「お菓子」は英語で何と言う? ネイティブが使う「お菓子」という意味の表現を紹介します!

英語で「お菓子」という際にネイティブは何て言うのでしょうか?



今回の記事では、「英語でお菓子という意味になる様々な英語表現」をテーマに紹介したと思います。

「お菓子」という単語は子供だけに限らず色々な世代の人にも使われる単語です。例えば、子供はよく「お菓子が食べたい!」という表現を使いますし、歯医者や医者は「お菓子を食べ過ぎないようにしましょう」のような表現を使う事があると思います。

日本語の「お菓子」は色々な種類のスナック、キャンディー、チョコなどの物を指す単語になると思いますが、英語ではお菓子の種類によってそれぞれ違う言い方になります。

そこで今回の記事では、「お菓子」のそれぞれの種類の英単語・表現を紹介してみたいと思います。


「お菓子」は英語で何と言う? ネイティブが使う「お菓子」という意味の表現を紹介します!
「お菓子」は英語で何と言う? ネイティブが使う「お菓子」という意味の表現を紹介


こちらの記事もお勧めです:




英語で「お菓子」という際の表現: 1. sweets



この単語は主にイギリス英語で使われています。イギリス英語での「sweets」は「甘いお菓子」、「」、「グミ」という種類のお菓子をさします。

イギリス英語では「チョコレート」は「sweets」と呼ばれません。チョコレートは単純に「chocolate」のカテゴリーに入ります。


実際の例文:


Mummy, can I have some sweets?
(ママ、お菓子を食べていい?)


Sweets are bad for your teeth.
(お菓子は歯に悪いですよ。)




英語で「お菓子」という際の表現: 2. Candy



アメリカ人は「お菓子」という際に上記に紹介した「sweets」という単語よりも「candy」という言い方をよく使います。

チョコレートは「candy」の一種ですが、「candy」は主に「」、「グミ」などの甘いお菓子という意味になります。


実際の例文:


I got lots of candy at Halloween.
(私はハロウィーンに沢山のお菓子をもらった。)


My daughter eats too much candy.
(私の娘はお菓子を食べ過ぎる。)




英語で「お菓子」という際の表現: 3. lollies



オーストラリア英語では「固い飴」のことを「lollies」と言います。他の英語の種類では「lollies」は「棒がついているタイプのキャンディー(ぺろぺろキャンディ)」をさします。


実際の例文:


My son stole the lollies from the drawer!
(私の息子は引き出しから飴を盗んだ!)


You can have just two lollies each.
(あなたたちは一人に各2個の飴だけにして。)




英語で「お菓子」という際の表現: 4. treats



「treat」は「ご褒美」という意味になります。お菓子はいつも食べられるものではありませんので「ご褒美」というニュアンスで「treat」という言い方が使われています。

これは広い意味の単語なので、色々な種類のお菓子、スナック、チョコなどが「treat」と呼ばれます。


実際の例文:


You’ve been a good girl today. You can have a treat.
(あなたは今日良い子だったからお菓子を食べていいよ。)


I went to the shop and bought lots of treats.
(私はお店に行って沢山のお菓子を買って帰った。)




英語で「お菓子」という際の表現: 5. confectionery



これはスーパーや店が使うような正式なお菓子という意味になる単語です。「confectionary」は広い意味で「チョコ、グミ、飴」などのお菓子をさします。

一般の人(子供など)はこの単語をあまり使いません。少しフォーマルな単語なのでフォーマルなシーンでしか使いません。


実際の例文:


This supermarket doesn’t sell any confectionery.
(このスーパーはお菓子を売っていません。)


The confectionery is found near the cash register.
(お菓子はレジの近くにあります。)




英語で「お菓子」という際の表現: 6. snacks



「snacks」という単語は「小腹を埋める小さい食べ物」という意味があります。そして、「お菓子」という意味もあります。

「お菓子」という意味として使うと主に「甘くないポテトチップやクラッカー」などのお菓子というニュアンスになります。


実際の例文:


I’ve put some snacks on the table.
(私はテーブルの上にスナックを置いたよ。)


These snacks are too salty for me.
(このスナックは私にはしょっぱすぎるよ。)


以上、今回は英語「お菓子」という意味になる様々な単語を紹介しました! 今度ネイティブとお菓子の話をする事があれば是非これらの単語を使い分けてみて下さいね!





スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post