「~ごっこ」は英語で何という?「鬼ごっこ」や「お店屋さんごっこ」を英語すると何て言う?



「~ごっこ」は英語で何というの?親子で使える英語表現:「鬼ごっこ」、「お店屋さんごっこ」などの子供遊びを英語にしてみましょう!



今回の記事では、英語で子育ている親御さんにも役に立つと思います、子供と一緒に使う英語を紹介したいと思います。今回紹介するキーワードは「~ごっこ」という日本語を英語にした際の言い方です。

日本語の「~ごっこ」はとても役に立つ単語ですね。子供がよくする遊びの中には「鬼ごっこ」という遊びや「お店屋さんごっこ」、「医者ごっこ」、「学校ごっこ」などの遊び方があると思います。


勿論、英語圏の国の子供もこういった遊びをします。そして、英語では、「名詞+ごっこ」というパターンを使って表現すれば大体、どのような種類の子供遊びでも表現する事が出来ます。

しかし残念ながら、英語には「○○ごっこ」という便利な単語がありません。ですから、その代わりにもう少し長いフレーズを使う必要があります。

そこで今回の記事は「英語ネイティブの人が使う自然な”~ごっこ”の言い方・フレーズを紹介していきたいと思います。



「~ごっこ」は英語で何という?「鬼ごっこ」や「お店屋さんごっこ」等の子供の遊びを英語してみました!
英語で「~ごっこ」とは何という?「鬼ごっこ」や「お店屋さんごっこ」は?


こちらの記事もお勧めです:




1.「鬼ごっこ」は英語で何という?



「鬼ごっこ」は英語で「tag」という言い方になります。しかし、英語圏の国によって言い方の違いがありますし、地方によっても違った言い方をする事もあります。

しかし、一般的に殆どの人は「tag」という言い方を知っています。他の言い方としては「tig」や「it」という言い方もあります。それでは、実際の使われ方を例文でみていきましょう!


実際の例文:


Let’s play tag!
(鬼ごっこをやろう!)


I tagged you! You’re “it”!
(あなたを触ったよ。あなたは鬼になったよ!)




2.「~ごっこ」:「pretend」という言い方



「鬼ごっこ」以外にも、他の「~ごっこ」という言い方として「pretend to be ~」という少し長い言い方もあります。

例えば、「お店屋さんごっこ」は英語で「pretend to be shopkeepers」になり、「医者ごっこ」は「pretend to be doctors」になります。

「pretend」は動詞です。これは日本語にすると「真似する」「真似事をする」という意味になります。


実際の例文:


Let’s pretend to be teachers.
(先生ごっこをしよう。)


I’ll pretend to be a doctor and you can pretend to be the patient.
(私は医者の真似をするから、あなたは患者になってね。)


母親: What are you doing?
(何しているの?)

子供: We’re pretending to be cowboys!
(カウボーイごっこだよ!)




3.「~ごっこ」:「play ~」という言い方



もう一つの言い方は「play +名詞」になります。例えば、「お店屋さんごっこ」は「play shops」/「play stores」になります。

「医者ごっこ」は「play doctors and nurses」になります。「西部劇ごっこ」は「play cowboys and Indians」という言い方になります。


実際の例文:


The children are playing shops in the living room.
(子供たちはリビングルームでお店屋さんごっこをしています。)


Children love to play doctors and nurses!
(子供はお医者さんごっこをするのが大好きですね!)


母親: What did you do at kindergarten today?
(今日は幼稚園で何をしたの?)

子供: We played cowboys in the playground.
(お外でカウボーイごっこをしたよ。)



その他に今回の表現と関係している別の言い方も紹介したいと思います。それは「play at being+名詞」言い方です。

例えば、「play at being shopkeepers」(お店屋さんごっこ)や「play at being cowboys」(カウボーイごっこ)という言い方をする事もできます。


以上、今回は「~ごっこ」という日本語を英語にした場合の言い方を紹介してみました。今度、英語圏の子供(又はバイリンガルな子供!)と遊ぶ際にこの記事で紹介したフレーズを使ってみましょう!











   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post