スラング

“screw up”、”screw you”の意味と使い方は? “screw up”と”mess up”の違いは?

「screw up」,「screw you」はスラングはどういう意味なのでしょうか?

ネイティブがよく使う英語のスラング”screw up”、”screw you”、”screw around”、”mess up”の意味とは?



今回の記事では、英語圏の国の若者が日常会話でよく使うスラング英語として「screw up」の意味と使い方、そして「screw you」というスラングの意味と使い方、そして“screw upとmess up”の違いについて詳しく解説してみたいと思います。

「screw up」,「screw you」というスラングは日常会話だけではなく、ハリウッド映画、海外ドラマ、英語の歌の歌詞などにもよく出てきますので、それぞれの意味と使い方、違いをしっかりと身につけましょう。それでは、まず「screw up」というスラングの使い方を例文を交えて紹介していきます。



「screw up」,「screw you」はスラングはどういう意味なのでしょうか?「screw up」,「screw you」はスラングはどういう意味なのでしょうか?

こちらの記事もお勧めです:




何かに「失敗する」という意味になる「screw up」



目的語なしで「screw up」という句動詞を使うと「失敗する」、「悪い事をする」という意味になります。このスラングは元々”アメリカ英語のスラング”になりますが、現在では全ての英語圏の国で使われるようになっています。



ネイティブの使い方の例文:カップルの会話



彼氏:I’ve got something to tell you. I’ve really screwed up.
(ちょっと・・。告白したい事があるんだけど・・。俺は悪い事をしちゃった。)


彼女:What is it? What have you done?
(なに?何をしたの?)


彼氏:I kissed my co-worker at our company’s Christmas party….
(会社のクリスマスパーティーで同僚をキスしちゃったんだ・・。)



ネイティブの使い方の例文:友人同士の会話



友1:I’m so nervous about my exam tomorrow.
(私は明日の試験の事で凄く緊張しているよ。)


友2:Don’t worry. You’ll be fine. You have studied hard.
(心配しないで。大丈夫だよ。あなたは一生懸命勉強したでしょう。)


友1:But I just know I’m going to screw up!
(だけど、私は絶対失敗するわ!)




「~をめちゃくちゃにする」、「~を失敗させる」という意味の「screw ~ up」



また「screw ~ up」という”目的語がある句動詞”を使った場合には「~をめちゃくちゃにする」、「~を失敗させる」という意味になります。

目的語を「screw」と「up」の間に入れてもいいですし、「up」の後に置いても大丈夫です。目的語が代名詞の場合には「screw」と「up」の間に入れる必要があります。



ネイティブの使い方の例文:上司と部下の会話


上司:This is a really important client meeting. We mustn’t screw it up.
(これはとても大切な取引先との会議だよ。 絶対に失敗してはいけないんだ。)


部下:I understand. I’ll give it my best shot.
(わかりました。 頑張ります。)



ネイティブの使い方の例文:親子の会話


母:What’s wrong? Why are you crying?
(どうしたの?どうして泣いているの?)


子:I screwed up my math test.
(数学の試験はだめだったよ!)




「screw up」と「mess up」の違い



「Screw up」という句動詞・スラングは「めちゃくちゃにする・失敗する」という意味になりますが、代わりに他のスラングも使えます。例えば、「mess up」、「fuck up」、「bugger up」、「foul up」、「cock up」などの句動詞も使えます。

基本的には「screw up」と殆ど同じ意味と使い方です。しかし、微妙な使い方の違いがあります。


まずは「イギリス英語とアメリカ英語の違い」があります。そして「bugger up」と「cock up」は主に”イギリス英語”で使われています。オーストラリア人やニュージーランド人もそれらの表現を使いますが、アメリカ人は使いません。

「bugger up」という表現は少し下品な表現なので、ビジネスシーンやフォーマルなシチュエーションでは使わない方が良いです。「cock up」は「screw up」と同じくらいカジュアルな表現です。


そして「“下品さ”の違い」もあります。「screw up」は罵り言葉というほど失礼な言い方ではありませんが、少しだけ下品でカジュアルな言い方なので、これもフォーマルなシーンでは避けた方が良いかもしれません。

以上の事から「mess up」の方が安全な言い方になりますので、こちらを使いましょう!




「ふざけんなよ!」、「死ね!」という意味の「screw you」



もう一つの「screw」という単語が入っている表現としては「screw you!」という表現があります。これも元々はアメリカ英語の表現ですが、やはり現在では、全ての英語圏の国で使われています。

これは例えば「人にむかついている時」や「怒っている時」などに使う強い表現になります。「fuck you!」ほどは強くなりません。

しかし、それでも意味としては「ふざけんなよ」、「死ね!」、「バカ野郎!」という罵り言葉になりますので、むやみに使う事はないと思います。


ネイティブの使い方の例文:友達同士の会話


友1:Man, your new haircut is awful!
(お前の新しい髪形はひどいぞ!)


友2:Screw you!
(うるせえ、バカ野郎!) ※友達をからかうようなニュアンス



ネイティブの使い方の例文:男性同士の言い合い


男1:She doesn’t love you anymore! She’s with me now!
(彼女はもうお前の事を愛してないよ! 俺と一緒にいるってよ!)


男2:Screw you!
(死ね! バカ野郎!)



他の「screw」を含める表現


「screw」という単語は他の英語表現にも出てきます。例えば、「screw around」という句動詞があります。

この句動詞には三つの意味があります。一つ目の意味は「ふざける、遊ぶ」という意味になります。二つ目は「色々な人とセックスをする」になります。三つ目は「浮気する」という意味になります。



ネイティブの使い方の例文:


Stop screwing around! We’ve got work to do!
(ふざけないで!仕事があるよ!) ※「ふざける」という意味の「screw around」


He screwed around a lot when he was at college.
(彼は大学生の頃に色々な人とセックスをした。) ※「セックスをする」という意味になる「screw around」

Kate’s husband is screwing around.
(ケイトの旦那は浮気しているよ。) ※「浮気する」という意味になる「screw around」


もう一つ会話によく出てくる「screw」が入った句動詞としては「screw 人 over」という表現です。この句動詞は「人を騙す」という意味になります。


ネイティブの使い方の例文:友人同士の会話


A:I lent my friend $100 but he hasn’t paid it back.
(友達に100ドルを貸してあげたけど、彼はまだ返してないよ。)


B:I think he’s screwed you over.
(彼は君をだましたと思うよ。)



以上、今回の記事では”screw up”、”screw you”、”screw around”の意味と使い方、”screw up”と”mess up”の違いについて、「screw」という単語が入った様々な英語表現を紹介してみました。

これらはネイティブが日常会話で非常によく使う表現なので、意味と使い方、違いについて覚えておくと役に立つと思います。




当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。