同時、~しながらという表現の接続詞 asの用法と意味

目次

同時、~しながらを表すasの使い方

皆さんこんにちは。今回の記事では読者の方から頂いた英文法の質問に答えてみたいと思います。今回の質問内容としては『接続詞 asの用法と意味』に関する質問です。それでは実際に読者の方から頂いた質問はこちらになります。

いつも明解な回答をいただき感謝しています。今回の質問は接続詞のasの用法と意味についてです。次の例をご覧ください。

1.    The officers lit the candle and sang “Happy Birthday” as Christopher’s face lit up.
2.    Ohtani strikes out 11 as Angels beat Royals (新聞の見出し)

asにはいろいろな用法と意味があることは理解していますが、上の例のような用法の解説は手元の文法書にも辞書にも見当たりません。これらの例のasは私流に言えば「結果のas」と理解します。

1.の例だと「警官がろうそくに火をつけ、『ハッピーバースデイ』を歌ったら、クリストファーの顔がぱっと明るくなった」となり、「警官がろうそくに火をつけ、『ハッピーバースデイ』を歌った」結果として「クリストファーの顔がぱっと明るくなった」。

2.の例だと、「大谷選手が11個の三振を奪って、エンジェルスがロイヤルズに勝った」で、「大谷選手が11個の三振を奪った」結果として、「エンジェルスがロイヤルズに勝った」となります。

これが正しいとすると、これらのasはandと置き換えても意味は変わらないことになります。私の理解でいいかどうかご教示ください。他の例も挙げて頂けるとありがたいです。

「同時に起きること」を表す接続語のas

ご質問ありがとうございました。いつも当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。確かにasはよく使われる単語ですね。例えば、前置詞として使えますし、接続語としても使えます。

実は接続語として使うasには5つの使い方があります。代表的な例としては以下の場合です。

  • 理由を表すas
  • 同時に起きるアクションを表すas
  • 比較するas (~のように)
  • 比較するas (~だが)
  • 結果を表すas

読者の方が送って下さった例文(The officers lit the candle and sang “Happy Birthday” as Christopher’s face lit up)は、②(動詞に起きるアクションを表すas)だと思います。つまり、「~しながら~が起きた」という文法を表していると思います。

代わりにwhileという単語を使うことができます。つまり、The officers lit the candle and sang “Happy Birthday” while Christopher’s face lit upという意味になります。つまり、「歌を聞きながら、クリストファーが笑顔をした」というニュアンスを与える文章だと思います。

しかし、asは色々な意味がありますので、「歌った結果でクリストファーが笑った」というニュアンスになる可能性もあります。しかし、このシーンを想像すると、「歌を聞きながら笑った」というニュアンスになる気がします。

同時に起きる出来事を表現する接続語のasの使い方

Tom arrived as I was leaving.
(私が家を出た時にトムが着きました。)

Bob watched me as I washed the dishes.
(私が皿洗いをしたときにボブが見ていました。)

Ken shouted as I dived into the river.
(私が川に飛び込んだ時にケンが叫びました。)

asは一般的に短いアクション(瞬間的なアクション)について話す際に使います。長いアクションの場合はwhileの方が良いと思います。例えば、以下のような例です。

I listened to music while I studied.
(私は勉強しながら音楽を聴きました。)
※この例文ではasを使う可能もあります。

スポーツ見出しに出てくるas

読者の方が送って下さった2番目の例文(Ohtani strikes out 11 as Angels beat Royals)は、スポーツの記事の見出し等によく使われます。場合によっては「結果を表すas」になりますし、「同時・~しながら」になる場合もあります。

新聞見出しは一般的に短くて省略されていますので曖昧な文法を使う場合があります。この場合には「同時」という意味になると思います。つまり、その試合には「大谷選手は11個の三振を奪った」という事実があり、同時にチームが勝ちました。チームが負けても同じasを使う可能性があります。

他の例もたくさんあります。

スポーツ記事の見出しに出てくるasの例文

Manchester United seize the day to earn a famous FA Cup win as City lose their edge

The Independent
Manchester United seize the day for a famous FA Cup win as City lose their edge Manchester City 1-2 Manchester United: First-half goals by Alejandro Garnacho and Kobbie Mainoo stunned the Premier League champions at Wembley

EPL roundup: Man City secure narrow win over Newcastle as United lose to Tottenham

TheCable
EPL roundup: Man City secure narrow win over Newcastle as United lose to Tottenham Manchester City defeated Newcastle United 1-0 in their English Premier League (EPL) encounter at the Etihad Stadium on Saturday. A well-taken Julio Alvarez stri...

Leicester’s Stephy Mavididi punishes Birmingham as Rooney woes grow

the Guardian
Leicester’s Stephy Mavididi punishes Birmingham as Rooney woes grow Leicester beat Birmingham 3-2 in an entertaining encounter, two goals from Jordan James not enough to save Wayne Rooney’s side from a home defeat

上記の例文は全て短くて注目を集めるために書かれた見出しなので、正式な文法は使われていません。これらの記事を読むと各試合の状況はしっかりした文章で説明されます。

まとめると、このasは新聞記事の見出しでよく使われます。他の質問があれば是非ご連絡ください。

英語新聞を読む際のお勧めの本

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スピーキング力を上げるメソッド教材

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)

 

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

STEP1:リスニング
STEP2:リピーティング
STEP3:シャドーイング
STEP4:プラクティス
STEP5:ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

 


スポンサーリンク

目次