単語

not reallyの意味と使い方は? 「本当に」や「間違えなく」だけではない!?

「not really」ってどういう意味なのでしょうか?

ネイティブの日常英会話でよく使う「not really」の意味と使い方、ニュアンスを徹底解説



今回の記事では日常英会話で非常によく使われるフレーズを紹介したいと思います。今回紹介するフレーズは「not really」です。

英語を勉強している方であれば「really」という単語(副詞)の意味は分かると思いますが、この単語を英和辞書で調べると、「本当に」、「間違えなく」などの意味が出てきます。


以上ことから、「reallyの前に”not”を持ってくると”本当ではない”」という意味になると考えている人は多いと思います。勿論、それも正しいのですが、この「not really」というフレーズには他にも多くの意味と使い方があります。

今回の記事では、日常会話でも役に立つ「not really」色々なの意味と使い方を紹介していきたいと思います。






「本当ではない」、「嘘」、「実は~ではない」という意味の「not really」


一番最初に紹介するnot reallyの使い方は「本当ではない」という意味になる使い方です。このnot reallyの使い方は特に珍しい使い方になると思います。

一般的な日常英会話では、他の意味の方がよく使われています。


例文:

Mary is not really my aunt. She is my mother’s best friend. I just call her “auntie”.
(メアリーは実は私の叔母ではないよ。彼女は私の母親の親友ですよ。私は「叔母さん」と呼んでいるだけですよ。)


She’s not really ill. She is just pretending so she can take the day off school.
(彼女は実は病気ではないよ。学校が休みたいたいから病気のふりをしているよ。)




「あまり」という意味の「not really」


この使い方は日常英会話によく使われていますので、英語学習者は必ず覚えておいた方が良いと思います。「あまり~ではない」という意味になります。


例文:


I don’t really like tomatoes.
(私はトマトがあまり好きではない。)


She doesn’t really listen to much music.
(彼女は音楽をあまり聴かないね。)


A:Did you enjoy school today?
 (今日の学校は楽しかった?)

B:Not really. I got into trouble with the teacher.
 (あんまり。先生に叱られたんだよ。)




「そんなに~ない」という意味の「not really」の使い方


次に紹介するのが「not really」+「very」という使い方です。これは「そんなに~ではない」という意味になります。このフレーズは、特に「婉曲的なニュアンス」を表現する際に使われます。


例文:

I’m not really very good at swimming.
(私は水泳がそんなに上手ではないよ。)


This book is not really very interesting.
(この本はそんなに面白くないね。)

※婉曲的な表現なので「この本はとても下手」というニュアンスになります。



また「not really」は「ソフトに断る」際や「婉曲的に反対する」際にはよく使われています。


例えば・・・


I don’t really have time to help. I’m sorry.
(私はあなたに手伝う時間があまりない。ごめんなさい。)

※ニュアンス的には「私は全く時間がない」という意味になります。


I don’t really agree with him.
(私は彼の意見にあまり賛成しないね。)

※ニュアンス的には「私は彼の意見とは正反対」という意味になります。


I don’t really think you should go on a date with him.
(あなたは彼と一緒にデートに行かない方がいいと思うけど。)

※ニュアンス的には「あなたは絶対に彼と一緒にデートに行かない方がいいよ。ダメな奴だから」という意味になります。


以上、今回は日常英会話でよく使われる表現・フレーズとして「not really」の意味と使い方を紹介してみました。

今回紹介した使い方は、日常会話でも結構良く使う表現なので、この機会に是非覚えてみてくださいね^-^




当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。