単語

「サインする」や「サイン会」等の「サイン」は英語で何と言う?

「サインする」や「サイン会」等の「サイン」は英語で何と言う?

英語で「サインする」や「サイン会」等は何と言う?「サイン」は和製英語?



今回の記事では、日本人がよく間違える英語として「サイン」という和製英語の正しい英語の言い方を紹介してみたいと思います。

この「サイン」という単語は元々は英語の「sign」から来ている外来語だと思いますが、日本語と英語の使い方が違います。

ですから、そのまま英語にすると「少し変な英語」になってします。そのため、今回の記事では「サイン」の正しい英語の使い方、また関連する表現として「サインする」や「サイン会」という英語も合わせて紹介したいと思います。


「サインする」や「サイン会」等の「サイン」は英語で何と言う?「サインする」や「サイン会」等の「サイン」は英語で何と言う?

こちらの記事もお勧めです:




1.「sign」という動詞の意味と使い方



まずは、英語の「sign」は”動詞”なので、日本語の「サインする」という動詞と同じ意味で使い方も同じになります。

そして「sign」は、例えば「セレブ(有名人)のサイン」というような意味としては使う事が出来ません。また「sign」の過去形は「signed」になります。


実際の例文:


The author signed the book for me.
(作家は本にサインしてくれました。)


Could you sign my T-shirt?
(私のTシャツにサインしていただけますか?)


When the concert finished, the singer signed my autograph book.
(ライブが終わったら歌手が私のサイン帳にサインしてくれました。)


The letter was signed by the company president.
(手紙は社長にサインされました。)




2.「signature」という名詞の意味と使い方



日本語の「サイン(名詞)」は英語の「signature」と「autograph」に相当します。「signature」は「autograph」よりも”広い意味・使い方”があります。

「signature」は「人のサイン」という意味になります。アイドルやセレブのサインだけではなく「普通の人が書類や手紙に名前を書く」というような際にも「signature」という単語を使います。


実際の例文:


Please write your signature on your credit card.
(クレジットカードに名前を書いてください。)


I can’t read his signature!
(私は彼のサインを読めない!)


My graduation certificate has the Principal’s signature on it.
(私の卒業証書には校長先生のサインがあります。)


There is no signature on this check.
(この小切手にはサインがありません。)


I’ve got his signature in my autograph book!
(私はサイン帳には彼のサインがある!)




3.「autograph」という名詞・動詞の意味と使い方



芸能人、セレブ、アイドルなどのサインについて話す際には「autograph」という単語を使います。

「autograph」という単語は名詞だけでなく”動詞”としても使う事が出来ます。日本語にすると「サイン」、「サインする」に相当します。

芸能人ではない一般の人のサインについて話す際には上記で紹介した「signature」という言い方を使った方が良いです。



実際の例文:


I really want to get his autograph after the concert.
(ライブが終わったら彼のサインをもらいたい!)


My favorite singer autographed my concert program.
(私の好きな歌手はライブのプログラムにサインしてくれました。)


I’m a big fan of yours. Can I have your autograph?
(私はあなたの大ファンですよ。サインをしてもらえますか?)




4. 「サイン会」は英語で何と言うのでしょうか?



そして「作家・本の著者」が新しい本を出版する際に「サイン会イベント」を開く事が多いと思います。こういった「本のサイン会」は英語で「book signing event/session」という言い方になります。

他の芸能人・アイドルなどの「サイン会」は「autograph session」や「meet and greet」(直訳:会って挨拶するイベント)という言い方になります。


実際の例文:


My favorite author just released a new book so I went to her book signing event in Shinjuku.
(私の好きな作家は新しい本を出版したので、私は新宿で行われたサイン会に行った。)


Shall we go to his autograph session? I really want to meet him!
(彼のサイン会に行こうか? 私は彼に会いたい!)


This group is holding a meet and greet soon. Tickets can be bought online.
(このグループはもうすぐサイン会を行う。 チケットはオンラインで買える。)


以上、今回は「サイン」という単語に関する様々な英語表現を紹介してみました!

英語に関する質問があれば当サイトのネイティブのライターに是非、連絡してくださいね^^


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。