オーストラリア英語特有のイディオム表現紹介(パート1)



オーストラリア英語で使われている特有のイディオムの意味と使い方・表現について



今日はオーストラリア英語のユニークなイディオムを紹介したいと思います。オーストラリアに留学に行ったり、ワーキングホリデーに行ったり、オーストラリアの映画やドラマを観ているとこれらのイディオムを耳にすると思います。


まずはじめに紹介したいのは「G’day」というオーストラリア英語特有のイディオムです。※「G’day」は「グダイ」という発音になります。この意味はオーストラリア英語の挨拶です。「Good day」(こんにちは)の省略です。

それでは、続けて以下に5つのオーストラリア英語特有のイディオム・表現を紹介したいと思います。

参考記事:「オーストラリア英語の特徴とオーストラリア英語のスラングについて紹介



オーストラリア英語特有のイディオム表現
オーストラリア英語特有のイディオム表現



オーストラリア英語参考記事





オーストラリア英語特有のイディオム: 1. beyond the black stump



beyond the black stump
意味: 超田舎、遠くの場所


例文:

オーストラリア英語: My brother lives in a small town beyond the black stump.
日本語: 私の弟は遠くの田舎の街に住んでいます。




オーストラリア英語特有のイディオム: 2. blood is worth bottling



blood is worth bottling
意味: とてもいい人


例文:

オーストラリア英語: I’ve known Jim since we were kids. His blood is worth bottling.
日本語: 私は子供の時からジムの事を知っているよ。彼はとてもいい奴。




オーストラリア英語特有のイディオム: 3. flat out like a lizard drinking



flat out like a lizard drinking
意味: とても忙しい状態


例文:

オーストラリア英語: Sorry I couldn’t come to your barbecue on Saturday, mate. Since I started this new job I’ve been flat out like a lizard drinking.
日本語: 土曜日のバーベキューに行けなくてごめんね。新しい仕事を始めてから凄く忙しいよ。




オーストラリア英語特有のイディオム: 4. mad as a cut snake



mad as a cut snake
意味: とてもクレイジー、頭が狂っている、とても怒っている、とても機嫌がわるい


例文:

オーストラリア英語: Mark was as mad as a cut snake after his team lost the cricket on Sunday.
日本語: マークのクリケットチームは日曜日の試合で負けたので彼は凄く機嫌が悪かったよ。



オーストラリア英語特有のイディオム: 5. on the wallaby track



on the wallaby track
意味: 無職の状態


例文:

オーストラリア英語: My dad has been on the wallaby track for a year now.
日本語: うちの父親はもう一年間無職の状態だよ。


オーストラリア英語に興味に持っている方はオーストラリアの映画を是非見てくださいね^^
オーストラリア映画の参考リンク:「オーストラリア英語の勉強におすすめの映画のベスト5








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post