tradition, custom, habitはどう違いますか?ネイティブはどう使い分ける?


「tradition」,「custom」,「habit」の違いとネイティブの使い方と使い分けを紹介します!



今回の記事では「意味がよく似ている3つの英単語の使い方と使い分け」について紹介したいと思います。紹介する単語は「tradition」,「custom」,「habit」になります。

3つの中で「tradition」と「custom」は特に似ている単語です。「tradition」は日本語で「伝統」になります。「custom」は「習慣」という意味です。

実はこの二つは英語で「どちらでも使える場合がある」ので英語学習者にとって使い分けはとても難しいと思います。

「habit」は「custom」という単語に似ていますが「微妙な違い」がありますので、今回の記事ではこの三つの単語の正しい使い方を紹介したいと思います。


tradition, custom, habitはどう違いますか?ネイティブはどう使い分ける?
tradition, custom, habitはどう違いますか?ネイティブはどう使い分ける?


こちらの記事もお勧めです:



1. 「tradition」の意味と使い方について



tradition」は日本語で「伝統」という意味になります。英語で使うと「tradition」は主に「ある国の中で過去から現在まで伝えられたモノや、ストーリー、アクティビティー」という意味として使われています。

つまり「文化的に行う習慣」という事になります。一般的には「長期的に」続いている事に対して使う単語です。

しかし、もう少しカジュアルな言い方もあります。例えば、自分の家族の中で昔から(過去から)やっている事や、アクティビティーは「tradition」と呼ぶ事が出来ます。

もう少し身近な例でわかりやすく説明すると、例えば「自分の家族が毎年のお正月に行う特別な習慣」などがあれば、それを「family tradition」と呼んでも大丈夫です。


「tradition」に関係している単語:

  • 「伝統的」→「traditional」
  • 「伝統的に」→「traditionally」


実際の例文:


One of our town’s traditions is to have an Easter Egg hunt on Easter Sunday. This tradition has been carried out for 200 years.
(私たちの町の一つの伝統として、毎年のイースター・サンデーに「イースター・エッグ・狩り」というアクティビティーを行います。この伝統は200年前から続いています。)


One Christmas tradition in the UK is to put coins in the Christmas pudding.
(イギリスのクリスマスの伝統の一つは、クリスマスプディングの中に硬貨を入れる事です。)


The Royal Family have a tradition of exchanging presents on Christmas Eve, not Christmas Day.
(イギリスの王家はクリスマス・デーではなく、クリスマス・イブにプレゼントを交換する伝統があります。)




2. 「custom」の意味と使い方について



custom」は「習慣」という意味になります。「tradition」に似ていますが「長期的にやり続けている」という意味は含まれていません。

しかし、場合によって「tradition」と「custom」は同じ意味になります。例えば「custom」は「あるグループの人(国民、ある団体、ある宗教)が定期的に行う習慣」というニュアンスになります。

例えば、日本では、ビジネスシーンで誰かと初めて会う際には、名刺を交換する「習慣」(custom)があると思います。名刺の例では「tradition」よりも「custom」の方が正しいと思います。

それでは、もっと深く理解していく為に実際の使い方を例文でみていきましょう!


実際の例文:


It is the custom in Japan to bow when greeting someone.
(日本では人と出会う際にお辞儀をする習慣があります。)


In western countries, it is the custom to shake hands with someone when you meet for the first time.
(欧米の国々では人と初めて会う際に握手をする習慣があります。)


In Japan, there is no custom of tipping in restaurants.
(日本では、レストランでチップを渡す習慣がありません。)




3. 「habit」の意味と使い方について


上記の説明でも触れたように「custom」は「ある団体(民族、宗教、団体、会社など)が習慣的に行う事」という意味になります。

そして「habit」という単語にはもっと「個人的な習慣」という意味が含まれています。

「habit」は別に「過去から伝えられた伝統」という意味になりません。逆に「個人が決めた習慣」というニュアンスで使われます。

また、「bad habit」という表現は「」という意味になります。


実際の例文:


It is my habit to wash my hands as soon as I get into work. I don’t want to catch a cold.
(私は仕事に着いた後に直ぐに手を洗う習慣があります。私は風邪を引きたくないからです。)


My husband has a bad habit of leaving his dirty socks on the floor. I wish he’d put them into the wash basket!
(私の旦那は履いた後の靴下をそのまま床に置く悪い癖がある。彼はちゃんと洗濯物かごに入れてくれるといいな!)


I lived in Japan for two years. When I went back to my country, I kept the habit of taking my shoes off before entering the house.
(私は2年間日本に住んでいました。帰国した後、家に入る前に靴を脱ぐ習慣をそのまま続けました。)




「tradition」,「custom」,「habit」の違い:まとめ



「tradition」,「custom」,「habit」の意味と使い方のクロスオーバーはありますが、簡単に説明すると、「tradition」は”とても長い間続けられている国やカルチャー的な伝統”という意味になります。

一方、「custom」は現在”特定のあるグループ(国民、宗教など)が習慣としてしている事”に相当する単語になります。「habit」は”個人が続けている習慣(癖)”という意味になります。


tradition (長期的に続けられている・過去から伝えられた・国や民族のレベル)

custom (あるグループの人がやる習慣)

habit (個人が決めて習慣的にやる事)


以上、今回は英語学習者が使い方を間違えやすい単語として「tradition」,「custom」,「habit」の違いと使い分けを紹介してみました。








   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post