match、fit、suitの違いとは? 合うという意味の英語表現

match、fit、suitの違いとは?「合う」という意味になる英語の使い方・使い訳の違い
目次

似合う、合うという意味になる英語の正しい使い方と使い分け

Michael
こんにちはアメリカ人の英語教師のマイケルです。今回の記事では、英語で「合う」という意味になる「match、fit、suitの違いについて、各英単語のニュアンスの違い、意味、正しい使い方を紹介してみたいと思います。

今日これから紹介するmatch、fit、suitという3つ単語は日常英会話で非常によく使われますし、ハリウッド映画やドラマなどのでもよく使われますので、英語学習者は必ずこれらの違いや正しい使い方を覚えておくべきだと思います。

一見すると似ているこれらのmatch、fit、suitの違いは具体的にどんな点が違いのでしょうか? 先ず最初に「match」の意味と使い方を紹介してみたいと思います。

matchの意味と使い方

matchの意味と使い方

まず最初に多くの方が思い浮かべるように、英語で「合う」という際には「match」という単語になります。しかし、もっと厳密に説明すると、「色・模様がつり合う」というニュアンスの意味になります。

もう一つの意味は「調和する」という使い方です。「match」は”動詞”になりますので、「matches」、「matched」という形もあります。

この単語は主に洋服、靴などの色、スタイル、模様について話す際に使います。洋服のサイズについての話をする際には「match」は使いません。むしろ、matchは、「洋服のコーディネーションの色・模様・スタイルがつりあっている」というニュアンスで使います。

matchは使い方によって「合わせる」という意味にもなります。他にもmatchには色々な意味と使い方があります。

例えば”名詞”として使うと「試合」という意味になります。それでは、実際の使い方を例文を見ていきましょう。

matchの使い方 例文

That stripey t-shirt doesn’t match that flowery skirt.
(そのボーダーTシャツは花柄のスカートに合わないよ。)

You should buy this green coat. It matches your yellow dress perfectly.
(あなたはこの緑色のコートを買った方がいいよ。あなたの黄色いドレスにはぴったり合うんですよ。)

Your socks don’t match! One is black and the other is grey!
(あなたの靴下は合ってないよ!人とが黒で、もう一つはグレーだ!)

You need to match your sweater with your pants. Orange and yellow is a strange combination.
(セーターとズボンを合わせないとだめです。オレンジ色と黄色は変なコンビなんですよ!)

fitの意味と使い方

fitの意味と使い方

fit(発音:フィット)という英単語は主に「何かのサイズ」についての話をする際に使います。つまり、「サイズがぴったりだ」という意味になる動詞ですね。

この単語は動詞として使えますし、名詞としても使えます。名詞として使うと「フィット感」という意味になります。実は「fit」には他の意味と使い方があります。

例えば、和製英語にもなっている「fitness(フィットネス)」という名詞の使い方があります。また、”形容詞”として「fit」を使うと「体調を整えた状態」という意味になります。

それでは、洋服に関する話をする使う「fit」の使い方の例文を見ていきましょう。

fitの使い方 例文

My wedding dress doesn’t fit anymore. I put on a lot of weight after getting married.
(私のウェディングドレスはもう私にサイズが合わない。結婚してから体重が増えたからです。)

The color of this shirt looks good on you but it doesn’t fit very well. I think you need a larger size.
(このシャツの色はあなたに合うんですが、サイズはあまり合わないと思う。もう少し大きいなサイズにした方がいいと思う。)

You should try clothes on before buying to make sure they fit.
(洋服を買う前にサイズが合うかどうかを確認するために試着した方がいいよ。)

It’s not a good idea to buy clothes online because it’s difficult to get an idea of the fit.
(オンラインで洋服を買う事はあまりよくない。なぜなら、フィット感が分かりづらいからです。)

suitの意味と使い方

suitの意味と使い方

次に紹介する「suit」という動詞も洋服の話をする際によく使われますし、これも「合う」という日本語に翻訳できますが、この単語のニュアンスは主に「似合う」という意味になります。

つまり、洋服のスタイル、色、模様などが着ている人のスタイル、体、性格などに合うというニュアンスを与える単語です。

例えば、「人の洋服、髪形、スタイルなどを褒める」というような際には「suit」という単語がよく使われています。そのため、英会話でよく使いますので、必ず覚えた方がよい単語です!

suitの使い方 例文

Have you had a new haircut? Short hair really suits you!
(あなたは髪の毛を切ったの? 短い髪の毛はあなたにすごく似合うね!)

I love your new dress! That color suits you!
(新しいワンピースは素敵ですね! その色はすごく似合います。)

How about this pink shirt? I think it would suit you. Try it on!
(このピンク色のシャツはどうですか? あなたに似合うと思うよ。試着してみて。)

I like this fit of these trousers but I don’t think the color suits me. I’m going to return it to the store.
(私はこのズボンのフィット感はいいと思うけど、色が私に似合わないと思う。店に返品すると思う。)

まとめ:match、fit、suitの違い

まとめると、「match」、「fit」、「suit」という三つの単語は全て「合う」という日本語になりますが、それぞれ微妙なニュアンスと使い方の違いがあります。

わかりやすくまとめると、「match」は「物の色、模様が合う」という意味になり、「fit」は「サイズがピッタリである」という意味になり、「suit」は「洋服のスタイル、色、模様が人に似合う」という意味になります。

それでは、各英単語の正しい意味と使い方を是非覚えて、実践の英会話で使ってみて下さいね! 他には英語に関する質問や英語圏のカルチャーについて知りたい事があれば、当サイトのネイティブライターにご質問くださいね!

以下のフォームからご質問お持ちしています^^

質問ページ

match、fit、suitの違いとは?「合う」という意味になる英語の使い方・使い訳の違い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スピーキング力を上げるメソッド教材

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)

 

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

STEP1:リスニング
STEP2:リピーティング
STEP3:シャドーイング
STEP4:プラクティス
STEP5:ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

 


スポンサーリンク

目次