単語

「いつもありがとう」は英語で何と言う? 3つの感謝を表す英語表現

「感謝」を表す英語フレーズ紹介

「感謝」の気持ちをを表す3つの英語表現をネイティブの言い方で紹介します!



今回の記事では、英語で「感謝の気持ちを表す英語表現」を紹介してみたいと思います。これから紹介するフレーズは日常英会話だけではなく、英語のビジネスメールや英文ビジネスレターでも使う事が出来ますので、ビジネスパーソンにもとても役に立つと思います。

日本語の「いつもありがとう」というフレーズは色々な場面で使える便利な表現です。仕事上でも使いますし、家の中、友達同士でもよく使いますね^^

しかし、「いつもありがとう」を英語に直訳すると、「always thank you」や「thank you always」というちょっと変な英語になります。やはり、英語圏のネイティブはもっと違った表現を使い感謝を表わします。


「感謝」を表す英語フレーズ紹介「感謝」を表す英語フレーズ紹介

こちらの記事もおススメ:




様々なシーンで使える英語の「いつもありがとう」というフレーズ



では、英語で「いつもありがとう」というフレーズはどのようなシーンで使うのでしょうか?まずは使い方を分析してから英語の言い方を考えてみましょう。


・仕事上で使う「いつもありがとう」
・家の中で使う「いつもありがとう」
・友達同士で使う「いつもありがとう」


今回は上記の3パターンのシチュエーションで表現を考えてみたいと思います。



仕事上で使う英語の「いつもありがとう」という表現



いつもお世話になっている上司や、いつも商品を買ってくれている人と話す際に「いつもありがとう」というフレーズを使った方が適切です。

これらは、ビジネス関係のメールや手紙を書く際にもよく使われている表現になります。英語にすると、「Thank you as always」や「Thank you for your continued support」などの表現になります。


例文:

Thank you for your continued custom.
(いつもありがとうございます。)
※いつも商品を買ってくれるお客さんへのお礼[メール、手紙]


Thank you for all your support and advice.
(いつもお世話になっております。)
※優しい上司へのお礼。


Thanks as always.
(いつもありがとう)
※カジュアルな言い方。


Thank you for always helping me.
(いつも手伝ってくれて、ありがとうございます。)


Thank you for your hard work, as always.
(いつもお仕事お疲れ様です。)
※部下へのお礼。




家の中で使う英語の「いつもありがとう」という表現



特別な記念日、例えば「母の日」などのカード、手紙に「いつもありがとう」という気持ちを表したい場合があると思います。そのような際には、下記のフレーズを使いましょう。


例文:

Thank you for everything you do for me.
(いつも色々やってくれてありがとう。)


Thank you for always being there for me.
(いつも私のそばにいてくれて、ありがとうございます。)


Thank you for always supporting me.
(いつも励ましてくれてありがとうございます。)


I appreciate everything you do for me.
(いつも色々やってくれてありがとうございます。感謝していますよ。)




友達同士で使う英語の「いつもありがとう」という表現



友達が定期的に何かをしてくれる場合、「Thank you for always ~ing」というフレーズを使った方が適切です。この言い方は友達同士だけに限らず、どのシーンでも使える言い方です。


例文:

Thank you for always looking after my son.
(いつも息子が大変お世話になっております。)


Thank you for always taking care of my cat.
(いつも猫が世話になっています。)


Thank you for helping me again.
(いつも手伝ってくれてありがとうございます。)


Thanks for always being there for me.
(いつもそばにいてくれてありがとうございます。)



以上、今回は英語で「感謝」を表す際のフレーズを紹介してみました。シチュエーション毎に使い分けて上手に使ってみて下さいね^^


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。