リーディング

英語の語彙を増やす方法と日本人の英語学習の問題

英語の語彙を増やす方法

英語の語彙力と単語数を増やす方法


平成23年度から、小学校5・6年生の英語教育が必須になりました。
日本政府の方針としては、外国語を通じて積極的なコミュニケーション力を向上させる事が狙いとの事ですが。

これによって、今後日本の子供の達は、義務教育中の期間で英語を学習する年数が通産8年間になったわけですが
やはり、いまだ日本の現状の英語授業のスタイルは、昔ながらの文法知識の詰め込みと単語暗記などの
リーディング能力とリスニング能力に特化された、対受験用の英語力が重要視されていると思います。

ですから、日本人の大学受験を終えた学生の文法の知識と単語の知識は、英語圏ネイティブをしのぐ勢いがあります。



英語の語彙を増やす方法英語の語彙を増やす方法




日本人の英語学習者の問題



スピーキング学習方法の記事でも紹介していますが
実際の英会話で使える知識を習得していくには、義務教育で行った暗記型の学習方法を
まずは一度忘れて、実践的に使える英語の習得をしていく必要があります。

その為には、まず英語の語彙を増やしたいと考えていた場合に、今までの暗記スタイルで英語を学習するのではなく
実際に、自分で英会話中に使える語彙として覚えていく必要があります。

今まで、暗記型で英語の語彙・文法を学んだ人たちは、ネイティブとの会話中に暗記した単語や語彙を
記憶の中からたどって選び、英語を口に出して話していく事になるので、実際に話し出すまでに、タイムラグがあります。
また、英単語を見ると思い出すが、実際に話されると全く思い出せなかったりする事が多いと思います。

しかし、スピーキングやライティングで使用する英語を習得した場合、早く、正確に使える事が求められるので
日本語のから、英語にして暗記で覚えた単語を思い出して使っていては、遅いわけです。



スピーキングとライティング中心の学習方法で英語の語彙を増やす


以上の事をまとめると、英語の語彙増やす学習方法として最も有効と考えられるのが
言いたい表現と自分で使える語彙を中心に学習をしていくといいそれに伴う単語なども自然と吸収され
単に、暗記で詰め込んだ英語よりも、記憶に残りやすくなると思います。

また、それにあわせて自分で作った会話中によく使われる単語などをピックアップして
自分の単語ノートを作っておくといいでしょう。

※この際、ノートには単語と意味だけを書くのではなく、その単語の使い方もパターン(例文)付きで覚えておくといいでしょう。






当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。