単語

「That sucks!」という英語のスラングはどういう意味?

「That sucks!」という英語のスラングはどういう意味?

英語圏の国の若者がよく使う「That sucks!」というスラングはどういう意味なのでしょうか?



今回の記事では英語圏の国の若者がよく使うスラングの意味と使い方を紹介したいと思います。今回紹介するスラングは「That sucks!」という表現になります。

このスラングは主にアメリカ英語で使われていますので、ハリウッド映画、アメリカのテレビドラマによく出てきます。アメリカから来ているスラングですが、他の英語圏の国でも通じますし、よく若者が使うスラングなので意味と使い方を知っておくと役に立つ事があると思います。

また、今回は「That sucks」という表現だけではなく、他にも「suck」という単語が含まれているフレーズがあることから、「suck」の様々の使い方を合わせて紹介したいと思います。


「That sucks!」という英語のスラングはどういう意味?「That sucks!」という英語のスラングはどういう意味?

こちらの記事もお勧めです:




「吸う・吸い込む・しゃぶる」という意味の「suck」



まずは、「suck」は主に”動詞”として使われています。この動詞は日本語の「口で吸う」や「吸い込む」という意味になります。

多くの場合、「suck up」(吸い込む)という句動詞として使われています。


実際の例文:


She used a straw to suck up the cola.
(彼女はストローを使ってコーラを吸って飲んだ。)


The vacuum cleaner sucked up all the dust.
(掃除機は全ての埃を吸い込んだ。)


The baby sucked her thumb.
(赤ちゃんは親指をしゃぶった。)


もちろん、下品なセックスの話をする際にも「suck」という動詞を使えます。例えば、「suck ~’s dick」(フェラをする)というかなり下品な表現があります。


お勧め記事:「ネイティブがよく使う「insane」とはどんな意味?スラングの使い方も紹介




「ダメ」、「大変」、「めんどくさい」という意味の「sucks」



「~sucks」という表現はとても役に立つ表現です。場合によって、「~が駄目」、「~が大変」、「~が面倒くさい」などの意味と使い方があります。この表現は比較的にモダンなスラングですが、残念ながら単語のルーツは不明です。

おそらくですが、上記で紹介した「フェラをする」という下品なイメージから出来上がったスラングの可能性がありますが、現在では、若者が日常会話でよく使うようになったので、その下品なルーツはもう忘れられています。

使うシチュエーションとしては「自分が怒っている時」や「がっかりしている時」、「誰かの怒り・がっかりした時に共感する」というような際に使う表現です。


実際の例文:ダイアログ


A :How was your vacation?
(旅行はどうだった?)


B:It was fun but it rained almost every day.
(楽しかったけどほとんど毎日雨が降っていたよ。)


A:Oh no! That sucks!
(ああ、それは残念だね!)



実際の例文:ダイアログ2


A:Are you enjoying this movie?
(この映画は面白い?)


B:No, it sucks. I’m going to switch it off now.
(いいえ、つまんないよ。もう消すよ。)



実際の例文:ダイアログ3


A:Do you want to come out tonight?
(今夜一緒に遊びにいかない?)


B:I can’t. I’ve got homework to finish.
(いけないよ。やらないといけない宿題がある。)


A:That sucks.
(いやだね。)




「~が苦手・下手くそ」という意味の「suck at ~」



もう一つの「suck」に似た関連スラングとして「to suck at ~」という表現があります。このフレーズは「人が~が苦手・上手じゃない」という意味になります。


実際の例文:ダイアログ


A:Can you help me with my math homework?
(数学の宿題を手伝ってくれる?)


B:Sorry, I suck at math.
(ごめんね。私は数学が苦手だから手伝えないよ。)



実際の例文:ダイアログ2


A:Did Max get picked for the baseball team?
(マックスは野球チームのメンバーとして選ばれたの?)


B:No, of course not! He sucks at baseball!
(もちろん選ばれなかったよ! 彼は野球が下手くそだよ!)




「おべっかを使う」という意味の「suck up」



suck up」という句動詞は「吸い込む」という意味だけではなく、「おべっかを使う」という使い方もあります。

そして「a suck-up」という人は「おべっか使い」という意味になります。



実際の例文:ダイアログ


A:Do you like Mike?
(あなたはマイクの事が好きですか?)


B:No! He’s always sucking up to the boss!
(好きじゃないよ! 彼はいつも上司におべっかを使っているよ。)



実際の例文:ダイアログ2


A:Stop sucking up to the teacher!
(先生におべっかを使うのをやめて!)


B:I’m not!
(そういう事はしてないよ!)


A:Yes you are! You are such a suck-up!
(してるよ! あなたはとんでもないおべっか使いよ!)




「我慢する」という意味の「suck ~ up」



この「suck ~ up」という表現は「~を我慢する」という意味になります。


実際の例文:ダイアログ


A:My teacher said I can’t go out to play at lunchtime because I didn’t do my homework.
(先生は私が宿題をしなかったから昼休みに外遊びができないって言っていたよ。)


B:Well, it’s your own fault. You’ll just have to suck it up.
(それは自分のせいでしょう! 責任をもって我慢するしかないよ。)



実際の例文:ダイアログ2


A:My girlfriend dumped me!
(彼女は俺と別れたんだよ!)

B:You did cheat on her! Suck it up!
(お前は浮気しただろう! しょうがないから我慢しろ!)



以上、今回は「suck」という単語が含まれている最もよく使われている表現とスラングを紹介しました! ハリウッド映画や海外ドラマでもよく耳にする単語だと思いますので、知識として覚えておくと役に立つ事があると思います。

何か知りたい英語表現や気になる英語のスラングがあれば、是非当サイトの英語ネイティブライターにご質問くださいね! 質問はこちらから → →「マスターランゲージに質問してみる


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。