単語

「何人家族」や「何人兄弟」は英語で何と言う?

「何人家族」や「何人兄弟」は英語で何と言う?

英話で自己紹介する際によく使う「何人家族、何人兄弟」は何と言うのでしょうか?



スコット
スコット
皆さん、こんにちは。カナダ人のスコットです。今回の記事では、英語で「何人家族ですか」、「何人兄弟ですか」という言い方を紹介したいと思います。

英語で自己紹介をする際に自分の「家族」について「兄弟」について説明する事があると思います。実は私はとある私立の中学校で英語を教えています。

ですから、今までに色々な年齢の学生達と英語の授業を行っています。その中で私は生徒とよく「家族」や「兄弟」についての話をする事が多いです。

ですが、このような会話をする際によく「日本語と英語の考え方が少し違う」という事を感じる事があります。

それはどういう事なのかというと、例えば、日本語で「5人兄弟」という事を説明しようとする際「自分をその兄弟の人数に含める」事が一般的だと思います。

しかし、英語では自分の兄弟の人数を説明する際に「自分を含めない人数」で言う必要があります。これは言葉で説明すると少しわかりにくいかもしれませんので、実際の使い方を例文を交えて細かく説明していきたいと思います。






英語で「何人家族ですか?」は何という?


先ずは英語で「何人?」という質問をする際には「How many people」という表現を使います。「how many」は日本語にすると「いくつ?」という意味になります。

この表現は日常会話でどのようなシーンでも使える表現なので、英語学習者は必ず覚えるべき表現です。

英語圏のネイティブは「何人家族ですか?」という質問をする際に「How many people are there in your family?」という言い方をします。


「何人家族」や「何人兄弟」は英語で何と言う?

これを日本語に直訳すると「あなたの家族には何人がいますか?」という言い方になります。

日本語の日常会話でも「何人家族?」という質問はよく出てくると思いますが、実はこの質問は英語に直訳すると少し変です。

私が英語を教えている生徒はよく「How many families do you have?」(あなたは何個の家族がいるの?)というちょっと変な質問の仕方をしてしまう子達が多いです。

それでは、そういった間違いをしないように実際のネイティブの使い方を例文を確認していきましょう。


英語で「何人家族ですか?」という際の例文



A:How many people are there in your family?
(あなたは何人家族ですか?)

B:There are four people in my family.
(4人家族ですよ。)



A:How many people are there in Mike’s family?
(マイクは何人家族ですか?)

B:There are only two – Mike and his wife.
(2人しかいないですよ。マイクと奥さんです。)



A:Are you from a large family?
(あなたは大家族ですか?)

B:No. I’m an only child.
(いいえ、私は一人っ子ですよ。)




A:How many people are in your family?
(あなたは何人家族ですか?)

B:I’ve got a big family. I’ve got four children.
(うちは大家族ですよ。私は4人の子供がいますよ。)



A:Do you live with your parents?
(ご両親と一緒に住んでいますか?)

B:Yes, I live with my mother, father and younger sister.
(はい。母親と父親と妹と一緒に住んでいます。





英語で「何人兄弟ですか?」は何と言う?


兄弟」は英語で「siblings」と言いますが、日常会話では「brothers and sisters」という言い方の方が自然です。この「siblings」は少しフォーマルな言い方になります。

「sibling」は男性に対しても女性に対して使ってもOKです。日本語では、自分の兄弟の年齢によって説明の仕方が違います。

例えば、年上の兄弟は「兄」と「姉」になり、年下の兄弟は「弟」と「妹」になります。しかし英語では、年齢によって兄弟の説明の仕方を変える必要はありません。


「何人兄弟」は英語で何と言う?

男の兄弟は「brother」、女の兄弟は「sister」になります。そして、年上や年下という事について詳しく説明したい場合は「older brother」、「younger brother」、「older sister」、「younger sister」と言うように説明します。

そして、「何人兄弟ですか?」と尋ねれたら、「自分を含めない人数」で答えます。例えば、自分に弟が一人いるなら、「I have one (younger) brother」という言い方をします。

日本語ニュアンスで「二人兄弟(two siblings)」と答えてしまうと、全員で3人という意味になってしまいます。これでは間違いになってしまいます。

それでは、兄弟に関する役に立つフレーズと例文を紹介していきます!


英語で「何人兄弟ですか」という際の例文



A:How many brothers and sisters do you have?
(あなたは何人の兄弟がいますか?)

B:I have one brother and one sister.
(私は弟(それとも兄)が一人、妹(それとも姉)が一人います。)



A:Do you have any brothers or sisters?
(あなたは兄弟がいますか?)

B:No. I don’t have any brothers and sisters.
(いいえ、私には兄弟がいません。)



A:How many siblings do you have?
(あなたは何人兄弟ですか?)

B:I don’t have any siblings. I’m an only child.
(私は兄弟が一人もいません。私は一人っ子です。)



A:Do you have lots of siblings?
(あなたは兄弟が多いですか?)

B:Yes, I’m one of six children.
(そうですよ。私たちは6人兄弟ですよ。)
※このフレーズを言う際には兄弟の人数に自分を含めて言います。





家族・兄弟の関連する用語


先程、紹介した以外にも、家族や兄弟に関連する英単語は沢山あります。以下の単語は一般の英語教材や教科書にはあまり出てこない単語だと思います。


  • step-brother(母・父の再婚したパートナーの子供)
  • step-sister (母・父の再婚したパートナーの子供)
  • half-brother(片親が違う兄弟(母・父と再婚したパートナーの子供)
  • half-sister (片親が違う姉妹(母・父と再婚したパートナーの子供)




その他の家族・親戚に関する表現


自己紹介をする際に家族や兄弟、実家の話をする事があると思います。そして、新しい友達や恋人が出来た際にも家族の話をするかもしれません。

しかし、「家族」というコンセプトは少し曖昧なコンセプトです。「家族」とは、一緒に住んでいる家族のメンバーという事なのでしょうか?

もし親戚が一緒に住んでいる場合、親戚も「家族」に入るのでしょうか? もしこれを詳しく説明するケースがある場合、一緒に住んでいる家族と親戚の話は分けた方が良いと思います。


A:Who do you live with?
(誰と一緒に住んでいますか?)

B:I live with my parents and my brother.
(私は親と弟と一緒に住んでいます。)



A:Do you live alone?
(あなたは一人暮らしですか?)

B:No, I still live at home.
(いいえ、私はまだ実家に住んでいます。)



A:Do you relatives live near you?
(親戚は近くに住んでいますか?)

B:Actually, we live with our grandparents.
(実は、私たちは祖父母と一緒に住んでいます。)



A:Are you married?
(結婚していますか?)

B:Yes, I’m married with two children.
(はい、私は結婚していて2人の子供がいます。)



A:Do your children still live at home?
(お子様はまだ実家に住んでいますか?)

B:No, my children have left home.
(いいえ、私の子供達はもう実家を出ました。)




「何人家族」と「何人兄弟」のまとめ


まとめると、「何人家族ですか」は英語で「How many people are there in your family?」という言い方になります。

そして、「何人兄弟ですか」は英語で「How many brothers and sisters do you have?」という言い方になります。

「brothers and sisters」の代わりに「siblings」という言い方も使えますが、これは少しフォーマルな感じです。

もう一つ、今回大切な事として「How many families do you have?」という言い方が変だという事です(笑)。この機会に正しいた言い方を覚えておきましょう!





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。