単語 PR

whopper(ワッパー)の意味とは? 実はハンバーガーの名前だけじゃない!?

whopper(ワッパー)の意味とは? 実はハンバーガーの名前だけじゃない!?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

実はハンバーガーの名前だけじゃない英語のwhopper(ワッパー)の様々な意味と使い方


ダン
ダン
皆さんこんにちはダンです。今回の記事では、ファーストフードが好きな方はよく耳にすると思います「whopper(ワッパー)という英単語の意味」についてお話してみたいと思います。


日本でもお馴染みの有名バーガーショップであるバーガーキングは「whopper」というハンバーガーを出していますので、ファーストフードをよく利用される方はこの単語を耳にした事があると思います。

しかし、このwhopper(ワッパー)という単語は、バーガー名以外にも色々な意味があり使い方も様々です。このwhopperという単語は日常英会話でも使える口語になりますので、英語を勉強している方は是非、意味と使い方を覚えておくべきだと思います。

そして、whopperと同じ意味になるボキャブラリーも同時に紹介していきたいと思います。それでは英語のwhopper(ワッパー)とはどういう意味なのでしょうか。




「でかい物」という意味になる英語 whopperの扱い方


英語で「でかい物」という意味になる「whopper」

whopper」は名詞で「デカい物」、「とても大きい物」という意味になります。この単語は口語(スラング)になりますので、フォーマルなシーンではあまり使いませんが、かといって失礼な単語という訳でもありません。

ですから、フォーマルなシーン以外は気にせずに使ってもOKな単語になります。発音は国によって微妙に異なります。例えば、アメリカ英語では「ワパー」に近い発音になります。そして、最後の「r」をはっきりと発音します。

一方でイギリス英語では、最後の「r」は発音しません。そして、「o」の発音は「オ」になります。つまり、イギリス英語では「ウォパ」に近い発音になります。

「whopper」は主に二つのパターンで使われています。先ずは、「~ be a whopper」というパターンです。これは「~はでかい物だ」という意味になります。

もう一つは、「~be a whopper of a ~」というパターンです。これは「でかい~だ」という意味になります。それでは、実際のネイティブのwhopperの使い方を例文で確認していきましょう。


でかい物という意味のwhopperの使い方 例文



A: Look at this fish I caught!
(僕が釣った魚を見て!)

B: Wow, what a whopper! Let’s eat it for dinner.
(でっかい魚だね! 夕食で食べましょう!)



A: Are you hungry now?
(今お腹空いた?)

B: No, I ate a whopper of a curry for lunch.
(いいえ、お昼ごはんにとても大きなカレーライスを食べた。)



A: How much did your baby weigh when she was born?
(赤ちゃんが生まれた時は体重はいくつでしたか。)

B: Almost 4kg.
(6キロに近かったですよ。)

A: She was a whopper!
(おお、でっかいね!)



A: Can you turn the air conditioner off now, please?
(今エアコン消してくれない?)

B: Why?
(どうして?)

A: Because we’ll end up with a whopper of an electricity bill.
(電気代がとても高くなってしまうからだよ。)






英語で「大嘘」という意味になる whopperの扱い方


英語で「大嘘」という意味になる whopperの扱い方

もう一つの「whopper」の使い方は「」,「大嘘」という意味の使い方です。この口語は元々「a whopper of a lie」(大嘘)という表現が元になっています。そしてそれが「whopper」に省略されていきました。

そのため、「lie」()の代わりに「whopper」という単語を使うようになっています。

この口語を使う時には、大体「tell a whopper」や「tell whoppers」というパターンで使います。それでは、実際のネイティブの使い方を確認してみましょう。


whopper(大嘘)の使い方 例文



A: The teacher said we don’t have to come into school today.
(先生は今日学校に来なくていいって言ったんだよ。)

B: Stop telling whoppers and put your school uniform on.
(嘘をつくなよ! 制服を着なさい。)



A: Mike said he got a new job as manager of a supermarket.
(マイクはスーパーの店長という新しい仕事を得たって。)

B: He’s telling whoppers. He’s just working on the tills.
(彼は嘘をついているよ。スーパーのレジの仕事をしているだけですよ。)



A: My boyfriend said he would never cheat on me.
(私の彼氏は絶対浮気しないと約束したんですよ。)

B: I think he’s telling you whoppers. He was with another woman on Saturday night!
(彼はあなたに嘘ついていると思いますよ。土曜日の夜に違う女性と一緒にいたんですよ!)





whopperと同じ意味で代わりに使える英単語


whopperと同じ意味で代わりに使える英単語
今まで紹介した「whopper」の意味は主に「とても大きな物」という意味でした。英語にはこれ以外にもwhopperと同じ意味になる英単語・スラングは沢山あります。例えば、以下のような単語は同じ意味として使用可能です。


  • a monster
  • a beast
  • a mammoth
  • a giant
  • a colossus
  • a behemoth
  • a jumbo



もし、僕が「大きなバーガー名」を考えるとすると、おそらく「collussus」という名前を付けると思います(笑)。

この単語は「ロドス島の巨像」という名前から来ています。他にも大きなバーガー名の候補として「mammoth」(=マンモス)という名前もインパクトがあって良いと思います^^



まとめ:「whopper」の意味と使い方


まとめると「whopper」には二つの意味があります。一つ目の意味は「でかい物」という意味になり、二つ目は「大嘘」という意味になります。

この単語は口語なのでフォーマルなシチュエーションで使うと少しおかしいと思いますが、かといって失礼な単語ではありませんので、基本的にはどのようなシーンで使っても問題はありません。

今回はこれで以上になりますが、他にももっとこんな英語表現が知りたい! こんなスラングが知りたい!といった英語に関する質問があれば、是非当サイトのネイティブライターにご連絡くださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)