「趣味」は英語で何と言う? 英語ネイティブが使う「趣味」という意味の様々な表現


英語で「趣味」は何と言うのでしょうか? 英語ネイティブが使う「趣味」という際の様々な表現を紹介します!



今回の記事では「自己紹介」や「スモールトーク」でよく使うテーマ「趣味の英語の言い方」を紹介してみたいと思います。

この単語は日常会話でとても役に立ちますね。新しく出会った人と会話する際に自己紹介のような話をする時に「趣味」というテーマが必ず出てくると思います。

以上の事から、英語の日常会話で使われている「趣味という意味になる英語の様々な言い方・表現」を覚える事はとても重要だと思いましたので、紹介してみます^^



「趣味」は英語で何と言う? 英語ネイティブが使う「趣味」という意味の様々な表現
「趣味」は英語で何と言う? 英語ネイティブが使う「趣味」という意味の様々な表現


こちらの記事もお勧めです:




1. 「hobby」という単語について



「hobby」という単語は日本語の「趣味」に相当します。つまり「仕事以外で定期的に行う楽しいアクティビティー」という意味になります。

「hobby」には、とても広い意味がありますので「スポーツやダンスをする事」、「クラフトをする事」、「将棋・チェスなどのゲームをする事」などのアクティビティーは全て「hobby」と言います。

しかし、「音楽を聞く事」、「映画を観る事」はあまり「hobby」と呼ばれません。何故なら、それらのアクティビティーはかなり「受け身」な趣味です。「hobby」は主に「自分から積極的に行うアクティビティー」というニュアンスになります。

それでは、実際の使い方を例文を交えて紹介していきます。


実際の例文1:


A:Do you have any hobbies?
(趣味はありますか?)


B:Yes. My hobbies are playing chess and learning Japanese.
(私の趣味はチェスをやる事と日本語を学ぶ事です。)



実際の例文2:


A:What do you do in your free time?
(あなたは自由時間に何をしていますか?)


B:I don’t have any hobbies at the moment but I enjoy listening to music and going out with my family.
(私は今、趣味があまりないですが、音楽を聞く事が好きですし、家族と一緒に出かける事も好きです。)



実際の例文3:


A:The weekends are boring. I never know what to do.
(週末はつまらないね。いつも何をすればいいのか分からないのよ。)


B:You need to take up a hobby. How about learning a new craft?
(あなたは趣味を始めた方がいいよ。新しいクラフトを学んだら?)

※「take up a hobby」という表現は「趣味を始める」という意味になります。




2. 「interest」



「hobby」の代わりに別の言い方として「interest」という名詞を使う事が出来ます。この単語は「hobby」よりも少し広い意味になります。

それは何故なら「行うアクティビティー」だけではなく「興味のある分野・テーマ」という意味も含まれているからです。

例えば、音楽を聞く事や映画を観る事、本を読む事といった趣味・好きな事は「interest」と呼ばれます。



実際の例文1:


A:What are your hobbies and interests?
(あなたの趣味は何ですか?)


B:I play tennis twice a week but I also enjoy listening to music and reading classic English literature.
(私は1週間に2回テニスをやっていますが、それ以外に音楽を聞く事も好きですし、英語文学も好きです。)



実際の例文2:


A:What’s your new boyfriend like?
(新しい彼氏はどんな人ですか?)


B:He’s very cool. He’s got lots of interests. He’s very knowledgeable about art and music.
(彼はとてもカッコいいよ。彼は趣味がたくさんありますよ。彼はアートや音楽にとても詳しい。)




3. 人の趣味について尋ねる際に使える英語フレーズ



最後は「人の趣味を尋ねる際に使う英語表現」を紹介したいと思います。人の趣味を尋ねる際には英語で「What’s your hobby?」という表現を使います。

これは日本語の「あなたの趣味は何ですか?」という質問の直訳になりますが、実は英語ネイティブはこの尋ね方と違った表現を使います。


実際の例文1:


What do you do in your free time?
(あなたは自由時間に何をしていますか?)


Do you have any hobbies?
(趣味はありますか?)


What are your interests?
(あなたは何に興味がありますか?)


What do you do to relax after work?
(あなたは仕事が終わったらリラックスする為に何をしていますか?)


Do you do anything at the weekends?
(あなたはいつも週末に何かをしていますか?)


What do you enjoy doing in your spare time?
(あなたは自由時間に何をする事が好きですか?)



以上、今回は「趣味」という意味になる英語を紹介してみました。今度外国人と英語で趣味の話をする機会があれば、是非上記で紹介した単語とフレーズを使ってみて下さいね!








   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post