単語

お土産は英語で何と言う? 英語でおみやげ、プレゼント、ギフトの違いとは?

お土産「おみやげ」は英語で何と言う? 英語で「プレゼント、ギフト」の違いとは?

英語で「お土産・おみやげ」は何と言うのでしょうか? お土産に関する英語表現を紹介します!



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。イギリス人のマリと申します。今回の記事では、旅行の話をする際によく使う「お土産(おみやげ)」という単語の英語の言い方を紹介したいと思います。


この「お土産」という単語は日本語でも日常会話でよく使う単語だと思います。例えば、英会話で旅行に関する話をする際には、お土産の話をする事もあると思います。

そして、何かのシーズン的なイベント(クリスマスやバレンタインデー等)に関する会話内容では「プレゼント、ギフト(贈り物)」に関する話をする機会もあると思います。


日本でも、海外旅行や国内旅行に行った際に友達や家族のために「お土産」を買って帰るという習慣はあると思います。

そして、旅行ではなく何処かに出かけた際に何か(ケーキやお菓子等)を買って帰る際にも「お土産」という言い方が使えます。

日本語では、色々な文脈で「お土産」という単語を使えますが、英語では文脈によって違う言い方を使う必要があります。以上の事から、今回の記事では「おみやげ・お土産」の様々な英語の言い方を紹介してみたいと思います。






お土産という意味の英語「souvenir」の使い方とニュアンス


この「souvenir」という単語は中学校の英語の授業で紹介される英単語です。実はこの「souvenir」という単語は元々、フランス語から来ている単語です。

英語で使うと「souvenir」は「旅行・記念日のお土産」という意味になります。例えば、ロンドンに旅行に行った時に買った「ロンドンバスの形をしたマグネット」は「souvenir of London(ロンドンのお土産)」といいます。

そして、好きなアイドルのライブに行った時に買った、マフラーやポスターも「souvenir」と呼ばれます。「souvenir」の発音は「スーヴェニア」に近いです。


お土産「おみやげ」は英語で何と言う? 英語で「プレゼント、ギフト」の違いとは?



ネイティブの「souvenir」の使い方例文:



This postcard is a souvenir of New York.
(この絵葉書はニューヨークのお土産です。)


I brought back some souvenirs from Italy.
(私はイタリアのお土産を持って帰りました。)


This scarf was given to me by my daughter.  It is a souvenir from her trip to Paris.
(このスカーフは娘からもらった物です。彼女のパリ旅行のお土産です。)


Did you buy any souvenirs at the concert?
(ライブに行った時にお土産を買いましたか?)




お土産という意味でも使える英語「present」使い方とニュアンス


present」は「souvenir」よりも広い意味とニュアンスになります。「souvenir」は「旅行やイベントの記念」の為に買う物ですが、「present」は、どんな理由でも「人に贈る贈り物」という意味になります。

例えば、「ロンドンのお土産」は「a souvenir from London」という言い方になります。また「a present from London」という言い方も出来ます。

しかし、「誕生日プレゼント」の場合、「お土産」という単語は使えません。そういう時には「present」や「gift」を使います。

そして、誰かがちょっと出かけて、その帰りに小さなお土産を買って帰るという際には、英語の「souvenir」という単語は使えません。そういったシーンでは「present」という単語を使った方が良いです。


お土産「おみやげ」は英語で何と言う? 英語で「プレゼント、ギフト」の違いとは?

ネイティブの「present」の使い方 例文:



I went on a trip to Osaka and I bought you a present. Here you are.
(私は大阪の旅に行ってお土産を買って帰りました。どうぞ。)


I brought you back a little present from the supermarket.  It’s your favourite chocolate.
(スーパーに行った時にちょっとしたお土産を買ってきたよ。あなたの好きなチョコですよ。)


Daddy, did you buy anything for me in Tokyo?
(パパ、東京のお土産を買ってくれたかな?)


I need to buy some presents for my workmates.
(私は同僚のためにお土産を買わなければならない。)


The boss went on a business trip and brought us back some presents.
(上司は出張に行った時にお土産を買って帰ってくれた。)


I bought a birthday present for my grandmother yesterday.
(私は昨日おばあさんのために誕生日プレゼントを買いました。)




お土産という意味になる英語「gift」の使い方とニュアンス


gift」は「present」と同じ意味と使い方になります。しかし、「gift」は「present」よりも少しだけフォーマルな言い方になります。

例えば、海外旅行やイベントに行った際に、もし誰かに手土産を贈ろうと考えているなら、そのものを「gift」と呼んでも大丈夫です。自分のために買ったという際には「souvenir」という言い方を使います。


お土産「おみやげ」は英語で何と言う? 英語で「プレゼント、ギフト」の違いとは?

ネイティブの「gift」の使い方 例文:



I need to buy some gifts for my family in Japan.
(私は日本にいる家族のためにお土産を買わなければならない。)


This was a gift from my son.  He bought it in Germany.
(これは息子からもらったお土産です。彼はドイツで買いました。)


This is a birthday gift for you.
(これはあなたの誕生日プレゼントです。)


These leather belts would make lovely gifts.
(これらの本革ベルトは良いお土産になるでしょう。)


Did you get any nice gifts at Christmas?
(クリスマスに良いプレゼントをもらいましたか?)




他の「お土産」という意味になる英語


上記で紹介した「souvenir」、「present」、「gift」以外にも「お土産」という意味になる表現と単語は沢山あります。例えば:

  • a little something = 小さなお土産
  • memento = イベントや旅行を思い出すためのお土産
  • token = イベント、記念日を思い出すためのお土産、記念品



ネイティブの使い方の例文:



I brought you back a little something from France.
(私はフランスであなたの為に小さなお土産を買って帰りました。)


This is a memento from my trip to Spain.
(これはスペイン旅行のお土産です。)


This a token from our wedding anniversary party.
(これは結婚記念日のためのお土産です。)




「お土産屋さん」は英語で何という?


旅行に行った際に駅や博物館、美術館、動物園などの観光スポットには、必ずお土産屋さんがあると思います。そういった「お土産屋さん」の事を英語では「souvenir shop」や「gift shop」といいます。


ネイティブが「お土産屋さん」という際の例文:



The gift shop is near the entrance to the zoo.
(お土産屋さんは動物園の入り口の近くにあります。)


Let’s go to the souvenir shop before we go home.
(帰る前にお土産屋さんに行きましょう。)


I bought this postcard at the museum gift shop.
(私はこの絵葉書を博物館のお土産屋さんで買いました。)


The souvenir shop closes at 5pm.
(お土産屋さんは夕方の5時に閉まります。)




「お土産」の英語の言い方:まとめ


まとめると、旅行やイベントで買うお土産は「souvenir」といいます。しかし、「present」や「gift」などの「贈り物」という意味になる単語も使えます。

そして「souvenir」は必ず、旅行かイベントを思い出させるための品物という意味で使います。そして、「souvenir」は人に贈る物だけではなく、自分がずっと持つような「記念品」という意味にもなります。

以上、今回は英語で「おみやげ・お土産」の言い方を紹介してみました! 英語の勉強法や英単語、英文法、英語圏のカルチャーに関する質問があれば、当サイトの英語ネイティブのライターにメールをくださいね^^




当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。