夫婦、夫婦喧嘩は英語で何と言うのでしょうか?


英語で「夫婦」、「夫婦喧嘩」は何と言うのか?



今回の記事では日本語の日常会話でもよく使いそうな単語の英語の言い方を紹介したいと思います。

今回紹介するのは「夫婦」、「夫婦喧嘩」という表現の英語の言い方になります。



その前に先ずは、「夫婦」は英語では何と言うと思いますか?

英語では「夫婦」という表現をする際に色々な言い方がありますが、最もよく使われている言い方としては「married couple」という言い方があります。


「Couple」という言い方もありますが、この言い方は「結婚していない恋人同士」に対しても使う事が出来ます。

ですから、結婚している夫婦の場合は、「married couple」という事が一般的です。


もう一つの言い方として、単純な直訳になりますが「husband and wife」という言い方があります。

しかし、名前を使った言い方の場合は(例えば、加藤夫婦、田中夫婦など)、The Katos、The Tanakas、それか、Mr and Mrs Kato、Mr and Mrs Tanakaという言い方になります。


結婚式の話をしているようなシーンでは「man and wife」という言い方がありますが、これは少し正式な表現になります。

「They became man and wife」は、「彼らは夫婦になりました」という意味になります。


英語圏の結婚式中には、神父が「You are now man and wife」(あなたたちは夫婦になりました)という台詞を使います。


夫婦、夫婦喧嘩は英語で何と言うのでしょうか?
夫婦、夫婦喧嘩は英語で何と言うのでしょうか?


おすすめ記事:





「夫婦」という単語を使う際の例文紹介



William and Kate are a married couple.
(ウィリアムとケイトは夫婦です。)


I have invited the Tanakas to our wedding.
(田中夫婦を私たちの結婚式に誘ったよ。)


Have you met Mr and Mrs Kato?
(あなたは加藤夫婦と会った事がありますか?)




「夫婦喧嘩」という表現を使った際の例文紹介



英語では「夫婦喧嘩」という表現はありませんので、英語圏の人はそういったシーンを詳しく説明する必要があります。

例えば、夫婦喧嘩を誰かに説明したい場合には以下のような文章になります。


Mr Yamada had an argument with his wife.
(山田さんは奥さんと夫婦喧嘩をしました。)


She had a quarrel with her husband.
(彼女は旦那さんと夫婦喧嘩をしました。)


They are not speaking to each other at the moment.
(彼らは今(夫婦)喧嘩中です。)


結婚していないカップルが喧嘩する時には「lover’s tiff」という言い方をする事があります。

しかし、「tiff」という単語は「小さい喧嘩」、「口げんか」という意味になりますので、大きい喧嘩に対しては使いません。


以上、今回は英語で「夫婦」、「夫婦げんか」の言い方を紹介してみました。








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post