単語

「イクメン」,「ママ友」,「主婦」は英語で何と言う?

「イクメン」,「ママ友」,「主婦」は英語で何と言う?

英語で「ママ友」,「イクメン」,「主婦(専業主婦)」は何と言うのでしょうか?


マリ
マリ
皆さん,こんにちは。今回の記事を担当するマリと申します。今日は日本のメディアでよく出てくる日常生活でよく出てくる「イクメン」,「ママ友」,「主婦(専業主婦)」は英語で何と言うのかを紹介してみたいと思います。


日本人の日常会話では「イクメン」や「ママ友」、「主婦」という単語はよく使われていると思います。例えば、自分の家族について話す際、自己紹介をする際にはよく使われます。

実は英語にもこれらに相当する言い方がいくつかあります。そこで、今回の記事では、子育てしている人には御馴染みの言葉「イクメン、ママ友、主婦の英語の言い方」を紹介してみたいと思います。

一般的に英語圏の国の男性は、日本よりも小さい子供の子育てに参加する人がわりと多いので、そういったイクメン男性に関する英語表現も多いです。





主婦は英語で何と言う?



先ずは英語で「主婦」という意味になる単語を紹介してみたいと思います。実は「主婦」という単語は英語にすると様々な言い方があります。まずは「housewife」という言い方です。

この言い方は少し古い感じになるので、若い女性はあまり使いません。そして「housewife」は、”子供がいない家庭“であっても問題なく使える表現です。

そして、「homemaker」という言い方もあります。これは主に”アメリカ英語”で使われている表現です。この表現も子供がいない家庭でも使える言い方です。

最近、英語圏の国では「小さい子供がいる主婦」の事を「stay at home mom・mum・mother」と呼びます。そして、オンラインのフォーラム(掲示板)などでは「sahm」という省略がよく使われます。



英語で「主婦」と言う際の例文



My grandmother gave up her job when she got married and became a housewife.
(私のおばあちゃんは結婚した時に仕事をやめて主婦になった。)


I’ve been a housewife for five years.
(私は5年間くらい専業主婦です。)


My mom is a homemaker. She gave up work when she had me.
(私の母親は主婦です。母親は私が生まれた時に仕事をやめた。)


I don’t want to be a homemaker when I get married. I want to continue working, even if I have children.
(私は結婚したら専業主婦になりたくない。子供が生まれても働き続けたいと思います。)


I’m a stay at home mum now but I’ll go back to work when my daughter starts school.
(私は今主婦ですが、娘が小学校に入ったら私は仕事に戻る予定です。)


I can’t afford to be a stay at home mum.  I have to work to earn money.
(私は専業主婦になる余裕がない。お金を稼ぐために働かないと駄目だから。)







イクメンは英語で何と言う?


イクメンは英語で何と言う?
次は最近になって日本のメディアでよく目にする「イクメン」という表現の英語の言い方を見ていきましょう。この「イクメン」という単語は日本語特有の単語なので、英語には翻訳しづらいです。

しかし、純粋に意味を考えてみると「自宅で男性がフルタイムで子供の面倒を見ている」というシチュエーションになりますので、これを英語にすると「stay at home dad」という言い方になります。

また、別の言い方として「平均よりも子育てに参加している」や「他の男性よりも子育てを手伝っている」というような場合には、「active father」や「man who takes an active role in child-raising」などの言い方になります。

そして、英語圏の国では、日本よりも「男性が子育てに参加する」という事は当たり前になっているので、これに当たる特別な単語はありません(笑)。これは単純にカルチャーの違いですね。


英語で「イクメン」と言う際の例文



When our daughter was born, I went back to work straight away and my husband became a stay at home dad.
(娘が生まれた時に私はすぐに仕事に戻ったけど、旦那は家でフルタイム娘の面倒を見てくれた。)


I earn more than my husband so he is a stay at home dad and I work full-time.
(私は旦那より給料が高いので彼はイクメンになって私はフルタイムで仕事をしています。)


My husband is a very active father.
(私の旦那はイクメンです。)


It is important for me to marry someone who will be an active father.
(私にとっては、イクメンになるタイプの人と結婚する事が重要です。)


Recently, many Japanese men are taking an active role in child-raising.
(最近、日本ではイクメンが増えている。)


It is good for children for their fathers to take an active role in parenting.
(イクメンは子供に良いと思います。)






ママ友は英語で何と言う?


ママ友は英語で何と言う?
最後は子育てしている方であれば、何かとよく話題になる「ママ友」という表現の英語の言い方を紹介してみたいと思います。

日本でよく使われる「ママ友」という言葉を英語にした場合、実は様々な言い方があります。まずは、直訳の「mom・mum friend」という言い方です。

そして、ママ友の意味を考えてみると「自分の子供の友達の母親」という関係なので、「my kid’s friend’s mum/mom」という言い方になると思います。

また、「自分の子供と同じ学校に通っている”子供のママ友”」という場合には、「school mom/mum」や「school-gate mum」という言い方になります。

しかし、これも文化的な違いになりますが、一般的に英語圏の国の女性は「友達」の事を「ママ友」という言い方を使って区別する事はありません。その場合は単純に「friend」(友達)という言い方をします。

他には、「friend with children」や「kids the same age as mine」(=私の子供と同い年の子供を持っている友達)という言い方もあります。

以上のように英語圏の国では、わざわざ友達の種類を区別して呼ぶ事はあまりないです。これは日本と欧米の文化の違いかもしれませんね。



英語で「ママ友」と言う際の例文



A:How do you know Kate?
(ケイトとどうやって知り合ったの?)

B:She’s one of my mom friends. Our kids play together at the park.
(ママ友だよ。私たちの子供は公園で一緒に遊ぶ。)



I’m going out for a drink tonight with the other school-gate mums.
(私は今夜ママ友と一緒に飲みに行く。)



A:Who is Karen?
(カレンって誰ですか?)

B:She’s my kid’s friend’s mum. We get along really well.
(ママ友ですよ。私たちはとても仲が良い。)




まとめ:英語では「イクメン」,「ママ友」,「主婦(専業主婦)」は何と言うの?


以上、今回は子育てに関する英語として「イクメン」,「ママ友」,「主婦」という意味になる英語を紹介してみました。

まとめると、今回の表現を英語で使う場合には下記の言い方を覚えておくとよいと思います。


主婦・専業主婦

  • housewife
  • homemaker
  • stay at home mum/mom

イクメン

  • stay at home dad
  • active dad/father
  • man who takes an active role in childcare/childraising


ママ友

  • mum/mom friend
  • my kid’s friend’s mum/mom
  • school mum/mom
  • school-gate mum/mom
  • friend with children/kids the same age as mine


他にも英語や英語圏のカルチャーについての質問があれば、是非当サイトのライターにご連絡くださいね。読者の方から頂いた質問には必ず答えます!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。