単語

「おかえり」と「ただいま」は英語で何と言う? 帰宅・帰社した際に使う英語表現

「おかえり」と「ただいま」は英語で何と言う?

英語で「おかえり」(おかえりなさい)や「ただいま」って何と表現するの?


カイリー
カイリー
皆さんこんにちは。オーストラリア人のカイリーです。今回の記事では、日常的によく使うと思います「おかえり」と「ただいま」の英語の言い方を紹介していきたいと思います。


日本語の「おかえり」と「ただいま」は日常的に使ういわゆる「決まり文句」だと思います。特に家族の同居している人やカップルで一緒に生活している人など。

多くの人達は毎日のように使っている定型の表現だと思います。そして、家族のメンバーが家に帰ってくる時や、同僚が事務所に帰ってくるというシーンでは「おかえり!(おかえりなさい)」と言うと思います。

そして、自宅やオフィスに戻ってきた人は「ただいま!」と言いますね。実はこういった表現を英語に翻訳しようとすると同じような決まり文句はありません。

英語圏の国の人は、自宅や会社などから人が外出したり、戻ってきたりする際に何も言わないというわけではありませんが、日本語の「おかえり」、「ただいま」といったような決まり文句はありません。

一応、挨拶はしますが、もう少し自由な感じの挨拶になります。それでは、これから以下に英語圏の国の人が使う「お帰り」と「ただいま」という意味になる英語表現を紹介していきたいと思います。




「おかえり」という意味になる「welcome home」という英語表現


「おかえり」という意味になる「welcome home」という英語表現
先ず、外出した人が家に戻ってきた際には、英語で「Welcome home」という表現を使います。「welcome」は「ようこそ」、「歓迎」という意味になる表現です。「home」はもちろん「」、「おうち」という意味になる単語ですね。

実は「Welcome home」は少し硬い言い方なので、普通の家族の間柄であれば、この表現はあまり使いません。しかし、家族のメンバーが久しぶりに家に帰ってきたようなシーンでは使う事もあります。それでは、実際の使い方を例文で確認してみましょう。


Welcome homeの使い方 例文



A: Mom, are you there?
(おかあさん、ただいま! どこにいるの?)

B: Oh, welcome home! How have you been?
(ああ! お帰り! 元気だった?)



A: Welcome home! How was the business trip?
(おかえり!出張はどうでしたか。)

B: It was ok. I missed you all!
(まあまあよかったよ。みんな恋しかったよ。)



A: Welcome home! This is the first time we’ve seen you for a year!
(おかえり! 一年ぶりですよね!)

B: I know! You haven’t changed though!
(そうですよね! あなたは変わっていないけどね!)





「おかえり」という意味になる「You’re home」,「You’re back!」という英語表現


「おかえり」という意味になる「You're home」という英語表現

次に紹介する「おかえり」という意味のなる英語表現は「You’re home」という言い方です。これは直訳で「あなたが帰ってきたね!」という意味になる表現です。

これは英語圏の人が日常的に使う「おかえり!」という意味になる表現です。これはかなりカジュアルな言い方なので、いつでも使える言い方になります。

上記で紹介した「welcome home」は少し硬く久しぶりに帰ってきたというような人には使えますが、「You’re home」は毎日の生活の中でカジュアルに使える表現です。

代わりに「You’re back!」という表現を使っても大丈夫です。これは「You’re home」と全く同じ意味です。



You’re homeの使い方 例文



A: Hey! You’re home! How was work?
(やあ!おかえり! 仕事はどうだった?)

B: Not bad, but I was extra busy today.
(まあ、悪くなかったけど今日は特に忙しかったんだよ。)



A: You’re home! I thought you were coming home later today.
(あ、おかえり! 今日はいつもより遅く帰ってくると思ったのに。)

B: No, the meeting was cancelled so I left work early.
(いいえ。会議がキャンセルされたので早く退社した。)



A: You’re back! Dinner’s on the table.
(おかえり! 夕食はもうテーブルにあるよ。)

B: Thanks! Let me go and get changed first.
(ありがとう! 先に着替えさせてね。)





他の「おかえり」という意味になる英語表現


他の「おかえり」という意味になる英語表現

他には、さらにカジュアルな挨拶として「hey!」や「hi!」といった言い方する人も多いです。冒頭でもお話したように「おかえり」という意味になる決まり文句は英語で存在していません。

ですから、単純に挨拶だけをする人が多いです。家族のメンバーが家に帰宅した際にはフォーマルな挨拶をする必要もないので「hey」や「hi」だけで済ませます。

そして、続けて「How are you?」(調子どう?)や「How was your day?」(今日はどうだった?)や、「How was ○○?」(○○はどうだった?)といった質問を尋ねる事もあります。

これらは帰宅した人の調子や一日の様子を尋ねる際の質問になります。それでは、これらの実際の使い方を例文でみていきましょう。


他の「おかえり」という意味になる英語の例文



A: Hi dad, how was your day?
(お帰りパパ。今日はどうだったの?)

B: It was great! How was school?
(よかったよ。学校はどうだった?)



A: Hey mom. Did you have a good day?
(お帰り、ママ。いい一日だった?)

B: Not bad. Work was busy.
(まあ、悪くないね。仕事は忙しかったけどね。)



A: Hey honey! How was work?
(おかえり、ハニー。仕事はどうだった?)

B: It was great! I finished that project today.
(とてもよかったよ。今日はあのプロジェクトがやっと終った。)


※英語圏の国では、旦那や奥さんや恋人に「ハニー」といったニックネームを付ける事が多いです!

それでは、次に「ただいま」という意味になる英語フレーズを紹介していきます。



「ただいま」という意味になる英語表現「I’m home」,「I’m back」の使い方


「ただいま」という意味になる英語表現「I'm home」,「I'm back」の使い方

先ず、英語で「ただいま」という際には「I’m home」と表現します。この表現は単純に「私は家に帰ってきたよ!」という意味になります。

このフレーズと一緒に「Hi!」や「Hey!」を使うとかなりネイティブっぽくなります。そして、「Honey, I’m home!」という表現を使うカップル・夫婦もいます。

しかし、これはかなりアメリカ英語っぽい言い方です。ちなみに「Honey」という言い方をするイギリス人は少ないと思います(笑)。

「I’m home」の代わりに「I’m back」という言い方も使う事ができます。これも同じ意味でニュアンスも同じフレーズです。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


I’m homeの使い方 例文



A: Mum, I’m home!
(おかあさん、ただいま!)

B: Ok! Wash your hands because dinner is ready.
(おかえり! 夕食はもう出来たからて洗ってきてね。)



A: Honey, I’m home!
(ただいま、ハニー!)

B: Oh, you’re back earlier than I expected!
(お、思ったより早く帰ってきたね!)



A: I’m back! Is dinner ready yet? I’m starving!
(ただいま! 夕食できた? とてもお腹が空いたんだよ!)

B: Not yet! I’ve only just got back myself.
(まだだよ!自分も帰ってきたばかりだから。)




まとめ:「おかえり」と「ただいま」という意味になる英語


まとめると、日本語には「おかえり」と「ただいま」という二つのとても便利な決まり文句がありますが、英語では存在しません。

ですから、誰かが家に帰宅した際にはもっと自由でカジュアルな挨拶をします。例えば、以下のような感じです。


英語の「おかえり」という挨拶

  • Welcome home.
  • You’re home!
  • You’re back!
  • Hey!
  • Hi!



英語の「ただいま」という挨拶

  • I’m home!
  • I’m back!
  • Hey!
  • Hi!


「Welcome home」という表現はかなり硬い言い方なので、ずっと留守にしていた人が久しぶりに家に帰ってきたような際にしか使わない方が良いと思います。

しかし、それ以外の表現は毎日、どんな時に使ってもOKな表現です。以上になりますが、もっとこんな英語表現が知りたい! ネイティブっぽい言い方を知りたい! という方は是非、当サイトの英語ネイティブのライターに質問して下さいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。