使い分けの違い

gotとboughtの違いとは? 「買った」という意味の英単語のニュアンス、使い方、使い分け

gotとboughtの違いとは? 「買った」という意味の英単語のニュアンス、使い方、使い分け

英語で「買った」という意味になるgotとboughtの違い、ニュアンス、使い方、使い分けを徹底解説


マリ
マリ
皆さんこんにちは。マリです。英語学習者がよく間違えやすい英単語として「gotとboughtの違い」についてお話してみたいと思います。


この二つの単語は使い方によって両方とも「買った」という意味になりますが、それ以外にも他の使い方と意味がありますので、意外に使い方を間違えやすい単語なので、それぞれの細かい意味やニュアンスの違いを紹介していきたいと思います。

この二つの単語は日常英会話でも非常によく使われますので、使い方を覚えておくと役に立つと思います! それでは「got」と「bought」の違いとはどんな所なのでしょうか。





gotの意味と使い方


gotの意味と使い方
got」(発音:ゴット、ガート)は「get」という”動詞の過去形”です。過去分詞は「got」または「gotten」になります(アメリカ英語では「gotten」という言い方が主に使われています)。

「get」という動詞には非常に数多くの意味と使い方があります。例えば、「get」は「買う」、「取る」、「もらう」などの意味として使えます。そして、「get」は数多くの句動詞にも使われています。

句動詞とは、「動詞+前置詞・副詞」を組み合わせた表現になります。例えば、「get up」(起きる・立ち上がる)や、「get down」(降りる)、「get in」(入る)などの表現は全て日常会話でよく使われる句動詞です。

英会話を上達させたい方の最も近道の方法としては、「沢山の句動詞を覚える」という方法です。これによって英会話の中の表現力が上がってスピーキング力が上達します。

句動詞を勉強する際のお勧め教材としては、以下の電子教材がお勧めです。



しかし、今回の記事では、句動詞に出てくる「get/got」ではなく、「買う・もらう」という意味の「get/got」にクローズアップしたいと思います。

結局、分かりやすく言ってしまうと「get/got」は非常にフレキシブルな動詞なので、とても広い意味として使えます。例えば「物を買う」や「物をプレゼントとしてもらう」などの表現を英語で表現する際には、どんなニュアンスでも「get」という動詞を使えます。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認しながら「get/got」の意味と使い方を覚えていきましょう!





gotの意味と使い方 例文



Do you like my dress? I got it for my birthday.
(私のワンピースは好き? 誕生日プレゼントとしてもらったんだ。)


I went shopping yesterday. I got a pair of shoes, a bag, and some accessories.
(私は昨日買い物に行きました。靴とバッグとアクセサリーを買いました。)



A: Where did you get that T-shirt? It’s really cool!
(そのTシャツはどこで買ったの? とてもかっこいいね!)

B: I got it in that shop near the station.
(駅の近くの店で買ったんだよ。)




A: It’s my mother’s birthday tomorrow. What shall I get her?
(明日はお母さんの誕生日です。何をあげればいいかな?)

B: You could get her some books. She likes reading, doesn’t she?
(本を買えばいいんじゃない。お母さんは本を読む事が好きでしょう。)



A: I want to get a new car.
(新しい車を買いたいな。)

B: But you got a new car last year! You don’t need another new one!
(でも去年買ったでしょう! また新しい車を買わなくていいでしょう!)






boughtの意味と使い方


boughtの意味と使い方
次に紹介する「bought」は「buy」という動詞の過去形です。「buy」は「買う・購入する」という意味になる英単語です。「buy」の発音は「バイ」になり、「bought」の発音は「ボート」になります。

過去分詞も「bought」になります。「bought」は日常会話では他の意味として使えませんので、必ず「買う」という意味になります。

「buy/bought」は「get/got」と違い広い意味としては使えません。それでは、実際のネイティブの使い方を例文を通して確認してみましょう。


boughtの意味と使い方 例文



A: Did you buy anything at the mall?
(モールで何か買いましたか。)

B: Yes, I bought a new coat.
(はい、新しいコートを買いました。)



A: Where did you get that skirt?
(そのスカートはどこで買ったの?)

B: I don’t know. My mother bought it for me.
(わからないよ。母親が買ってくれたものだから。)



A: How much was that phone?
(その携帯はいくらでしたか。)

B: I don’t know. I didn’t buy it. I got it as a present.
(わかりません。私は買っていませんよ。プレゼントとしてもらいました。)



I bought a bike yesterday. I need it to get to work.
(私は昨日自転車を買いました。通勤のために必要だからです。)


My husband bought me flowers and chocolates for Valentine’s Day.
(主人はバレンタインの日に花とチョコレートを買ってくれました。)





まとめ: gotとboughtの違いと使い方


まとめると、「got」と「bought」は両方とも「買った」という意味として使えます。しかし、「bought」(buy)はその意味にしかなりません。他の意味と使い方はありません。

一方、「got」(get)はとても広い意味として使える動詞です。「got」は「買った」、「もらった」、「手に入れた」などの意味として使える動詞です。

そのため、「get/got」は「buy/bought」よりも役に立つ動詞になると思いますので、是非正しい使い方を覚えてみて下さいね。

それでは以上になります。英語に関する質問があれば、ぜひ当サイトのライターにご連絡くださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。