「exciting」と「excited」はどう違う?意味とニュアンス、使い方について細かく紹介します!


日本人の英語学習者がよく間違えやすい英語「exciting」と「excited」の意味とニュアンス、使い方



今回の記事では、「exciting」と「excited」という二つの間違えやすい英単語の正しい使い方について紹介したいと思います。

以前の記事では、「boring」と「bored」という二つの似ている単語の使い方を紹介しました。実は、「exciting」と「excited」も似たような使い方が出来ます。

「boring」と「bored」、「exciting」と「excited」は全て形容詞として扱いますが、微妙な使い方の違いがありますので、もし間違って使うと文章の意味がかなり変わります。


ですから、こういった似た英単語の使い方をしっかりと覚えておく事もとても重要だと思います。特にスピーキングを上達させたい方は必ず覚えておいた方がいいと思います。

それでは、「exciting」と「excited」の意味と使い方、使い分けを例文を交えて紹介していきます^^


「exciting」と「excited」はどう違う?意味とニュアンス、使い方について詳しく解説



こちらの記事もお勧めです:



「exciting」とはどういう意味ですか?どんな使い方?



「exciting」は「刺激的な」、「興奮させるような」、「わくわくさせるような」という意味になる形容詞です。この単語は単純な形容詞なので、「名詞の前で」使う事が出来ます。

例えば、「an exciting ride」(興奮させるような乗り物)や「an exciting game」(わくわくさせるような試合)という組み合わせで使う事が出来ます。

そして、「文章の補語」としても使う事が出来ます。例えば、「This ride is exciting」(この乗り物は興奮させる)や「This game is exciting」(この試合はわくわくさせる)という使い方もあります。


覚えるべきポイントとしては、「exciting」は”物や事柄の質を説明する”という単語です。ですから、自分の「興奮している気持ち」を表現するような際には使う事が出来ません。

「I am exciting」という間違ったフレーズを使う人は非常に多いと思いますが、このフレーズは「私は人を興奮させるような人です」という変な意味になります(笑)。

「私は興奮している」という表現をしたい場合には、「I am excited」という英語を使う必要があります。

それでは、実際の例文で詳しい使い方をみていきましょう。


実際の例文:


This performance is so exciting!
(このパフォーマンスはとても刺激的ですね!)


My brother lives a very exciting life.
(私の弟はとても刺激的な人生を過ごしています。)


I have lots of exciting plans for the weekend.
(私はこの週末に数多くの刺激的な計画があります。)




「excited」はどういう意味?どんな使い方?



「exciting」と「excited」はどう違う?意味とニュアンス、使い方について
「excited」はどういう意味?どんな使い方?



先程の「exciting」のところでも少し説明しましたが、「excited」は自分の「興奮している気持ち」を説明する際に使う単語です。

「excited」は形容詞として使いますが、実は「to excite」(=興奮させる、刺激を与える)という動詞から来ている単語です。文章の中では「be動詞+excited」というパターンを使います。

「I am excited about ~」というフレーズは「私は~を凄く楽しみにしている」という意味になります。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう!


実際の例文:


I’m so excited I can’t sit down!
(私はあまりにも興奮しすぎて座れないよ!)


Why are you so excited?
(あなたはどうしてそんなにワクワクしているの?)


He’s excited about the concert tomorrow.
(彼は明日のライブを凄く楽しみにしているよ。)




「excite」、「excitedly」、「excitement」に関連する単語を紹介



他にも「exciting」、「excited」に関連する単語があります。例えば、「excite」という動詞は「興奮させる」という意味になります。


実際の例文:


Don’t excite the baby. It’s almost bedtime.
(赤ちゃんに刺激を与えないで。もう直ぐ寝る時間だから。)


Please don’t excite the patient. He has a very delicate heart.
(患者に刺激を与えないで。彼の心臓はとてもデリケートな状態です。)



「excitedly」という副詞は小説や新聞記事でよく使われています。主に「shout」や「smile」や「laugh」などの動詞と一緒に使う副詞です。


実際の例文:


He shouted excitedly during the game.
(彼は試合中にワクワクしているように叫んでいた。)


She jumped excitedly when she heard the news.
(彼女はそのニュースを聞いてワクワクして跳ねていた。)



「excitedment」は名詞で「ワクワクしている事・状態」や「興奮(状態)」という意味になります。


実際の例文:


Her cheeks were flushed with excitement.
(彼女は興奮でほっぺたが赤くなりました。)


He jumped with excitement.
(彼は興奮して跳ねていました。)




「exiting」と「excited」の違い:まとめ



「exciting」と「excited」は似ている単語なので、日本人の英語学習者にとって非常によく間違えられやすい単語だと思いますが、今回のポイントを簡単に説明すると、「exciting」は「興奮させるような物・イベント」という意味になります。

一方、「excited」は”自分の気持ち”を説明する単語です。ですから、「私はワクワクしている・興奮している」という意味になります。


以上、今回は「exciting」と「excited」の違いや、意味とニュアンスの違いについて細かく解説してみました。日常会話でもよく使う便利な単語、表現だと思いますので、この機会に是非覚えてみて下さいね^^









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post