「濃い」は英語で何と言うでしょうか?英語にしにくい日本語をクローズアップしましょう!



英語で「濃い」という表現をしたい時には何と言うでしょうか?



今回の記事は以前にも紹介した、「英語にしずらい日本語の表現」をテーマに記事を書いてみたいと思います。

今日これから紹介する表現は「濃い」という形容詞です。この「濃い」という表現をする際には、英語だと様々な言い方があります。

この単語は英語で表現する際に色々な意味、ニュアンスで使われる事が多いです。では、まずは日本語の意味からぞれぞれの使い方をみていきましょう。



1. 味、色などが強く濃いという場合
2. 毛などが濃いという場合
3. 顔が濃いという場合


英語で「濃い」という表現をする場合
英語で「濃い」という表現をする場合


おすすめ記事:




英語で「味や色などが強い・濃い」という際の表現



英語で「味が濃い」という場合は、「strong」という形容詞を使います。「色が濃い」という場合は「deep」という形容詞を使います。

チョコ等のクリーミーで贅沢な濃い味がする物の場合は「rich」という形容詞を使います。甘くない食べ物(例えばラーメンの味など)の味が濃い場合には、「thick」という形容詞を使います。


また、「化粧の話が濃い」という表現をする場合は「heavy」か「thick」という形容詞を使います。

それでは、例文で実際の使い方をみていきましょう。


例文:

This coffee is too strong for me.
(このコーヒーは濃すぎるよ。)


Her skirt was a deep red color.
(彼女のスカートの色は濃い赤でした。)


This cake is so rich! It’s delicious!
(このケーキは濃くて!美味しい!)


I prefer thick ramen soup, such as miso or tonkotsu.
(私は味噌や豚骨のような濃いラーメンが好きです。)


She always wears very heavy make-up.
(彼女はいつも化粧が濃い。)




英語で「毛などが濃い」という際の表現



こういった表現も意外と使いますよね(笑)。

「髪の毛や、眉毛、体の毛が濃い」という場合には「thick」という形容詞を使います。しかし、「胸毛が濃すぎる」などのネガティブな言い方をする場合には、「excessive」という単語を使えばいいです。

「Bushy」という単語を使うと、「濃くてもじゃもじゃ」というニュアンスを表します(笑)。これも結構使えそうな表現ですよね^^


例文:

He has very thick hair.
(彼の髪の毛は濃いです。)
※つまり、「髪の毛が沢山ある」


My brother has bushy sideburns.
(私の弟はもみあげがとても濃い。)


He has a very thick and bushy beard.
(彼の髭は濃くてもじゃもじゃです。)


He has an excessive amount of chest hair.
(彼の胸毛は濃すぎる。)


Her eyebrows are very thick.
(彼女の眉毛はとても濃い。)




英語で「顔が濃い」という際の表現



日本語では、「顔が濃い」、「顔が薄い」という表現があると思います。そして「顔が濃い」は、「顔のパーツははっきりしている」という意味になると思います。

これを英語にした場合、「to have strong features」や「be strong-featured」という表現を使います。もう一つ別の言い方としては「to have defined facial features」という言い方があります。

男性の場合は「chiseled」という単語を使っても大丈夫です。これは「彫刻のように顔の形がはっきりみえる」というニュアンスの単語です。

では、実際の使い方をみていきましょう。


例文:

I have heard that Okinawans have strong features. I wonder if this is true?
(「沖縄の人は顔が濃い」と(という噂)聞いた事があります。それは本当かな?)


Her boyfriend has very strong features. I think he’s quite handsome.
(彼女の彼氏は顔が濃いですね。結構かっこいいと思うよ。)

I like guys with strong features.
(私は顔の濃い男が好き。)

She has very defined facial features.
(彼女は顔が濃い。)

He has a very chiseled face.
(彼は顔が濃い。)


以上、今回は日本語でよく使う「濃い」という表現の英語の言い方について紹介してきました。実はこの表現は英会話でも結構使える表現だと思いますので、この機会に是非覚えておきましょう!^^









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post