単語

「久しぶり」は英語で何と言う? long time no seeは文法的に間違い?

「久しぶり」は英語で何と言う? long time no seeは文法的に間違い?

英語で「久しぶり」は何と言うのでしょうか? 「久しぶり」という意味に色々な英語表現



Michael
Michael
皆さん、こんにちは。アメリカ人の英語教師 マイケルと申します。今回の記事では、日常会話でよく使う「久しぶり」や「久しぶりに~した」という表現の英語の言い方を詳しく紹介していきたいと思います。

多くの英語学習者の方は英語で「久しぶり」という際には「long time no see」になると思っている方が多いと思いますが、実はそれ以外にも「久しぶり」という意味になる英語表現は多いです。


そこで、今回の記事では、「久しぶりは英語で何と言う?」という質問に答えながら、英語で「久しぶり」、「長い間会っていない」、「~したのは久しぶり」という意味になる様々な表現を紹介していきたいと思います。







「久しぶり」という意味になる英語「long time no see」の語源とは?


この「long time no see」という表現は一応英語圏の人に使われていますが、元々ちょっと「ふざけた」言い方であったそうです。

このフレーズは正しい英語文法(間違った文法)ではありませんが、元々はネイティブアメリカンが使ったピジン英語の真似がルーツになっています。つまり、この表現の由来は少し差別的なルーツがあります。

現代の英語圏のネイティブはこのフレーズの由来をあまり分かっていないと思います。ですから、英語ネイティブも「久しぶり!」という際に時々「long time no see」と言う人がいます。

しかし、私の個人的な意見としては、出来れば違った表現を使った方が良いと思っています。


ネイティブの「long time no see」の使い方 例文:



A:Hi Bob, long time no see!
(やあボブ!久しぶり!)

B:Long time no see!
(久しぶりだね!)

Long time no see!  Where have you been?
(久しぶり!あなたはどこにいたの?)




「久しぶり」という意味になる英語表現「it’s been ages/a while」の使い方


英語で久しぶりという際には「long time no see」よりも「it’s been ages/a while」という表現を使った方が良いと思います。「ages」と「a while」は「長い間」という意味になります。

ですから、「it’s been ages/a while」という表現は「長い間会っていない」というニュアンスを表す表現になります。

実は、このフレーズの文法的に正しい言い方は「it’s been ages/a while since I last saw you」になりますが、「it’s been ages/a while」という省略形の文章を使う人が多いです。


「久しぶり」は英語で何と言う? long time no seeは文法的に間違い?

「it’s been ages/a while」の例文:



It’s been a while since I last saw you!
It’s been ages since I last saw you!
(直訳:あなたと会って以来かなりの時間が経ったね!)


Hi Steve, it’s been a while! How are you?
(やあ、スティーヴ!久しぶりだね!元気?)




英語で「久しぶり」という意味の「I haven’t seen you for ages/a while」の使い方


このI haven’t seen you for ages/a whileというフレーズも「(あなたと)長い間会っていない」という意味になります。「haven’t seen」は「会っていない」といいます。

これは「long time no see」より正しく丁寧な言い方になります。ビジネスシーンでも日常会話でも使えるような表現になります。


「久しぶり」は英語で何と言う? long time no seeは文法的に間違い?

ネイティブの「I haven’t seen you for ages/a while」の使い方の例文:



Hey, I haven’t seen you for ages!
I haven’t seen you for a long time!
(直訳: 私はあなたと長い間会っていないね!)


How are you doing? I haven’t seen you for ages! Are you still working in the same job?
(調子はどうですか? 久しぶりですね! まだ同じ仕事をしていますか?)




英語で「久しぶりの~」という表現を言う場合


英語で「久しぶり」という表現は、ただの挨拶だけではなく「久しぶりの~」というフレーズでも使われています。

「久しぶりの~」という日本語は英語では「The first ~ in a long time」、「The first ~ in ages」、「The first ~ in a while」という言い方になります。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文でみてみましょう。


「久しぶりの~」の例文:



This was the first vacation I’ve had in a long time.
(これは私にとって久しぶりの休日だった。)


This is the first snow we’ve had in ages.
(これは久しぶりの雪です。)


This is the first date I’ve been on in a while.
(これは私にとって久しぶりのデートです。)


That was his first day off work for a long time.
(それは彼にとって久しぶりの休日だった。)


That was the teams first win for ages.
(それはチームにとって久しぶりの優勝でした。)




英語で「~をしたのは久しぶり」という際の表現「It has been a long time ~」


~をしたのは久しぶり」という表現は英語で「It has been a long time (a while/ages) since I last ~」という表現になります。「last」の後に過去形の動詞を使う必要があります。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


ネイティブの「It has been a long time since I last ~」の使い方 例文:



It has been a long time since I last went swimming.
(泳ぎに行ったのは久しぶりです。)


It has been ages since I last went to Osaka.
(私が大阪に行ったのはずいぶん久しぶりだ。)


It has been a while since I last ate out.
(私が外食したのは久しぶりです。)


It has been a while since the team last won.
(チームが勝ったのは久しぶりです。)


It has been ages since I last drank beer.
(私がビールを飲んだのは久しぶりです。)




「久しぶり」の様々な英語の言い方:まとめ


まとめると、挨拶として使う「久しぶりですね」を英語にすると:

  • long time no see (少し古くて不自然な挨拶)
  • it’s been ages/a while (since I last saw you)
  • I haven’t seen you for ages/a while



「久しぶりの~」は英語で「the first ~ in ages/a while/a long time」という言い方になります。

そして、「~をしたのは久しぶり」という表現は英語で「It has been a long time (a while/ages) since I last ~」という文法パターンになります。


以上になります。今日紹介した表現は日常英会話で、とてもよく使う表現なので、この機会に是非覚えてみて下さいね!

他の英文法、英単語の質問があれば、是非、以下のページから質問してくださいね!

>> マスターランゲージのライターに質問する


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。