スラング

break the ice、icebreakerとはどんな意味? 「緊張をほぐす」という意味のイディオム 

break the ice、icebreakerとはどんな意味? 

英会話でよく使うイディオム・口語「break the ice」,「icebreaker」の意味と使い方


マリ
マリ
皆さんこんにちはマリです。今回の記事では「break the ice」や「icebreaker」という二つの英語表現の意味と正しい使い方についてお話してみたいと思います。


この「break the ice」と「icebreaker」という言葉は、日常英会話だけではなくビジネスシーンでもよく使われますので、ビジネス英語を勉強している方も意味と使い方を覚えておくと、仕事中に役立つ事があると思います。

それでは、「break the ice」と「icebreaker」とはどのような意味の英語なのでしょうか?





break the iceの意味と使い方とは?


break the iceの意味と使い方とは?
まず、最初に「break the ice」とはイディオムですが、句動詞として考えるべき表現だと思います。

つまり「一つの動詞」として扱います。この「break the ice」を直訳すると「氷をほぐす」という意味になりますが、イディオムとして使った場合には違う意味になります。

また「break the ice」をイディオムとして使うと主に二つの意味があります。一つ目の意味・使い方は「緊張をほぐす」という意味になります。

例えば、あるシチュエーションで初対面の人達がいる場面では「恥ずかしくどこか冷たい雰囲気」を感じる事があると思います。

そういったどこか堅苦しい雰囲気を「ほぐす」ために「誰かが最初に話しかけたり、冗談を言ったりする」場合があると思います。そういった行為を「break the ice」と呼びます。

二つの目の意味・使い方は、「難しい事」や「難しい話」、「交渉の手がかり」という意味になります。

例えば、ビジネスミーティングでは「ネゴシエーションを始める」事を「break the ice」と呼びます。

それでは、文章の説明だけでは分かりずらいと思いますので、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


break the iceの使い方 例文



When Mike started high school, he didn’t have any friends. To break the ice, he offered his classmates some sweets.
(マイクは高校に入学した時に友達が一人もいなかった。彼は緊張をほぐすために新しいクラスメートに飴を配りました。)


Tom was the first person to break the ice at the meeting. He stood up and introduced himself to the group.
(トムはミーティングで緊張をほぐした人になりました。彼は起立して自己紹介をしました。)


Good morning everyone. Welcome to the training seminar.
To break the ice, I’d like you to introduce yourself to the person sitting next to you.
(皆さん、おはようございます。トレーニングゼミにようこそ。初めは緊張をほぐすために、隣に座っている人に自己紹介をしてほしいと思います。)


Karen was very nervous about giving her first work presentation. To break the ice, she started her presentation with a funny story.
(カレンは仕事で初めてプレゼンテーションを行った際にとても緊張していました。雰囲気を軽くするためにプレゼンテーションを冗談で始めました。)






icebreakerの意味と使い方とは?


icebreaker の意味と使い方とは?
先ほど紹介した「break the ice」は動詞として使いますが、次に紹介する「icebreaker」は名詞になります。

icebreakerは、多くの場合教育、ビジネスシーンでよく使われています。「icebreaker」は主に「冷たい雰囲気をほぐすためのアクティビティー」という意味になります。

例えば、先生が新しいクラスを教える際に、先生と生徒たちは初対面なので、皆静かで緊張しています。そういった雰囲気を軽くして、みんなが仲良くなるためのゲームやアクティビティーを行います。

そういったアクティビティーの事を「icebreaker」といいます。この表現はビジネスシーンでもよく使われます。例えば、仕事の研修セミナーを行う際や、職場で新しいチームが作られた際にそれぞれのメンバーは緊張していますし、あまり話しません。

しかし、チームリーダーや指導者などは、メンバー達がその場の雰囲気をよくしてみんながコミュニケーションを取れるようになるために「icebreaker」的なアクティビティーを行います。

日本では、こういったシチュエーションで大体、自己紹介という事になりますが、海外ではゲームやチームプレイのアクティビティーを行う場合が一般的です。

それでは、実際のネイティブのicebreakerの使い方を例文で確認してみましょう。


icebreakerの使い方 例文



Hi guys. Welcome to the training event. You are all new to each other so let’s start the day with an icebreaker.
(みなさん、こんにちは。トレーニングイベントにようこそ。みんな初対面なので、仲良くなるためのアクティビティーを始めましょう。)

Good morning class. Welcome to your first English Conversation lesson. Let’s start with an icebreaker.
(生徒たち、おはようございます。初めての英会話授業へようこそ。ウォーミングアップのアクティビティーを始めましょう。)

Please make pairs and tell your partner three things you like in English.
みんなペアになって、相手に英語で三つの好きな物を伝えてください。)



A: How was your training seminar yesterday?
(昨日のトレーニングセミナーはどうだった?)

B: It was fun but the icebreaker was really embarrassing. We had to do a roleplaying game. I was so nervous!
(楽しかったけどウォーミングアップのアクティビティーはとても恥ずかしかったよ。ロールプレイングのアクティビティーをやらされたよ。私はとても緊張していた!)






まとめ:「break the ice」、「icebreaker」の意味と使い方


まとめると、「break the ice」と「icebreaker」という表現はかなり似ていますが、「break the ice」は動詞で「icebreaker」は名詞になります。

「break the ice」は「緊張・冷たい雰囲気をほぐす」という意味になり、「icebreaker」は「緊張・冷たい雰囲気をほぐすための行動・アクティビティー・ゲーム」という意味になります。

この二つの英語表現は、日常英会話以外にも、ビジネスシーンでの会話、教育の現場でもよく使われます。

ですから、それぞれの意味と正しい使い方を覚えておくと便利だと思います。他にも英語の文法や表現、イディオム、英会話を上達させる為の勉強法などに関する質問があれば、是非ご連絡くださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。