語彙 PR

むかつくは英語で何と言う? イライラするのスラングの言い方は?

「むかつく」は英語で何と言う? イライラに関する表現とスラングの言い方
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

不機嫌でイライラする際の英語表現「むかつく」の色々な英語の言い方、イディオム、スラングを紹介



スコット
スコット
こんにちは。今回の記事を担当する カナダ人のスコットです。今回の記事は皆さんも日常的によく使うと思います、「むかつく」や「イライラする」という意味になる英語の言い方を紹介したいと思います。


日本語で「むかつく」、「イライラする」という表現は日常の様々なシーンでよく使われていると思います。

以上の事から英会話の際にも役に立つと表現になると思いますので、この機会に是非使い方を覚えてみて下さいね。

実は、私はもう既に10年間日本に住んでいますが、情けない事に最近まで「むかつく」という単語を知りませんでした・・(汗)。ですから意外と最近覚えた単語の一つです。

そんな私ですが、現在はこの言葉を覚えたことにより、大体毎日「むかつく」という単語を使っています(笑)。やはり、覚えておくと日常会話の際にとても役に立つ日本語なんだと実感しました^^

そでは、この便利な「むかつく」という日本語の表現は英語で何と言うでしょうか? 実は日本語の「むかつく」という動詞には二つの意味があります。


  1. 吐き気がする
  2. 腹が立つ、いらいらする



このコンセプトを理解した上で、英語の言い方は何と言うのか?という事を考えていきましょう。今回の記事では2番目の「腹が立つ・イライラする」という言い方にフォーカスして紹介していきたいと思います。





英語で「イライラする」,「むかつく」という意味の「annoying」,「annoyed」の使い方


「むかつく」は英語で何と言う? イライラに関する表現とスラングの言い方
一番最初に紹介する言い方は「annoying」、「annoyed」です。これらは両方とも”形容詞“として使います。しかし、双方とも使い方は少し違います。

annoyingの方は主に「迷惑な物」、「面倒な人・出来事」に対する際に使うような単語になります。


一方、「annoyed」は自分のイライラしている気持ちを表す際に使うような単語です。「feel annoyed」や「get annoyed」という使い方が多いです。

annoyingの発音は「アノイング」に近いです。annoyedの発音は「アノイド」に近いです。実際の正しい発音を確認してみたい方は下記のリンク先で確認出来ます。



それでは、annoyingとannoyedのネイティブの使い方を以下の例文で確認してみましょう。


annoying、annoyedの使い方 例文



Her attitude is really annoying.
(彼女の態度には本当にむかつくよ。)


You are so annoying! Shut up!
(お前はマジむかつくよ。黙れ!)


There is a fly in the house.  It’s really annoying me.
(この家にはハエがいます。とてもむかつくよ。)


I got really annoyed with my husband yesterday.
(私は昨日、旦那にむかついてきた。)


I feel annoyed with his constant complaining.
(彼が相変わらず文句を言う事はむかつくよ。)


Your brother is only a baby.  Try not to get annoyed with him.
(弟はただの赤ちゃんですよ。いらいらしないようにね。)








英語で「むかつく」という意味のイディオム「get on one’s nerves」


「むかつく」は英語で何と言う? イライラに関する表現とスラングの言い方

このフレーズは日常英会話でよく使われます。「nerves」は「神経」という意味なので、「神経までイライラしている」という気持ちを表現するイディオムです。

他にももっと下品な言い方があります。このバージョンは「get on one’s tits」という言い方です。「tits」は「おっぱい」という意味になります。

この言葉を使う際に、特別な意味はありませんが、単純に「get on one’s nerves」の方が強く下品な言い方という感じです。

この言い方はとても下品ななので、フォーマルなシーンで使わないようにしてください。基本的には友達同士の会話でしか使えません。


get on one’s nervesの使い方 例文



You are really getting on my nerves!
(お前は本当にむかつく!)


My neighbor’s loud music really gets on my nerves.
(隣の人のうるさい音楽が本当にむかつく。)


If your husband gets on your nerves so much, maybe you should get divorced.
(旦那さんがそんなにイライラさせているなら離婚した方がいいんじゃない?)


My younger brother really gets on my tits!
(弟はまじむかつく!)


※とても下品な言い方です!気を付けましょう!







英語で「むかつく」という意味の「to bug someone」


「むかつく」は英語で何と言う? イライラに関する表現とスラングの言い方

この「to bug 誰々」という表現は上記の「get on one’s nerves」と同じような表現になります。

bugという動詞は「イライラさせる」や「迷惑かける」という意味になるカジュアルな表現です。この表現の由来は不明ですが、20世紀の前半頃から使われているようです。

どちらかというと、イギリス英語よりもアメリカ英語っぽい表現だと思います。他にも「しつこい」や「困らせる」という意味合いもあります。


to bug someoneの使い方 例文



That noise is really bugging me.
(その音は本当にむかつくね。)


My roommate really bugs me.
(私のルームメートは本当にむかつくよ。)


What’s bugging you?  You look really annoyed.
(どうしてイライラしているの? 嫌な顔をしているね。)


Stop bugging me!  Leave me alone!
(うっとうしいね! ほっといてよ!)





英語のスラングで「むかつく」という意味の「to piss someone off」


「むかつく」は英語で何と言う? イライラに関する表現とスラングの言い方

このフレーズは、スラングっぽく失礼な言い方になります。そして「get on one’s nerves」や「to bug someone」よりも強い言い方になります。

piss 人 off」は「人を怒らせる」という意味になります。「piss」という動詞は元々「おしっこをする」という意味になりますが、この単語は色々な英語のスラングと下品なイディオムとして使われます。

この単語はカジュアルな会話ではよく耳にしますが、自分で使う際に「TPO」に気を付けるましょう! 例えばですが、職場や他人の前では使わない方が良いです。




to piss 人 offの使い方 例文



You are really pissing me off!
(お前、超むかつくよ!)


What is that noise? It’s really pissing me off.
(その音はなに? 本当にむかつくよ。)


You look pissed off. What’s wrong?
(あなたはイライラしているみたい。どうしたの?)


These mosquitoes are really pissing me off.
(これらの蚊はまじむかつく!)





その他の「むかつく」という意味になる英語表現


「むかつく」は英語で何と言う? イライラに関する表現とスラングの言い方

この他にも英語には数多くの「むかつく」というフレーズがあります。今回は「be fed up with ~」と「do someone’s head in」2つの表現を紹介してみたいと思います。


be fed up with ~の使い方 例文



I am fed up with you.
(お前むかつくよ。)


I’m fed up with all this homework! There’s too much!
(こんな宿題はむかつく!多すぎる!)



do someone’s head inの使い方 例文



That music is doing my head in.
(その音楽はむかつく!)

You are doing my head in!
(お前むかつくよ!)

※主にイギリス英語





まとめ:「むかつく」という意味になる英語


以上、今回の記事では英語で「むかつく」という意味になる、表現、スラング、イディオムを紹介してみました。

英語ネイティブが「むかつく」という表現をする際には、色々な言い方がありますが、まとめると会話でよく出る言い方としては以下のような表現が多いです。

  • annoyed/annoying
  • get on one’s nerves/get on one’s tits
  • bug someone
  • piss someone off
  • be fed up with
  • do one’s head in



今回紹介した、表現は自分が使わない場合でも、よく見聞きする表現だと思いますので、意味だけでも覚えておくネイティブの会話を理解する上で参考になると思います。


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)