単語

StudyとLearnの違いと使い分け・正しい使い方やニュアンスをネイティブ目線で解説していきます

StudyとLearnの違いと使い分け・正しい使い方

日本人の英語学習者が間違えやすいStudyとLearnの違いと使い分け・ニュアンスについて



今回の記事も日本人の英語学習初心者が間違えやすい英語表現・英単語の正しい使い方を説明したいと思います。今回紹介する単語は「Study」と「Learn」になります。


この二つの動詞はネイティブの日常会話でよく使われていますが、意外と多くの英語学習者が使い方、使い分けを間違えているケースが多いです。

「Study」と「Learn」は意味は似ていますが、ニュアンスと使い分けが違います。では、実際に例文を交えながら正しい使い方、ニュアンス等を説明していきたいと思います。


StudyとLearnの違いと使い分け・正しい使い方StudyとLearnの違いと使い分け・正しい使い方

おススメ記事:




Studyの意味と使い方


「Study」は日本語で「勉強する」という意味になります。ニュアンス的に「積極的に努力して何かを勉強する」という意味になります。

つまり、「情報を覚えたり、本を読んだり、暗記したりする事」を指しています。そして「Study」という単語には、「アカデミックなニュアンス」があります。

例えば、大学で何かを勉強している場合、「Study」という動詞を使います。スポーツや車の運転、ダンスなどのアクティビティーに対しては「Study」という動詞を使いませんので注意しましょう。


例文:

英語: I studied physics at university.
日本語:(私は大学で物理を勉強(専攻)しました。)


英語: I study ancient history in my free time.
日本語:(私は自由時間に古代史を勉強しています。)


英語: I’m studying hard.
日本語:(私は一生懸命勉強しています。)


以下は間違った使い方の例です。

英語: I’m studying driving. X
日本語:(私は運転を勉強しています。) ※ これはNGです!!!


言語を勉強していいる場合、「Study」という動詞を使う事が出来ますが、英語ネイティブの人は「Learn」という動詞を使います。

何故なら、外国語を学ぶ事はアカデミックな勉強だけではなく、練習しながら覚えるというニュアンスがあるからです。(スポーツ、運転、ダンスのように!)




Learnの意味と使い方


「Learn」は日本語で「学ぶ」、「覚える」という意味になります。何かのスキルを習得する為に学ぶといったニュアンスです。何かを練習しながら受身的に学ぶ事に対して使う動詞です。


例文:

英語: I’m learning English.
日本語:(私は英語を勉強しています(学んでいます)。)


英語: I’m learning how to drive.
日本語:(私は運転が出来るようになる為にレッスンを受けています。)


英語: I need to learn how to cook.
日本語:(私は料理が出来るようになる必要がある。)


※アメリカ英語では、「Learn」の過去形・過去分詞は「learned」になりますが、イギリス英語では、「learnt」というバリエーションも使われています。


まとめると、「Study」は「自分ひとりで勉強する(特に本等で勉強する)」といった事などに対して使いますが、「Learn」は主に「実際に行うスキル(ダンス、言語等)を覚える」といった事に対して使います。

そして、「Study」は積極的、「Learn」は(簡単に言うと)受身的なニュアンスが含まれています。


皆さん、英単語や英文法の質問があれば、以下のフォームから質問して下さいね!当サイトのネイティブのライターが質問に答えます!

質問はこちらのページです。「マスターランゲージに質問





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。