then!
(了解。じゃあ、そこでね!)


実際の使い方:ダイアログ2

A:I’ll come and pick you up after work.
(仕事が終わったら迎えに行ってあげるよ。)

B:Awesome. Thanks!
(いいね!ありがとう!)




「awesome」の代わりに使える他の表現



「awesome」は主に”アメリカ人やカナダ人”に使われているスラングですが、もちろん全ての英語圏の国でも通じます。他の英語圏の国の若者も時々「awesome」という単語を使います。

しかし、イギリス人は一般的に「awesome」という単語よりも「brilliant」や「fantastic」などの形容詞を使います。スラングとして使うと「awesome」と同じ意味と使い方になります。

参考記事:「イギリス英語の褒め言葉は?人を褒める際に使える英語フレーズを紹介します!

他にも、同じようなニュアンスでこういった形容詞を使う事が出来ます:

  • great
  • wonderful
  • fabulous
  • excellent
  • sweet
  • cool


実際の使い方:

This film is brilliant!
(この映画は素晴らしい!) ※イギリス人っぽい表現です!

What a fantastic idea!
(素晴らしい考え方だね!)


実際の使い方:ダイアログ

A:See you tomorrow at 9pm.
(明日の9時にね!)

B:Great! See you!
(わかった! じゃあね!)



その他の使い方

Your new dress is wonderful! So pretty!
(あなたの新しいワンピースは素晴らしいね! とても素敵!)

I had a fabulous holiday.
(旅行は素晴らしかったよ。)

You did an excellent job. Well done!
(本当によくできたね!)

Mike’s new car is sweet!
(マイクの新しい車はちょうかっこいいよ!)

I went to a really cool event on Saturday.
(私は土曜日にとても素晴らしいイベントに行ったよ。)



以上、今回の記事では、アメリカ人がよく使う「awesome」というスラングの使い方、ニュアンス、実際を使い方の例文を紹介してみました。

英語のスラングに関する質問があれば、是非当サイトのネイティブライターにご連絡くださいね!

ご質問はこちらのフォームから → →「マスターランゲージに質問



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。