「先輩」や「後輩」は英語で何と言うでしょうか?


英語で「先輩」と「後輩」とは何と言うでしょうか?日本人の英語学習者が気になる英語表現



今回の記事も日本語の日常会話でよく使われている単語の英語の言い方を紹介していきたいと思います。

今回紹介する単語は「後輩」と「先輩」になります。


日本の文化では「先輩・後輩の関係」や「上下関係」はとても重要なコンセプトだと思います。

日本の中学生や高校生は日常会話などで「部活の先輩や後輩」の事についてよく話していますし、大人でも「先輩ママ」や「仕事の先輩」などの表現をよく使っていますよね。


これは日本だけではなく、他のアジアの国の社会でも同様に上下関係という考え方を大切にしていると思います。

例えば、韓国や中国等の東洋の国でも「後輩先輩関係」というコンセプトはしっかりと根付いていると思います。



その点で英語圏の国の文化は日本と異なると思います。勿論、欧米でも「上下関係」を感じる場合はありますが、日本ほど上下関係という考え方を大切にしていません。

日常会話において欧米の人は「先輩」や「後輩」などの言葉を使う必要がありません。ですから、英語では場合によって、シーンによって「先輩」や「後輩」というコンセプトを表す言い方は異なってきます。

そんな事もあり、単純に英語で「先輩」や「後輩」という単語を直訳する事は出来ません。


「先輩」と「後輩」は英語で何と言うでしょうか?
「先輩」と「後輩」は英語で何と言うでしょうか?


おすすめ記事:

お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!


後輩の英語の言い方と実際の使い方について



後輩という単語を英語で直訳すると「junior」という言い方になりますが、場合によって違う言葉を使います。それでは例文を通して使い方をみていきましょう。
※今回のような日本語の単語を英語に当てはめて紹介する際には、例文で「日本語」から先に紹介しています。

例文:

彼は大学の頃の後輩でした。
He was two years below me at university.


お前は後輩なんだから、もっと遠慮しろよ。
You’re my subordinate so please mind your attitude.
※この日本語は英語訳す事はとても難しいです。何故なら、このような表現は英語圏の人はカルチャー的に使わないからです。しかし、「仕事の後輩」は「subordinate」という言い方になります。「Subordinate」という単語を使うと、自分が「偉そうな感じ」に聞こえてしまいますので気をつけた方が良いと思います。


仕事で後輩を指導していると、時々いらいらしてしまう。
Training my junior colleagues at work can sometimes be quite annoying.
※「Subordinate」よりも「junior colleague」や「junior co-worker」という言い方の方がソフトな言い方になります。


会話例文:

A: あなたはどうして佐藤さんは知っているの?
  How do you know Mr Sato?

B: 彼はサッカー部の時の後輩だったんだよ。
  He was one of the younger members of the soccer club.
※チームや部活の話をする際に「younger member」や「junior member」という言い方を使いましょう。




先輩の英語の言い方と実際の使い方について



「先輩」という単語を辞書で引くと「senior」という単語が出てきますが、「後輩」の時と同じようにシーンによって違う単語を使います。それでは例文を通して英語の言い方をみていきましょう。


例文:

(田中さんは今までの先輩の中で一番厳しい。)
Tanaka is the strictest boss I’ve ever had.
※仕事の場合、「boss」という言い方を使います。


(会社であまりにも先輩面をしていると後輩に嫌われる。)
Your junior colleagues will hate you if you act too bossy at work.
※「先輩面」という表現は英語で「bossy」という言い方になります。これは少しカジュアルな言い方ですし、多くの場合女性に対して使われている単語です。男性に対しては、「act arrogant」という表現になる場合が多いです。


(鈴木先輩は野球部の中でみんなの憧れの存在だ。)
Everyone in the baseball club admires the experienced player Suzuki.
※「誰々先輩」という表現は英語では使われていませんので、代わりに「the experienced 誰々」という言い方を使う事が出来ます。日本語に直訳すると、「経験豊富の誰々」という意味になります。


参考記事:「憧れる、~に憧れているという表現は英語で何と言うでしょうか?日本人が間違えやすい英語表現紹介」 

「上下関係」や「先輩後輩関係」という表現は英語にすると「hierarchical relationship」という長い言い方になります(笑)。









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post