Subscribe: RSS Twitter

英語では「忘れる」という場合に何と言うのでしょうか?



今回の記事では日常会話でも度々使うと思います、「忘れる」という単語の英語の言い方を紹介していきたいと思います。

外国語を初めて勉強している学習者は、会話の際に「単語を直訳してそのまま言ってしまう」という傾向がよくみられます。


しかし、日本語と英語は言語学的にみてもかなり大きな違いがありますので、時々直訳しても全く通じない場合があります。

そして、仮に言っている事が通じたという場合でも、それらはネイティブっぽい言い方、表現ではない場合が多いと思います。特に「忘れる」という単語はその典型的な例だと思います。


日本語では「忘れる」は、よく「forget」という英語に直訳されますが、実は他の英単語でも「忘れる」という意味になるものもあります。

そして場合によって「forget」という単語を使う事が出来ない場合もあります。そこでこの記事では、「忘れる」という意味になる英単語を例文を交えて紹介していきたいと思います。


先ずは、「忘れる」という日本語がどのようなシーンで使われるのか分析してみましょう。


  • 1. 情報、出来事などを思い出せない時の忘れる
  • 2. 物を置き忘れる事
  • 3. 時間、気温、つらい事などに気づかなくなる事
  • 4. 嫌な事・思い出などをわざと思い出させないようにする事


私が知っている限り、「忘れる」という単語は上記の4つの使い方がメインになると思います。では、それぞれの使い方を英語にしてみましょう。


「忘れる」って英語で何と言うのでしょうか?

「忘れる」って英語で何と言うのでしょうか?



こちらの記事もおススメです:




1. 思い出せない際に使うフレーズ・何かする事を忘れた際に使うフレーズ



これは最もよく使われている英語の「忘れる」という言い方です。意味としては、「何かする事を忘れた」や「人の名前を忘れた」などの場合で使う「忘れる」という意味です。

英語にすると、「forget」という言い方になります。場合によって「don’t/can’t remember」という言い方も使う事が出来ます。

「forget」の過去形は「forgot」になります。そして、過去分詞は「forgotten」になります。


例文:

I forgot to buy milk.
(私は牛乳を買うのを忘れました。)


Don’t forget to lock the door.
(ドアのカギを閉める事を忘れないでね。)


I have forgotten his address.
(私は彼の住所を忘れました。)


I can’t remember her name.
(私は彼女の名前を忘れました・思い出せない。)




2. 置き忘れた際に使うフレーズ



この使い方は日本人にとって最も間違えやすいと思います。物を置き忘れたような場合には、「forget」よりも、「leave」という動詞を使います。「leave」の過去形と過去分詞は「left」になります。

場合によっては「forget」も使う事が出来ますが、「leave」という動詞を使った方がより自然でよいと思います。使い方は「leave+物+置いた場所」というパターンを使います。


例文:

I left my bag at home.
(私はカバンを家に置き忘れてしまいました。)


I left my umbrella on the train.
(私は傘を電車に置き忘れてしまいました。)


He left his lunchbox on the table.
(彼はテーブルの上に弁当箱を置き忘れました。)


I forgot my key.
(私はカギを忘れてきた。)



この記事もお勧めです:




3. 何かに夢中になって色々と忘れてしまったという際に使うフレーズ



本に夢中になったり、テレビに夢中になると時間を忘れるという人が結構いると思います。そして、恋人や友達と楽しい時間をすごしていると、外の寒い天気や暑い天気等の周りの変化に気がつかなくなったりする事もあるでしょう。

そういう時には、「forget about ~」や「too absorbed/engrossed in ~to mind ~」というフレーズを使う事が出来ます。


例文:

He enjoyed the book so much that he forgot about the time.
(彼は本に夢中になって時間が経つのを忘れてしまいました。)


They were so absorbed in each other to mind the rain.
(彼らはお互い夢中になって雨が降っていた事も忘れてしまいました。)




4. 嫌な思い出を忘れようとする際に使うフレーズ



嫌な思い出や嫌な経験を忘れようとするような際には、「try to forget about ~」というフレーズが最も役に立つと思います。

「お酒を飲んで~を忘れよう」というような表現をする場合には、「to drown one’s sorrows」というイディオムもよく使われています。


例文:

I am trying to forget about my ex-boyfriend but I still like him…
(私は元彼の事を忘れようとしているけど、やっぱり、私は彼の事がまだ好きだよ・・・)


Bob just got dumped by his girlfriend. He is at the bar drowing his sorrows now.
(ボブは彼女に捨てられたばかりなのよ。彼は今バーでお酒を飲んで彼女の事を忘れようとしている。)



以上、今回は「忘れる」という意味になる色々な英語表現を紹介してみました。

日常会話でもかなり使える表現だと思いますので、ネイティブと英会話する機会があれば是非使ってみて下さいね^^





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ