「Hope」と「wish」の違いとは? Hopeとwishのニュアンスの違いや使い方の違いを紹介


英語学習初心者が間違えやすい「Hope」と「wish」の違いと使い方を例文を交えて紹介します



英語学習初心者にとって正しい動詞の使い方を覚える事は最も先にやっておくべき事です。動詞が適切に扱えるようになると、自分で表現出来る幅も広がりますからね。

そこで、今回の記事では「hope」と「wish」という二つの英語動詞について話したいと思います。

この二つの動詞は意味が似ていますが、ニュアンスや使い方は微妙に違いますので英語学習者にとってとても間違えられやすいと思います。



Hopeとwishの違いとニュアンス、使い方を紹介
Hopeとwishの違いとニュアンス、使い方を紹介


おすすめ記事:





Hopeの違いとニュアンス、使い方



意味:望む、であることと願う、~したいと思う


「hope」という動詞は、「可能性がある希望」に対して使います。例えば、「天気がよくなるといいな」や、「あなたとまた会いたいな」のようなシチュエーションに使います。「飛べるようになりたいな」のような「ありえない」希望に対して「hope」という動詞を使う事が出来ません。

「hope」と「wish」には文法的な違いもあります。「Hope」は主に現在形か未来形として使います。

例えば、「I hope you are well」(あなたが元気だといいですね)や、「I hope it stops raining」(雨が止むといい)のような文章で使う事が出来ます。

その一方で「wish」は、仮定的なシチュエーションを表す際に使う動詞なので、「wish+had」や「wish+would」という文法を使う必要があります。

ちょっとわかりにくいと思いますので、例文を交えて実際の使い方をみていきましょう。


例文:

I hope it is sunny tomorrow.
(明日晴れるといいね。)


I hope I can see you again.
(また会いたいと思います。)


I hope to finish my dissertation by Friday.
(私は論文を金曜日まで終わらせたいと思っています。)


A: Will it be sunny tomorrow?
(明日は晴れますか?)
B: I hope so.
(そう願っていますよ。)

A: Will it be cold tonight?
(今夜は寒くなるのでしょうか?)

B: I hope not.
(寒くならないでほしいね。)




Wishの違いとニュアンス、使い方



意味: ~であれば良いと思う・願う・祈る


「Wish」は「仮定的な」シチュエーションで使います。つまり、「可能性が低い場合」か「可能性がゼロ」の時に使います。

「Wish」という動詞を使う場合、三つのメインのパターンがあります。それでは実際の使い方を例文でみていきましょう!



「wish+過去形」の場合



例文:

I wish he loved me.
(彼が私を愛してくれたらいいのにね・・・)


I wish she was here.
(彼女がここにいるといいのにね。)

I wish it wasn’t raining.
(雨が降らなかったらいいのにね・・・)


これらの文法は「現在~になってほしい事」を表す場合に使います。上記の例は「ありえない事」というわけではありませんが、「自分が直ぐ状態を変えられない」といったシチュエーションなので「wish」を使っています。




「wish+could+原形」、「wish+would+原形」の場合



例文:

I wish I could fly.
(私が飛べるといいね。)


I wish I could speak Korean.
(私が韓国語を喋れるといいね。)


I wish he could come to the party.
(彼がパーティーに来たらいいのにね。)


もう一つの「wish」の使い方は、「後悔」を表す際の表現として使う場合です。例えば、「~をしておけばよかったなぁ」や「~をしなければよかった」という「後悔が残る」というようなニュアンスを表します。

英語の文法では、「I wish I had+動詞(過去形)」や、「I wish I hadn’t+動詞(過去形)」が正しい形になります。


例文:

I wish I had bought that bag last week. The price has gone up.
(あのバッグは先週買っておけばよかったのに。もう値段が上がったよ。)


I wish I had studied harder at school.
(学校でもっと一生懸命勉強しておけばよかったのにね・・・)


I wish I hadn’t eaten dessert. I feel a bit sick.
(デザートを食べなければ良かった。ちょっと気持ち悪くなった。)


I wish I hadn’t bought that dress. It doesn’t fit properly.
(あのワンピースを買わなければよかった。サイズがちゃんと合っていない。)



以上、今回は英語学習初心が是非覚えておきたい動詞として、Hopeとwishの違いとニュアンス、使い方を紹介しました。

日常会話でも結構使う動詞なので、是非この機会にマスターして下さいね^^


英語の文法、英語表現について質問がある方はこちらの「マスターランゲージに質問」というページよりメッセージ下さい^^







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post