Subscribe: RSS Twitter

間違えやすい英語の動詞「rent」,「lend」,「hire」の違い、使い分け、ニュアンスをネイティブの英語教師が解説します!



今回の記事では読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。

今日紹介するのは三つの英語の動詞の違いと使い方に関する質問です。

この質問はとうサイトの読者の方達にも役立つのではないかと思い記事として紹介させて頂きました。



質問内容:

「英語の「rent」、「lend」、「hire」という動詞の使い分けを教えてください。イギリス英語とアメリカ英語では「hire」の使い方の違いがあると聞いたんですが、これは本当なのでしょうか?」



間違えやすい英語「rent」,「lend」,「hire」の違い、使い分け、使い方

間違えやすい英語「rent」,「lend」,「hire」の違い、使い分け、使い方



おすすめ記事:



ネイティブ達の答え:

先ずは、ご質問ありがとうございました。そしていつも当サイトを読んで頂きありがとうございます^^

「rent」と「hire」という動詞は似ている点がありますが、やはりイギリス英語とアメリカ英語の使い方には違いがあります。

「lend」という動詞は最も簡単ですし、イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違いはありませんので、先ずは「lend」の使い方を紹介していきたいと思います。



正しい「lend」の意味と使い方、ニュアンスについて



lend:(物・お金を)貸す


英語の「lend」は日本語の「貸す」という意味になります。つまり、「物を一時的に貸して後で返してもらう」という事になります。

「物を貸す」場合、お金を払う・もらうというニュアンスは含まれていません。しかし、銀行やローン会社が「お金を貸す」という場合、「利子を払う」という可能性があります。

それでは具体的な使い方をみていきましょう。


例文:

Could you lend me a pen?
(ペンを貸してくれる?)

I lent my brother my car but he hasn’t given it back yet.
(私は弟に車を貸してあげたけど、彼はまだ返していない。)


The bank lent me to start my business.
(ビジネスを設立するために銀行からお金を借りた。)


「Borrow」という動詞は「lend」の反対の意味です。日本語では「借りる」という意味になりますが、英語では「無料で」というニュアンスが含まれています。

しかし、上記の「lend」と同じように「銀行からお金を借りる」場合、「利子が貯まる」というニュアンスが含まれています。では、例文で使い方をみていきましょう。


例文:

Can I borrow your bike?
(自転車を借りていい?)


He borrowed a million dollars from the bank.
(彼は銀行から100万ドルを借りました。)




正しい「rent」の意味と使い方、ニュアンスについて



rent:(家・土地・物を)賃借りする


「rent」という動詞は「お金を渡して何かを借りる」という意味になります。日本語の「レンタカー」という単語は英語の「rent」から来たと思います。

つまり、「お金を渡して車を借りる」という意味になります。「rent」は動詞だけではなく、名詞としても使う事が出来ます。名詞として使うと「家賃」という意味になります。


アメリカ英語では、物を借りる際に必ず「rent」という動詞を使いますが、イギリス英語では「hire」という動詞を使います。

例えば、アメリカ英語では「rent a car」(車を借りる)という言い方になりますが、イギリス英語では「hire a car」になります。

しかし、土地や家、アパート等の話の場合、イギリス英語では「rent」という動詞を使います。それでは実際の使われ方を例文でみていきましょう。


例文:

I rented an apartment in London for a year.
(私は一年間ロンドンでアパートを借りました。)


I rented a car and drove to Las Vegas. (アメリカ英語)
I hired a car and drove to Las Vegas. (イギリス英語)
(私はレンタカーを借りてラスベガスまで運転しました。)


Wedding dresses are very expensive so I rented one instead of buying.
(ウェディングドレスはとても高いので、ドレスを買う代わりにドレスを借りました。)




正しい「hire」の意味と使い方、ニュアンスについて



hire:賃借りする(イギリス英語)、(スタッフを)雇う(アメリカ英語とイギリス英語)


上記でも紹介しましたが、イギリス英語では、「hire」は「賃借りする」という意味として使われています。

そしてイギリス英語でも、アメリカ英語においても、「hire」に「雇う」という意味があります。「雇う」という使い方はイギリス英語でも使われていますが、他には「employ」(雇う)という動詞も使われています。


例文:

I hired a car and drove to Las Vegas. (イギリス英語)
(私はレンタカーを借りてラスベガスまで運転しました。)


The school hired three new teachers. 
(学校は3人の新しい先生を雇いました。)
※この使い方は主にアメリカ英語ですが、イギリス英語でも時々使われています。


The school employed three new teachers.
(学校は3人の新しい先生を雇いました。)
※この使い方は主にイギリス英語になりますが、アメリカ英語でも時々使われています。




   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ