日本人にとってなぜ英語は難しいのか? 英語が難しく感じる理由を徹底解説します!

日本人が英語を苦手な理由・日本人には英語の習得が難しく感じる理由とは?



私は日本で英語を教えている時によくこのような話を耳にします。そのセリフとは「英語は難しい言語だなぁ~」、「私には英語は向いていない!」、「私には英語を話せるようにならないよ!」などなど。

多くの日本人の英語学習者から、度々このような言葉を耳にします。これは年齢や性別問わず、英語を勉強しているビジネスパーソンや学生といった多くの人達の口からもよく聞く言葉です。

しかし、これは実際のところどうなのでしょうか?非英語圏の人達にとって英語はそんなに難しい言語なのでしょうか?

やはり、このような問題は単純に「イエス」か「ノー」で答えられる質問ではないと思います。その理由は、英語を勉強している人達の立場によって答えが異なるからです。


例えばヨーロッパ人にとっては、英語は比較的簡単に親しみやすい言語に感じますが、日本人を含め他の東洋人にとっては英語は少し難しく感じる事もあると思います。

それは何故かというと「言語の共通性を比べた際にその比べる二つの言語の関連性が離れている」という事が大きく関係しています。つまり、双方の言語の関係が”遠ければ遠いほどルーツ的に全く関係の無い言語”なので、習得することは当然ながら難しくなります。


そして、実は「日本語と英語は全く無関係の言語で共通点がとても少ない言語」になっています。ですから、英語を話せるようになる前には、多くの”言葉の違い”に慣れる必要があります。

逆に、英語圏の人々にとっても日本語の理解は、とても難しいと言われています。アメリカ政府の「Foreign Service Institute」(外交関係の組織)よると英語圏の人にとって、日本は最も難しい外国語リストに掲載されています。


しかし、韓国人や中国人にとって日本語は、英語よりも断然勉強しやすいと言われています。韓国語の文法と日本語の文法は似ていますし、語彙の共通点もあります。中国人は漢字が読めますし、また日本語と語彙の共通点もありますので、英語より簡単に見えるそうです。


日本人にとってなぜ英語は難しいのか? 英語が難しく感じる理由を徹底解説します!
日本人にとってなぜ英語は難しいのか? 英語が難しく感じる理由を徹底解説します!


こちらの記事もお勧め:




日本人にとって英語のどんな部分が難しいのか?



英語を学ぶ日本人にとっては、特に下記の点が難しく感じるポイントなのではないかと思います。


1. 英語が難しく感じる理由: 単語の順番


日本語と英語の単語の順番は、かなり異なっていますので慣れるまでに時間がかかります。簡単に言ってしまうと、日本語の動詞は文章の最後に置かれますが、英語の動詞は文章の真ん中に置きます。

この違いに慣れる為には、多くの例文を読んだり、多くの英語を聞いたりする事で自然と習得出来ます。単語の語順の違いは、難しさを感じる原因の一つです。



2. 英語が難しく感じる理由: 発音


日本語には英語の「r」、「l」、「th」、「v」などの音素がありませんので、英語学習の初心者にとって、これらは発音しにくいですし、聞き取りにくい音です。

しかし練習すればする程、これらの発音についても上手になりますので、マスターする事は無理ではありません。



3. 英語が難しく感じる理由: 英語のスペル


英語の単語のスペルと単語の発音は、時々共通性なく似ていない事がありますので、本を中心に英語を勉強する人にとっては、英語のリスニングが難しく感じる理由の一つだと思います。

逆に英語圏の子供にとっては、リーディングがとても難しい事になります。やはりこれは練習でカバーするしかありません。



4. 英語が難しく感じる理由: 英語の文法


英語では、「a」、「the」、「~s」などの文法ポイントがありますので、日本人にとってはこの理解が少し難しいと思います。その理由としては、日本語では、そういった文法が使われていないので少し理解がしずらくなります。

この問題の場合も、多くの例文を読んだり、聞いたりする事で使い方が分かるようになってくると思います。



世界で最も習得が難しい言語は何語なのでしょうか?



この質問にも、やはり簡単に答えが出せるものではありません。やはり自分の母国語が何語なのか?によっても習得の難しさは変わってきます。

ですから、個人の立場によって答えが違いますので、母国語から遠い言語であれば、当然のように習得は難しく、勉強中にも難しく感じるはずです。

しかし、「自分の母国語に近い言語」であれば比較的早く上達するはずです。そして、人によって簡単に感じる事もあると思います。

世界中の子供は、自分の国の言葉を勉強せずに自然に話せるようになります。殆どの国の子供は、同い年くらいに母国語を正しく話せるようになりますが、国によっては、微妙な違いもあるようです。

一つ例を上げると、Wexlerという言語学者によると、母国語としては韓国語が最も習得の難しい言語のようです。韓国人の子供は文法的に正しく話せるようになるまでに、約5年間が掛かるそうです。

韓国語には複雑な文法がありますので、他の国の子供よりも母国語を取得する時間が掛かってしまうようです。



当サイトの制作した完全オリジナルの英会話学習教材「イングリッシュリブート」はこの教材独自のパターンメソッドを使って実際に使える英会話を学習していきます。

単純な暗記では英語を勉強するのではなく、実際に使える英語を習得したいという方には非常にお勧めの教材です。


>>English Rebootの詳細を確認してみる <<



スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post