自分の好きなテーマで英話を勉強する方法・スポーツを通して英語を勉強する方法を紹介



自分の好きなスポーツを通して英語を勉強する方法



英会話をマスターしたいのであれば、とにかく学習のモチベーションをキープする事が最も大切だという事は
以前の記事でも紹介してきました。

ですが、実際に英語教材の中身を見ると、つまらない内容の文章が永遠と紹介されているページが続き、2日~3日後、途端にモチベーションが下がっていく事になると思います。中学校と高校で使われているような英語教材は、さらに退屈な文法の解説が延々と紹介された内容でしょう。

以上の事から、多くの子供達や学生は、英語嫌いになって、英語に対する学習モチベーションがなくなっていくというサイクルが出来上がってしまいます。

では、英語を勉強するモチベーションをキープする為には、どんな方法が有効なのでしょうか?

その答えは単純で、自分にとって面白い教材を使って英語を勉強する事でしょう。

例えば、もしポップカルチャーが好きなのであれば、英語圏の雑誌やウェブサイトを読みながら、英語を勉強するのが良い勉強方法ですし、もしあなたがロック音楽が好きなのであれば、好きなアーティストの音楽の歌詞や、お気に入りのアーティストの伝記を英語で読んで勉強する事が出来てしまうでしょう。

また、この発想方法を使って英語を勉強する事を考えると、例えば、スポーツが好きな人も、スポーツのテーマを使って英語を勉強する事が出来ます。そして、ニッチな業界ですが、スポーツファン向けの英語学習教材も存在しています!

今回は、そのスポーツファン向けの英語学習教材を紹介したいと思います。



スポーツを通して英語を勉強する方法を紹介
スポーツを通して英語を勉強する方法を紹介





スポーツを通して英語を勉強する方法:  1. サッカーファン向けの英語教材


サッカーファン向けの教材は、みなさんが思っている以上に以外と多いんです。特にこの本は、私もお勧めで比較的使いやすい一冊だと思います。沢山のボキャブラリーの紹介がされており、例文も多いです。

そして、音声が付いていますので、単語とフレーズの発音とイントネーションを覚える事も出来ます。この本はサッカーファンやイギリス英語を勉強したい人にお勧めしたいです。






スポーツを通して英語を勉強する方法:  2. 野球ファン向けの英語


日本では、サッカーよりも野球の方が人気があると思いますので、野球ファン向けの英語教材が多いです。
アメリカに行けば気がつきますが、アメリカ人の日常会話でも、野球を基にしたイディオムとフレーズが多く使われていますので、野球ファンではなくても、野球関係のフレーズを少し覚えた方が便利でしょう。

野球を使った英語学習の本の中でも、この教材はお勧めです。野球フレーズ辞書が付いていますし、アメリカの野球チームのバックストーリーやカルチャーポイントについて多くの文章が紹介されています。








スポーツを通して英語を勉強する方法:  3. ゴルフファン向けの英語


ゴルフ英語は、少しマニアックな英語ですが、やはりゴルフファン向けの英語教材も出ています!ゴルフ関係のボキャブラリー勿論、海外でゴルフコースを予約する方法等の役に立つ情報とフレーズが掲載されています。












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post