使い分けの違い

customerとclientの違いは? 英語で「客」という意味の単語の違い

customerとclientの違いは? 英語で「客」という意味の単語の違い

英語で「客」は何と言う? customerとclientの違いとは?

 

ダン
ダン
皆さんこんにちはダンです。今回の記事では、英語で客(お客)という意味になる「customerとclientの違い」についてお話してみたいと思います。


このcustomerclientという英単語は最近和製英語としても様々なシーン使われていますので、実は意味が混同されがちです。

しかし、英語でcustomerとclientはそれぞれ違う意味と使い方をしています。そして、お店の種類やビジネスシーンではしっかり使い分けられています。

この二つの単語は日常英会話だけではなく、ビジネス英語でもよく使われますので英語を使うビジネスパーソンであれば「customer」と「client」の正しい使い方を覚えておくべきだと思います。

そして、TOEICやEIKEN(英検)などの英語検定試験にもよく出てくるボキャブラリーなので、それぞれの正しい使い方、ニュアンスをしっかり覚えた方が良いと思います。

それでは、「customer」と「client」の違いはどのような点なのでしょうか。先ずは最初にcustomerの意味と使い方についてクローズアップしていきましょう。





customerの意味と使い方とは?


customerの意味と使い方とは?

customer」は日本語で「」や「お客様」という意味になる英単語です。発音は「カストマ」に近いです。シンプルに分かりやすく説明してしまうと、「customer」は会社や店から商品を購入する人(客)です。

例えば、洋服屋で洋服を買う人は「customer」といいます。コンビニでおにぎりを買う人も「customer」になります。ある工場から数多くの商品を買う人または会社も「customer」といいます。

つまり、「有形財」を購入する人や企業は「customer」といいます。一応、レストランで食事をするお客も「customer」と呼べますが、他には「diner」や「patron」という二つの言い方も使われます。

そして、「patron」と「diner」は「customer」よりも、フォーマルな言い方になりますので、例えば高級なレストラン等ではお客の事を「patron」や「diner」と呼びます。

また、ファーストフード店やテイクアウトのみを扱う飲食店などでは、お客の事を「customer」といいます。

電車やタクシー、バスなどの乗り物に乗る人は「customer」ではなく「passenger」(発音:パセンジャー)といいます。それでは、実際のネイティブのcustomerの使い方を例文で確認してみましょう。


customerの使い方 例文



A: How was work today?
(今日の仕事はどうでしたか。)

B: It was busy. So many customers came into the shop.
(忙しかったですよ。沢山の客が店に来ました。)



A: Do you know that man over there?
(あそこの男性は知り合いですか。)

B: Yes. He’s a regular customer at my cafe.
(そうですよ。私のカフェに良く来てくれるお客様ですよ。)



A: How many customers did you serve today?
(今日は何人の客にサービスをしましたか。)

B: Not many. It was a quiet day.
(お客は少なかったですよ。とても落ちついた日でした。)



A: That ramen shop looks popular.
(あそこのラーメン屋は人気そうですね。)

B: Yes, there are alwasys customers lining up outside.
(そうですね。いつも客が外で並んでいますよね。)




clientの意味と使い方とは?


clientの意味と使い方とは?

次に「client」は「customer」と違い、有形財を買う人ではなく、あるサービスを依頼する人や会社という意味になります。例えば、デザイナーに仕事を依頼する人は「client」と言われますし、パソコンの修理を依頼する人(客)も「client」といいます。

他の例として、会計士や弁護士に仕事を依頼する人(客)は「client」といいます。もっと分かりやすく言うと、「customer」と「client」の違いは「買う物の違い」になります。「customer」は一般的に物を買う人で「client」はサービスを買う人と分けていいです。

しかし、医療的なサービスを購入する人(客)は殆どの場合「client」ではなく「patient」といいます。しかし、例外もあります。例えば、介護士を雇うお年寄りなどの人は時々「client」と表現されます。

その理由としてはお年寄りは「病気中の患者」ではなく「介護のサービスを頼んでいる人(客)」という扱いになるので「client」という言い方の方が丁寧だと考えられています。

つまり、病気中の患者や治療を受けている患者は「patient」(=患者)といいますが、介護サービスなどを使っている人は多くの場合「client」と呼ばれています。それでは、実際のネイティブの「client」の使い方を例文でみていきましょう!


clientの使い方 例文



A: What did you do today?
(今日は何をしましたか。)

B: I had a meeting with a client about a project I’m working on.
(客とプロジェクトについての会議を行いました。)



A: How many clients does your accountancy firm have?
(あなたの会計事務所は何人の顧客がいますか。)

B: We have about 50 clients.
(50人くらいの客がいます。)



A: What did that client want?
(その客は何が欲しかったんですか。)

B: He wanted to know when the design he ordered would be finished.
(彼は頼んだデザインがいつ終わるのかを知りたかったようです。)




まとめ:customerとclientの違い


まとめると、「customer」は物(有形財産)を買う客という意味になります。一方「client」は、サービスを依頼する客という表現の際に使います。

他にも英語では「お客」という意味になる似たボキャブラリーがあります。


  • patron = 高級レストランの客
  • diner = レストランの客
  • passenger = 乗り物の乗客
  • patient = 患者(介護士を使う人は「client」と呼ばれる事もあり)



それでは、今回はこれで以上になります。他にもこんな英語が知りたいという方。英語の勉強の仕方で相談したいという方。

英語ネイティブに英語圏のカルチャーを質問してみたい。という色々な疑問をお持ちの方は、是非当サイトの英語ネイティブのライターに連絡してくださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。