単語

英語で「ボーダー柄」や「ボーダーTシャツ」,「水玉模様」,「しましま柄」は何と言う?

英語で「ボーダー柄」や「ボーダーTシャツ」,「水玉模様」,「しましま柄」は何と言う?

「ボーダー柄」や「ボーダーTシャツ」,「水玉模様」,「しましま柄」などの洋服の「模様」の英語の言い方を紹介します!



今回の記事では、日常英会話でよく使う「模様に関する」の英語の言い方を紹介したいと思います。

英会話をしている際に洋服の話になったりする事はあると思います。また、海外旅行中に「洋服の買い物」をする人は多いと思います。

しかし、この服の「模様の説明」は多くの場合、日本語と英語の言い方はかなり違います。

例えば、一見すると「ボーダーTシャツ」は英語で通じそうなフレーズですが、実は、英語ネイティブは「ボーダー」という言い方を使いませんので、通じない可能性が高いです。

日本の洋服屋の店員は大都会で働いている場合には「外国人のお客とコミュニケーションする」という機会が多くなっていると思います。ですから、今回紹介する英単語はお店の店員の方にも役に立つと思います。

それでは、英語で色々な模様の言い方を紹介していきたいと思います。


英語で「ボーダー柄」や「ボーダーTシャツ」,「水玉模様」,「しましま柄」は何と言う?英語で「ボーダー柄」や「水玉模様」,「しましま柄」は何と言う?

こちらの記事もお勧めです:




1. 「ボーダー柄」は英語で何と言う?



「ボーダー」は元々英語の「border」から来ていると思いますが、英語ネイティブが使う「border」は主に「国境」や「」という意味として使われています。

ですから「ボーダー柄」と言いたい場合には英語で「horizontal stripes」や(たまに)「hoops」という言い方をします。



実際の例文:


I’m looking for a T-shirt with blue and white horizontal stripes.
(私は青白のボーダーTシャツを探していますが。)


That green and white hooped top suits you.
(その白緑ボーダーシャツはあなたに似合いますよ。)




2. 「しましま柄」は英語で何というの?



「しましま」は「stripes」という名詞になります。形容詞として使うと「striped」や「stripey」という言い方になります。

上記に紹介した「horizontal stripes」と区別したい場合には「vertical stripes」という言い方を使えます。「vertical」は「縦の」という意味になります。

とても細いしましま柄は「pinstripes」(ピンストライプ)という言い方になります。


実際の例文:


Vertical stripes make me look slim.
(しましま柄を着ると私は細くみえます。)


That stripey dress is really cute.
(そのしましまのワンピースはとても可愛い。)


He wore a pinstriped suit.
(彼はピンストライプのスーツを着ました。)




3. 「水玉模様」は英語で何と言う?



「水玉模様」と英語で表現する際に最もよく耳にする言い方は「polka dots」です。

発音は「ポルカドッツ」になります。他には「spots」、「dots」という言い方も時々使われています。


実際の例文:


I don’t like polka dots.
(私は水玉模様が好きではない。)


Those polka dot shorts are very pretty.
(その水玉模様の短パンはとても可愛い。)




4. 他の模様に関する言い方



「模様」は英語で「pattern」や「design」という言い方になります。色々な模様を「形+pattern」という表現で表す事が出来ます。

例えばですが。

  • flower pattern/floral pattern = 花柄
  • leaf pattern = 葉っぱ柄
  • heart pattern = ハート柄
  • star pattern = 星柄

    • 「ペイズリー」はそのまま日本語読みの「paisley」という言い方になります。

      以上、今回は洋服の柄を説明する際によく使われている「模様の英語の言い方」を紹介してみました! 是非使ってみてくださいね!


      当サイトのメソッド系英語教材

      当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

      この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

      当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

      「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

      • ステップ1: リスニング
      • ステップ2: リピーティング
      • ステップ3: シャドーイング
      • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
      • ステップ5: ディクテーション


      英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

      英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。