単語

マンション、アパートは英語で何と言う?「マンション」は和製英語?

マンション、アパートは英語で何と言う?「マンション」は和製英語?

英語でマンションやアパートは何と言うのでしょうか?



スコット
スコット
こんにちは。カナダ人の英語教師のスコットです。皆さんは「マンション」と「アパート」は英語で何と言うのかご存知でしょうか? 実は一見すると英語っぽいこの二つの単語は「和製英語」なんです。

そこで、今回の記事では日本語の日常会話でよく使われる「和製英語」として「マンション、アパートの英語の言い方」を紹介したいと思います。


日本語では、数多くの外来語和製英語が使われていますが、殆どの場合、これらの外来語の単語は元々の英語や外国語と違った意味、ニュアンス、使い方をされている事が多いです。

つまり、これらの和製英語は英語で話す際にそのまま使う事は出来ない事が多いです。もし、仮にそのまま使った場合、会話相手のネイティブに全く違った意味として伝わったり、もしくは通じない場合も多いです。

その中でも「マンション」と「アパート」という単語は非常に良い例です。それでは、マンション、アパートは英語で何と言うのでしょうか? それぞれの単語の英語の使い方を紹介していきたいと思います。





英語で「マンション」は何と言う?


日本語の「マンション」は「共同住宅」という意味になると思います。もっと、厳密に言うと日本語のニュアンス的には「鉄筋コンクリート製の共同住宅」という意味になります。

しかし、英語の「mansion」は、これと全く違う意味になります。英語の「mansion」は「大邸宅」という意味になります。

つまり、一般の人が住むような住宅ではありません。例えば「Mansion」に住むタイプの人は「大金持ち」や「ハリウッドのセレブ(芸能人)」などの超お金持ちの人たちになります。ですから、「マンション」という単語は、英語ではそのまま使えません。


マンション、アパートは英語で何と言う?「マンション」は和製英語?


イギリス英語で「マンション」は何と言う?


そして、イギリス英語で「マンション」は「block of flats」という言い方をします。そして、その住宅の中にある自分の部屋は「flat」といいます。「apartment」という言い方はイギリス英語でも使われていますが、少し「高級な」イメージを与える単語です。


アメリカ英語で「マンション」は何と言う?


アメリカ英語では「flat」という言い方は使われません。その代わりにアメリカ人は「apartment block」や「condominium」(省略:condo)という言い方をします。

日本でよく聞く「タワーマンション」は英語にすると「high-rise apartment block」という言い方になります。イギリス人は「tower block」という言い方をしますが、場合によって、イギリス英語ではこの言い方は「団地」というニュアンスになります。


ネイティブが「マンション」という際の例文:



I live in an apartment in Tokyo.
(私は東京で共同住宅(マンション)に住んでいます。)


Apartments in Tokyo are small but the rent is expensive.
(東京のマンションは部屋は狭いですが家賃が高いです。)


This block of flats was built 40 years ago.
(このマンションは40年前に建てられました。)


I rented a flat in London.
(私はロンドンでマンションを借りました。)


I need to rent a condominium in New York.
(私はニューヨークにマンションを借りる必要があります。)


I stayed in a condo in Florida.
(私はフロリダでマンションに泊まりました。)
※「condo」は「condominium」の省略です。





英語で「アパート」は何と言う?


実は英語では「マンション」と「アパート」は区別しません。両方とも同じ英訳になります。もし「エレベーターのないアパート」と言いたい場合は「walk-up」という表現を使います。

そして「高級マンション」という住宅のタイプは「luxury apartment」と言います。イギリス英語で「ワンルームアパート」は「bed-sit」といいます。

この言い方は「bedroom」(寝室)と「sitting room」(リビング)を組み合わせた言葉です。ニュアンス的には日本語の「アパート」に似ているような言葉です。


マンション、アパートは英語で何と言う?「マンション」は和製英語?

ネイティブが「アパート」という際の例文:



She lives in a small walk-up in New York.
(彼女はニューヨークで狭くエレベーターのないアパートに住んでいます。)


My apartment in Tokyo is very cheap.
(私の東京のアパートは家賃がとても安いです。)


I live in a bed-sit in London. Even though it’s small, the rent is very expensive.
(私はロンドンのワンルームアパートに住んでいる。とても狭いアパートなのに家賃はとても高いです。)


Your apartment is so cute!
(あなたのアパートはとても可愛いですね!)


I have lived in this apartment for 20 years.
(私は20年間このアパートに住んでいます。)


I live in a bed-sit now but I’m saving to buy my own house.
(私は今ワンルームアパートに住んでいますが、自分の家を買うためにお金を貯めています。)





「マンション」と「アパート」の関連用語:「団地」は英語で何と言う?


「マンション」と「アパート」に関連する住居タイプで「団地」という単語の英語の言い方も紹介したいと思います。そして「団地」はイギリス英語とアメリカ英語で違う言い方になります。

イギリス英語では「団地」のことを「council flat/house」といいます。「council」は英語で「市議会」という意味になります。つまり、団地のオーナーが「市議会・市役所」という意味です。

アメリカ英語で「団地」は主に「housing project」または「projects」といいます。アメリカのヒップホップ音楽を聴くと「the projects」という表現はよく出てきます。


ネイティブが「団地」という際の例文:



I lived in a council flat when I was a child.
(私は子供の頃に団地に住んでいました。)


The rent for council flats is cheaper than private housing.
(団地の家賃はマンションより安いです。)


He grew up in the projects.
(彼は団地で育った。)


There are many housing projects in this part of New York.
(このニューヨークの地域には団地が多いです。)





英語で「マンション」や「アパート」は何と言う?:まとめ


まとめると、「マンション」と「アパート」は英語で同じようなタイプの住宅として考えられます。そして、イギリス人は「flat」という言い方を使う傾向があります。

アメリカ人は「apartment」か「condo(minium)」という言い方を使う傾向がありますが、ちなみにどの言い方でも全ての英語圏の国で通じます。


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。