単語

「トイレ」はオーストラリア英語で何と言うのでしょうか? オージーの英語教師が徹底解説します!

オーストラリア人が「トイレ」という際の言い方、スラング表現を紹介します!



今回の記事では「オーストラリア英語」について紹介してみたいと思います。オーストラリア英語はイギリス英語やアメリカ英語ほど、メジャーな英語ではありませんし、オーストラリア英語に興味を持っている日本人は比較的少ないと思います。

しかし、英語を学ぶためにオーストラリアへ留学する日本人はとても多いです。そういった日本人留学生がオーストラリアに着くと、現地のオーストラリア人が使う英語と自分が今まで学校で学んだ英語とは、かなり違う事に気がつく人は多いと思います。


オーストラリア英語は、考え方的に「英語の中の一つの種類」といってもいいと思います。オーストラリア英語はイギリス英語とは違いますし、アメリカ英語とも違います。

オーストラリア人が使う英語のイントネーションと発音はユニークですし、数多くのオーストラリア英語特有のボキャブラリー、スラング、イディオムもあります。


オーストラリア英語のスラング
オーストラリア英語の特徴とオーストラリア英語のスラングについて紹介 オーストラリア英語のスラング オーストラリアの英語は、歴史的にイギリス英語に影響されています。 そして、アメリカのポップカルチャ...


そのため、オーストラリアに行く日本人の留学生・ビジネスパーソン、観光客などはオーストラリア人が使う英語を少しでも理解しておいた方が良いと思います。

以上の事から、今回の記事では、オーストラリア人である私がオーストラリア英語で「トイレ」という際の言い方、関連する単語、スラングを紹介していきます。

これからが紹介する単語は主にオーストラリアで使われている言い方ですが、もし仮に自分がオーストラリアでアメリカ英語のトイレの言い方を使った場合でも通じると思います。

しかし、今日紹介する単語は必ずオーストラリアの日常生活で耳にする言い方なので、必ず覚えた方が良いと思います^^

それでは、オーストラリア英語で「トイレ」は何というのでしょうか? いってみましょう^^





「トイレ」はオーストラリア英語で何と言うのでしょうか?「トイレ」はオーストラリア英語で何と言うのでしょうか?






オーストラリア英語で「toilet」という際の単語について



アメリカ英語で「toilet」は「便器」という意味になりますし、そしてこれは、あまりきれいな言い方ではありませんね。アメリカ人は一般的にトイレを「restroom」か「bathroom」と呼びます。

しかし、オーストラリア英語で「toilet」は単純に「トイレ」という意味になります。オーストラリア人は「bathroom」のことをトイレと言う意味として使いません。

オーストラリア英語では「bathroom」は「お風呂場」という意味になります。



オーストラリア英語で「トイレ」という際の例文:

Where’s the toilet?
(トイレはどこにありますか?)


John has gone to the toilet.
(ジョンはトイレに行きました。)


Is there a toilet in this shop?
(この店にはトイレがありますか?)





オーストラリア英語でよく使われる「loo」について



オーストラリア英語でよく使う「loo」=「トイレ」という単語は、実はイギリス英語から来ています。オーストラリア人が使う「loo」はスラングですが、失礼なスラングではありません。

逆に少しだけ婉曲的なスラングといった感じになります。つまり、少し丁寧な言い方です。ちなみにこのスラングは男性でも女性でも使います。



オーストラリア人が「loo」を使う際の例文:

Can I use your loo?
(あなたのトイレを使ってもいいですか?)


Gran has gone to the loo. She’ll be back in a minute.
(おばあちゃんはトイレに行ったよ。もうすぐ戻ってくる。)


Is there a loo near here?
(この近くにトイレはありますか?)






オーストラリア英語で使う「dunny」というスラングや発音について



この「dunny」という単語も元々はイギリス英語の「dunnakin」という単語から来ています。この単語は「室外トイレ」という意味になります。

オーストラリア人は英単語を省略して新しいスラングを作る事が好きなので、後に「dunny」という省略を使うようになりました。

このスラングは少し下品なニュアンスなので、ビジネスシーンやフォーマルなシーンで使わないようにしましょう。主に「男性が使う単語」になります。

日本語で例えると「便所」という言い方に似ているような単語です。日本語でも下品な言い方ですよね(笑)。ちなみに発音は「ダニー」に近いです。



オーストラリア人が「dunny」を使う際の例文:

This dunny stinks!
(この便所は臭い!)


The dunnies in this pub are filthy.
(このパブのトイレは汚い。)


I’m just going to the dunny. I’ll be back soon.
(便所に行ってくるよ。もうすぐ戻ってくる。)






オーストラリアのトイレの表記「ladies」や「gents」という単語について



オーストラリアのトイレにいくと「ladies」と「gents」という表記があると思いますが、この言い方はよく使います。「ladies」は「女性のトイレ」という意味になり、「gents」は「gentlemen」の省略で「男性のトイレ」という意味になります。

仮にそのトイレが性別で分けられていないようなトイレであっても「ladies」と「gents」という単語を使う人がいます。



オーストラリア人が「ladies」と「gents」を使う際の例文:

Where are the ladies?
(トイレはどこにある?)


Mike’s in the gents.
(マイクはトイレにいるよ。)


Just going to the gents.
(俺はトイレに行ってくるよ。)






オーストラリア英語で「トイレ」という際のまとめ



今回の記事をまとめると、オーストラリア人はトイレの話をする際にアメリカ人と違う用語を使って表現します。

オーストラリア英語ではトイレという際に主に「toilet」、「loo」、「dunny」、「ladies」、「gents」という5個の単語を使います。

そして、オーストラリア人は「bathroom」や「restroom」という言い方をしません。その点でオーストラリア英語はイギリス英語に似ていると思います。



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。