使い分けの違い

mouseとratの違いって? ネズミという意味の英単語やイディオムも紹介

mouseとratの違いって? ネズミという意味の英単語やイディオムも紹介

英語で「ねずみ」は何と言う? mouseとratの違いとは?


カイリー
カイリー
皆さんこんにちは。カイリーです。今回の記事では、意味が似ている間違えやすい2つの英単語「mouseとratの違い」についてお話してみたいと思います。


この二つの単語は日本語にすると両方とも「ねずみ(鼠)」という意味になりますが、英語では「rat」と「mouse」は違う意味になります。

そこで今回の記事では、「rat」と「mouse」の使い方の違いについて詳しく解説していきたいと思います。先ずは最初に「rat」の意味と使い方をみていきましょう。




英語の「rat」とはどんな意味? 使い方は? mouseとの違い


英語の「rat」とはどんな意味? 使い方は? mouseとの違い

最初に紹介するこの「rat」という言い方は日本語にすると「ねずみ」という意味になります。最近では「ラット」という言い方も和製英語として色々な場面で使われていると思います。

英語の「rat」と呼ばれる動物は主に2種類います。それは「Black rat」と「brown rat」という種類です。「Black rat」の学名は「Rattus rattus」になり、「brown rat」の学名は「Rattus norvegicus」になります。

「Rat」の最も大きな特徴は、まずはその「サイズ」です。大人の「rat」の体重は150g~300gくらいになります。そして、長さは32㎝~46㎝くらいです。

「Rat」は人間が住んでいる場所に潜んでいます。ちなみにどの国にも「rat」はいます。基本的にはどの国でも害虫と思われています。彼らの餌は人間の食べ物を盗んで食べる事が多いです。

そして、「rat」は人間に悪影響を与える菌を持っているので、ラットに噛まれるととても危険です。それでは、実際に英語ネイティブが「rat」という単語を使う際の例をみていきましょう。


ratの使い方 例文



A: Mum, I just saw a rat in the garden!
(お母さん! 庭でねずみを見たよ!)

B: We’d better call pest control. We need to get rid of it.
(害虫駆除を呼んだ方がいいね。駆除しないと駄目だよ。)



A: What’s that running across the road? Is it a cat?
(道路を渡って走っているのは何? 猫かな?)

B: No, it looks like a rat. It came from where the rubbish bins are kept.
(いいえ、あれはネズミみたいだよ。あそこのゴミ捨て場から出たんだよ。)



A: Mum, can I get a pet rat?
(おかあさん、ねずみのペットを飼っていい?)

B: No! I can’t stand rats! Why don’t you get a hamster instead. They’re cuter.
(だめだよ!ねずみは大嫌い!代わりにハムスターにしたら?ハムスターの方が可愛いよ。)



A: Do you like rats?
(ねずみは好きですか。)

B: No. But I’ve heard they are very intelligent animals.
(好きじゃないですよ。でも。とても頭の良い動物だと聞いた事があります。)





英語でネズミという意味になる「mouse」の使い方は? ratとの違いは?


英語でネズミという意味になる「mouse」の使い方は? ratとの違いは?

mouse」という動物には色々な種類がいます。例えば、人間の家に住み着いてするようなねずみの事を「house mouse」(学名:Mus musculus)といいます。他には、「harvest mouse」(学名:Micromys minutus)や「wood mouse」(学名:Apodemus sylvaticus)という種類があります。

「mouse」と呼ばれる動物は先程紹介した「rat」よりも、サイズ的には小さいな動物です。「house mouse」の長さは7.5㎝~10㎝くらいです。つまり、「rat」の3~4分の1程度のサイズです。そして、「house mouse」は「rat」よりも耳が大きくて尻尾が長い見た目が特徴です。

「mouse」の複数形は「mice」になります。「rat」の複数形は単純に「rats」になります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認していきましょう。


mouseの使い方 例文



A: Is this a rat or a mouse?
(これはラットですか。それともねずみですか。)

B: It’s a mouse. It is small with large ears and a long tail.
(ねずみですよ。小さくて、耳が大きくて尻尾が長いです。)



A: Have you ever found rats in your house?
(家にラットを見つけた事がありますか。)

B: No, but we found mouse droppings in our kitchen once.
(いいえ。でも、一回だけねずみの糞を見つけた事があります。)



A: Do you know the difference between a rat and a mouse?
(あなたはラットとネズミの違いが分かりますか。)

B: I think a rat is bigger than a mouse, right?
(確かラットはねずみより大きいですよね。)





ratとmouseに関連するイディオム・表現


ratとmouseに関連するイディオム・表現

今回紹介した「rat」と「mouse」という単語は色々な表現・イディオムで使われています。例えば、「quiet as a mouse」という表現がありますが、これは「静か(な人)」という意味になります。直訳すると「ねずみと同じくらい静かな人」という意味になります。

「rat」という単語は一般的に名詞として使われています。また、「rat」には動物以外にも使う事があります。例えば、誰かの事を「rat」と呼ぶと「ずるい人」や「裏切者」という意味になります。動詞として「rat」使うと「裏切る」や「密告する」という意味にもなります。

lab rat」という表現は「実験用ねずみ」という意味になります。「lab」は「laboratory」(ラボ)の省略です。

また、雨などでびしょ濡れになった状態の時に「to look like a drowned rat」という英語表現を使います。これは「水浸しにされたねずみみたい」という意味になります。

また「the rat race」というイディオム表現があります。これは「激しい出世競争」という意味になるイディオムです。

そして、「Oh rats!」という表現は「くそっ!」という意味になる表現ですが、この表現は少し古いので現代の英語ネイティブはあまり使っていません。



まとめ:「rat」と「mouse」の違い


まとめると、「rat」と「mouse」はとても似ている動物なので、日本語ではあまり区別されていないと思います。しかし、英語では違う動物として扱います。

「rat」はサイズが大きく汚い動物という意味になります。「mouse」はとても小さいネズミという意味になります。

両方ともも色々な種類がいますが、一般的にはサイズで区別している動物なので、サイズが大きいなら「rat」を言います。そして、サイズが小さいネズミであれば「mouse」と呼びます。

以上になりますが、他にも「この英語はこの英語とどう違う?」といった疑問や、「この単語はどう使い分けるの?」というような質問がある方は是非当サイトの英語ネイティブにメッセージ下さいね。メールでもSNSのメッセージからでもOKです!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。