使い分けの違い

needとrequireの違いとは?「必要」という意味になる英語

needとrequireの違いとは?「必要」という意味になる英語

英語で「必要」という際にneedとrequireのどちらを使うべき? 他の言い方は?


皆さんこんにちは。スコットです。今回の記事は英語で「必要」という意味の「needとrequireの違い」についてお話してみたいと思います。



この「need」と「require」は両方とも動詞で、「必要となる」という意味になりますが、使い方とニュアンスにはそれぞれ違いがあります。

そのため、今回の記事では「need」と「require」の意味の違いを細かく説明して、実際にネイティブとのコミュニケーションで使える例文をご紹介していきたいと思います。

まずは最初に「need」の意味と使い方をクローズアップしてみましょう!





needの意味と使い方、助動詞としての使い方


needの意味と使い方、助動詞としての使い方

need」を動詞として使うと「必要である」、「必要となる」という意味になります。単語の発音は「ニード」となります。「need」はカジュアルな英会話でも、フォーマルなビジネス英会話でもよく使います。

そして、一般動詞として使うと「他動詞」なので、必ず目的語と一緒に使うという必要があります。

「need」は「必要である」という意味以外にも「欲しい」というニュアンスも含まれています。例えば、「I need a beer」は「ビールが必要だ」という直訳よりも「私はビールが飲みたい」というニュアンスを与える際にも使えます。

一般的には、文脈で「欲しい」なのか「必要」なのかが判別できるはずです。「need」は一般動詞だけではなく「助動詞」として使う事も出来ます。

例えば「need to 動詞」は「〇〇する必要がある」という意味になります。

反対に「don’t need to 動詞」や「needn’t 動詞」(主にイギリス英語)は「する必要がない」という意味になります。

最後に紹介すると使い方として「need」を名詞としても使う事ができます。その場合には、日本語の「ニーズ」や「必要なもの」という意味になります。それでは、実際にネイティブがneedを使う際の例文をみてみましょう。


needの使い方 例文



A: What do we need for tomorrow’s meeting?
(明日の会議は何が必要ですか。)

B: We need to make a presentation for the CEO.
(社長のためのプレゼンテーションを作る必要があります。)



A: I need a pen. Could you lend me one?
(私はペンが必要です。貸してもらえますか。)

B: I can give you this pen. I don’t need it anymore.
(このペンはあげますよ。もう必要ないから。)



A: What services should we offer this new client?
(この新しい客にどんなサービスを提供した方がよいですか。)

B: Well, first, you need to find out their needs.
(まずは客のニーズを調べる必要があります。)




requireの意味と使い方、needとの違いについて


requireの意味と使い方、needとの違いについて

次は「require」の意味をクローズアップしてみましょう。「require」は必ず動詞として使います。needとは違い名詞としては使えません。名詞として使い方場合には「requirement」という単語を使う必要があります。

「require」という動詞は「need」よりも少しフォーマルな単語になりますので、カジュアルな日常会話というよりもフォーマルなビジネス英会話や、正式なライティングで使う単語といったイメージです。

そして、「need」とは違い、欲しいというニュアンスはあまり含まれていません。この単語は単純に「必要である・必要となる」という意味になります。

もう一つの重要なポイントとして、requireはneedと違って助動詞としては使いません。例えば「I need to go」(行く必要がある)という文章の場合では、文法的に正しい使い方になります。

しかし、「I require to go」は文法的に間違った言い方になるので使えません。それでは、理解を深める為に実際の英語ネイティブのrequireの使い方を例文で確認してみましょう。


requireの使い方 例文



A: What time do I need to come to work?
(私は何時にオフィスに出社する必要がありますか。)

B: Employees are required to be in the office before 9am.
(従業員は9時までに出社する必要があります。)



A: Can anyone apply for this job?
(この仕事は誰でも申し込めますか。)

B: No, a truck driving licence is required.
(いいえ。トラックの運転免許が必要です。)



A: I only have a student visa. Can I get a part-time job?
(私は学生ビザしか持っていません。私はアルバイトをできますか。)

B: No, a working visa is required.
(いいえ。就労ビザが必要です。)




まとめ:「need」と「require」の違い


まとめると「need」と「require」は両方とも「必要である・必要となる」という意味になりますが、「need」の方がカジュアルで日常会話向けの単語です。そして「need」の方が広い意味・使い方があります。

一般動詞だけではなく、助動詞や名詞としても使う事ができます。助動詞として使うと「need + 動詞」というパターンで使って「する必要がある」という意味になります。

名詞として使うと「ニーズ・必要なもの」という意味になります。一方「require」は「必要である・必要となる」という意味としてしか使えません。そして、主にフォーマルな会話・ビジネス会話や、ライティングで使う単語になります。

そこでは今回は以上になります。他にももっとこんな英語が知りたいという方、もっとマニアックな英語表現・スラング・イディオムが知りたいという方は、是非当サイトのライターに質問して下さいね。質問は以下のページから受け付けています。


マスターランゲージに質問


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。