「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方の違いも紹介します!



英語で「水着」は何と言うのでしょうか? 女性用の水着や男性用の水着は英語で何という?



今回の記事では、特に夏のシーズンでよくテーマになる事が多い「水着」に関する英語のボキャブラリーを紹介したいと思います。

今日紹介する英語の「水着」という言い方ですが、実は英語圏の国によって「水着」の言い方は異なりますので面白いテーマになると思います。

それでは、先ずは女性用の水着の言い方を紹介したいと思います。



「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方の違いも紹介します!
「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方も紹介


こちらの記事もお勧めです:




1.英語で「女性用の水着」という場合の言い方



アメリカ英語では、女性用の水着は「swimsuit」という言い方になります。「ビキニ」の場合は単純に「bikini」と言います。上と下が繋がっているタイプの水着は「one-piece」になります。

イギリス英語では、女性用の水着は「swimming costume」という言い方になります。そして、日常会話で時々「cozzie」という(costumeの)省略が使われています。

オーストラリア英語は地方によって違う言い方が使われていますが、殆どがイギリス英語と同じ「swimming costume」が使われています。そして、「cozzie」や「bathers」(bathing suitの省略)、「swimmers」という言い方もよく使われています。


実際の例文:


アメリカ人: I bought a new swimsuit yesterday.
(私は昨日新しい水着を買いました。)


イギリス人: Oh no! I can’t find my swimming costume!
(やばい!水着が見つからない!)


オーストラリア人: You’ve got swimming at school today. Don’t forget your bathers!
(今日学校で水泳があるのよ!水着を忘れないでね!)


英語圏中で使える: Are you going to wear a bikini at the beach today?
(今日はビーチでビキニを着るの?)


英語圏中で使える: I’m not going to wear a bikini. I’m going to wear a one-piece.
(私はビキニを着ないよ。私はワンピース系の水着を着るよ。)




2.英語で「男性用の水着」という場合の言い方



男性用の水着は国によって言い方が違いますし、水着の種類によって言い方も変わります。

アメリカ英語では、一般の言い方は「swimming trunks」か「trunks」ですが、この言い方は少しルーズなサーフパンツのような短パンタイプの水着です。

ブリーフ系の水着はよく「Speedos」と呼ばれます。「Speedos」は水着のブランド名から来ている言い方です。


イギリス英語では、アメリカと同じように「trunks」が使われています。そして、「swimming shorts」(=短パン系水着)という言い方もよく使われています。ブリーフ系は「Speedos」になります。

オーストラリア英語でも、「trunks」、「board shorts/boardies」(少しルーズな短パンタイプ)、「Speedos」という言い方が使われています。


実際の例文:


英語圏中: I went to the pool yesterday but I forgot my trunks!
(僕は昨日プールに行ったけど水着を忘れちゃった!)


英語圏中: I prefer to wear Speedos because I can swim faster.
(僕はブリーフ系の水着の方が好きだよ。何故なら、泳ぐ時にスピードが速くなる。)


イギリス英語: I need to buy a new pair of swimming shorts. Mine are too small.
(僕は新しい水着を買わなければならない。今の水着は小さすぎる。)


オーストラリア英語: Go and get your boardies. Let’s go to the beach!
(水着を取りにいってきてね。ビーチに行こう!)


今回紹介した「水着」というボキャブラリーに関する文法ポイント:



“男性用”の水着は必ず「複数形」になります。ですから、「a trunks」ではなく、「a pair of trunks」という言い方になります。

何故なら、脚を通す部分が二つ付いているからです(パンツタイプになっているという意味で)。”女性用”の水着について話す場合には「単数形」になります。つまり、「a swimming costume/swimsuit」という言い方になります。









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post