単語

「おかえり」と「ただいま」は英語で何と言うのでしょうか?

「おかえり」と「ただいま」は英語で何と言うのか?

英語で「おかえり」や「ただいま」って何と表現するのでしょうか?



今回の記事では、前回に引き続き日本語でよく使われている表現の英語の言い方を紹介したいと思います。

今日これから紹介していくフレーズは「おかえり」と「ただいま」の英語の言い方になります。


日本語の「おかえり」と「ただいま」はよく使われている「決まり文句」だと思います。殆どの人は毎日使っている表現だと思います。

家族のメンバーが家に帰ってくる時や同僚が事務所に帰ってきたらみんな「おかえり!」と言うと思います。

そして帰ってきた人は「ただいま!」と言いますね。実は英語ではこれと同じような決まり文句はありません。


「おかえり」と「ただいま」は英語で何と言うのか?「おかえり」と「ただいま」は英語で何と言うのか?

おすすめ記事:




英語で「おかえり」と言う際の表現と実際の使い方



「おかえり」という日本語を翻訳すると、「Welcome home!」というフレーズになりますが、英語圏の人は実際、そのフレーズをあまり使いません。

家族のメンバーが家に帰ってきた場合には下記のようなフレーズ・挨拶を使います。それでは実際の例をみてみましょう。


例文:

Hey! You’re home!
(やあ!おかえり!)


Hi dad, how was your day?
(お帰りパパ。今日はどうだったの?)


Hey mom. Did you have a good day?
(お帰り、ママ。いい一日だった?)


Hey honey! How was work?
(おかえり、ハニー。仕事はどうだった?)
※英語圏の国では、旦那や奥さんや恋人に「ハニー」などのニックネームを付ける事が多いです!

参考:「英語で恋人の呼び方を教えて下さい:英語圏の各国の恋人の呼び方・愛称(ニックネーム)について



会社の同僚が事務所に帰ってくる時などに使うような英語の決まり文句はありません。「Hey」や「Hi」などの挨拶だけで済ませる場合が多いです。

もし、「おかえり」のような表現が言いたい場合には、下記のフレーズを使っても大丈夫です。


例文:

You’re back!
(お帰り)


You’re back early!
(早く帰ってきたね!)


How was your trip?
(出張はどうでしたか?)


How was the meeting?
(会議はどうでしたか?)




英語で「ただいま」と言う際の表現と実際の使い方



英語圏の人は家や会社の事務所に帰ってくる時に特別なフレーズは言いません。つまり、「ただいま」のような決まり文句はありません。

ですから日本語の「ただいま」を直訳すると、「I’m home」というフレーズになるかもしれませんが、これも英語圏のネイティブはあまり言いません。

通常は家に帰宅した場合、事務所に戻ってきた場合には「Hi」や「Hey」のような挨拶にする人が多いです。


例文:

Hey! I’m back!
(やあ!ただいま!)


Hi! I’m home
(やあ!ただいま!)


今回の記事をまとめると、日本語の「おかえり」と「ただいま」に相当する英語フレーズはありません。

英語圏の国のネイティブとそういったシチュエーションで挨拶する際には、「ただの挨拶」のみで済ませても大丈夫です。

ホームステイや留学に行く場合、周りの人が使うフレーズを真似した方が良いと思います^^



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。