単語

「bling」、「bling bling」とはどういう意味?英語の新しくできた擬態語の意味と使い方を紹介

「bling」や「bling bling」とはどういう意味?

ヒップホップの歌詞でよく出てくる「bling」や「bling bling」とはどういう意味なのでしょうか?



今回の記事では、ヒップホップの歌詞でよく耳にする「bling」という英語の擬態語の意味と使い方を紹介したいと思います。皆さんは「bling」という単語を聞いた事がありますか?

アメリカのヒップホップやダンスミュージックに興味がある方ならご存知の方もいると思いますが、この単語自体は1990年代に流行り始めました。

元々はヒップホップカルチャーから来ている単語です。最近では日本人のヒップホップアーティストにも使われて出している単語ですね^^。

そして、2013年にエマ・ワトソンという女優が「The Bling Ring」というハリウッド映画に出演しました。英語圏の音楽や映画が好きであれば、この「bling」という単語の意味と使い方を理解しておくと役に立つと思います^^


こちらの記事もお勧め:




「Juvenile & Lil Wayne – Bling Bling」





「bling bling」とは、簡単に説明すると「ピカピカ光っている(物)」という意味になります。

この単語がヒップホップミュージックでよく使われている理由としては、ヒップホップの歌詞ではよく「高級ブランドやアクセサリー」などの話がテーマになる事が多いです。

自分の「ピカピカ光っているダイアモンドやゴールドのジュエリー」などの自慢話をする際に「bling bling」という台詞を使うラッパーは多いです。


女優のエマ・ワトソンが出演した「The Bling Ring」という映画のタイトルの意味は「高級ジュエリーを盗む女子ギャング」という意味です。「bling」だけ使うと「高級・派手なジュエリー」という意味になります。

「ring」には二つの意味がありますが、この部脈では「ギャング」という意味になります。


参考の記事:




Blingの意味と使い方


「bling」又は「bling bling」は”名詞か形容詞”として使う事が出来ます。名詞として使うと、「ピカピカ光っているジュエリー」や「派手で大きいアクセサリー」という意味になります。

使い方によって「派手で下品」というニュアンスを表す事が出来ます。一般の人(つまりヒップホップのラッパー以外の人)が”自分がしているアクセサリー”に対して「bling」という単語を使うと、ユーモア的なニュアンスが含まれています。真面目に使う単語ではありません。


形容詞で使うと「派手な」、「豪華な」という意味になります。ジュエリーやアクセサリーだけではなく、ライフスタイルについて話す際にも使う事が出来ます。そして「blingy」という形容詞も時々使われています。


Blingの使い方 例文:


My boyfriend proposed yesterday! Do you want to see my new bling?
(彼氏は昨日プロポーズしたのよ!私のピカピカしているダイアモンド見る?)
※仲の良い女性の友達の少しふざけた会話内容


Look at her bling! She looks like a gangster’s girlfriend!
(彼女の派手なジュエリー見て!まるでギャングスターの彼女みたいよね!)
※他の女性の下品で派手なテイストについてコメントしている様子


Ooh, nice bling! Where did you buy it? I want one too!
(いいね!それは素敵なジュエリーだね!どこで買ったの?私も買いたいなぁ!)
※女性の友達の褒め言葉


He came from a poor family but now he is enjoying the bling-bling lifestyle of a professional footballer.
(彼は貧しい家族に生まれた育ったけど、現在彼はプロサッカー選手の豪華なライフスタイルを楽しんでいる。)



blingの使い方 会話形式例文:


A:What do you think of Kate’s engagement ring?
 (ケイトの婚約指ははどう思う?

B:It’s a bit blingy. I prefer something a bit more understated.
 (ちょっと派手すぎるね。私はもう少し落ち着いた指輪の方が好きだね。)



以上今回の記事では、ヒップホップの歌詞や映画等によく出てくる「bling」や「bling bling」の意味と使い方を解説してみました。

特に若者向けのハリウッド映画やダンスミュージックにはよく出てくる単語なので、この機会に是非覚えてみて下さいね^^



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。