「頭が良い」は英語で何と言うのでしょうか?



英語で「頭が良い」と言う場合は何と言えばよいのでしょうか?



今回は、日常的によく使う表現の英語の言い方を紹介したいと思います。今日紹介するのは「頭が良い」という表現です。

「頭が良い」を英語に直訳すると「good head」というフレーズになりますが、これはとても変な英語です。意味は何となく通じるかもしれませんが、英語ネイティブは他の言い方を使います。

実は、「頭が良い」という意味になる英語の表現は結構多いです。そしてそれぞれの言い方は微妙に異なるニュアンスがありますので、今回は以下の3つの最も役に立ちそうな表現を紹介したいと思います。


・smart
・intelligent
・clever



「頭が良い」は英語で何と言うのでしょうか?
「頭が良い」は英語で何と言うのでしょうか?


英語学習に関するおすすめ記事:





「smart」のニュアンスと使い方



「Smart」は元々アメリカ英語ですが、英語圏の国であればどの国でも通じる単語です。(イギリス英語で「smart」は「小奇麗」という意味もあります。)

この「Smart」は単純に「頭が良い」という意味になりますので、どんなシーンでも使う事が出来ます。しかし、「頭の良さ」をもっと詳しく説明したい場合には、「book smart」(勉強が得意)か「street smart」(常識のある経験豊富な)という別の言い方も出来ます。


それでは例文で実際の使い方を確認していきましょう!


例文:


My grandson is a smart boy.
(私の孫は頭の良い少年です。)


Michael is book smart but he lacks common sense sometimes.
(マイケルは学力がありますが、時々常識がないと思います。)


Dan is street smart but he did badly at school.
(ダンは実際の経験が多くて常識もありますが、学校ではあまりうまくいきませんでした。)




「intelligent」のニュアンスと使い方



「intelligent」という言い方は主に「学力の高い人」に対して使う単語です。そして、「高い知能のある動物」に対しても使う事が出来ます。

例えば、「チンパンジー」や「犬」のような頭の賢い動物について話す場合などには使えます。


それでは実際の使い方を例文でみていきましょう。


例文:


Mary was the most intelligent student in her school.
(メアリーは学校で最も頭の良い生徒でした。)


That’s a very intelligent answer.
(それはとても頭の良い答えです。)


Chimpanzees are highly intelligent animals.
(チンパンジーはとても頭の良い動物です。)




「clever」のニュアンスと使い方



イギリス人は「頭が良い」という表現を使う場合、「smart」の代わりに「clever」という単語を使います。

しかし、使い方によっては「ずる賢い」というニュアンスも含まれている場合があります。


では、ニュアンスも含めて例文で実際の使われ方を確認していきましょう。


例文:


She’s a very clever girl.
(彼女はとても頭の良い少女です。)
※イギリス英語の使い方


He scored a very clever goal.
(彼はとても知的なゴールを決めました。)


John was very clever at deceiving people.
(ジョンはずる賢くて人をだます事が上手でした。)




その他の「頭が良い」という表現やスラング



上記に紹介した単語はどのシーンで使っても大丈夫です。そしてこれ以外にも「頭が良い」という意味になるスラングも沢山ありますので、合わせて紹介したいと思います。


例えば:

boffin / boff

「Boffin」、または「boff」は主に「理系の専門家」の話をする際に使うスラングです。主にイギリス英語で使われているスラングです。


例文:
My husband is a computer boffin.
(私の旦那はコンピューターの専門家です。)


egghead

「Egghead」は単純に「頭が良い」という意味になるスラングです。


例文:

My uncle John is a bit of an egghead.
(私のジョンおじさんは結構頭が良いです。)


Einstein

これはあの有名な「アルバート・アインシュタイン(物理学者)」から出来たスラングです。少しふざけた言い方や皮肉った使い方が多いです。

例えば、調子に乗っている偉そうな態度の人に対して使うようなスラングです。


例文:

Thanks for telling me, Einstein.
(教えてくれてありがとう、アインシュタインさん。)
※皮肉った言い方の霊。


He’s no Einstein.
(彼は頭が悪いです。)
直訳:「彼はアインシュタインではありません。」



今回は「頭が良い」という表現の様々な言い方について紹介してきました。

英語には同じ意味でも使い方・文脈によってはニュアンスがかなり異なることもあるので、今日紹介した表現も含めて各表現のニュアンスまで、しっかりと覚えておくと、色々なシチュエーションで使えるようになると思いますので、会話の表現力もかなりアップすると思います^^ 是非使ってみて下さいね!








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post