使い分けの違い PR

toilet、bathroom、restroomの違いは? 英語で「トイレ・お手洗い」は何?

toilet、bathroom、restroomの違いは? 英語で「トイレ・お手洗い」は何?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

英米語で違う「トイレ」という意味のtoilet, bathroom, restroomの違いを徹底解説


ダン
ダン
皆さんこんにちはダンです。今日の記事では、英語で「トイレ」、「手洗い」という意味の英単語「toilet、bathroom、restroomの違い・使い方の違い、そして、イギリス英語とアメリカ英語での違い」についてお話していきたいと思います。


一見すると、この三つの単語はどれも似たように感じると思いますが、使い方はどれも違います。特にイギリスとアメリカでは「トイレ」という際にお互い違う言い方をします。

ですから、英語ネイティブはこの三つの単語を使い分けていますので、英語学習者の方もそれぞれのニュアンスの違いと使い方の違いを覚えておく必要があると思います。

それでは、先ずは最初に「toilet」の使い方をクローズアップしてみましょう。




toiletの意味と使い方・イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い


toiletの意味と使い方・イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い

toilet(発音:トイレット)という単語は英語圏の国によっても意味と使い方が変わります。イギリス英語では、「トイレ」や「お手洗い」という際に「toilet」という言い方を使います。

例えば、イギリス人は「お手洗いに行ってきます」と言う際に「I’m going to the toilet」と言います。しかし、アメリカ人は同じシチュエーションでこういった表現は使いません。

アメリカ英語では「toilet」は「便器」という意味になり、少し下品な言い方になってしまいます。そのため、アメリカ人は便器についての会話でもない限り「toilet」という単語は殆ど使いません。

その為、アメリカ人がトイレという際には違う表現を使います。イギリス人も便器を「toilet」と呼びます。それでは実際のネイティブのtoiletの使い方を例文でみていきましょう。


toiletのイギリス英語の使い方 例文



A: Where is dad?
(パパはどこ?)

B: He went to the toilet.
(トイレに行ったのよ。)



A: Excuse me. Where is the toilet?
(すみません。お手洗いはどこにありますか。)

B: The toilets are at the back of the restaurant.
(お手洗いはレストランの奥の方にあります。)



toiletのアメリカ英語とイギリス英語の両方の使い方 例文



A: Mom, what are you doing?
(ママは何をしているの?)

B: I’m cleaning the toilet.
(便器を掃除しているのよ。)




bathroomの意味と使い方・イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い


bathroomの意味と使い方・イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い

bathroom」も「toilet」と同じように英語圏の国によって使い方が違いますし、ニュアンスの違いがあります。イギリス英語で「bathroom」は家の中にある「風呂場」という意味になります。

そして、イギリス人は「公衆トイレ」などを「bathroom」と呼びません。しかし、アメリカ英語で「bathroom」は「お手洗い」の婉曲的かつ丁寧な言い方となります。

例えば、アメリカ英語では「お手洗いはどこにありますか」といった質問をする際には「bathroom」という単語を使う場合が多いです。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


bathroomのアメリカ英語とイギリス英語の両方の使い方 例文



A: Your bathroom looks amazing!
(あなたのお風呂場はとても素敵ですね。)

B: Yes, we renovated it last year.
(そうですね。去年リフォームしたかからですね。)



A: Have you cleaned the bathroom?
(お風呂場を掃除した?)

B: Not yet. I’ll do it later.
(まだです。後でするよ。)



bathroomのアメリカ英語の使い方 例文



A: Excuse me. Where is the bathroom?
(すみません。お手洗いはどこにありますか。)

B: It’s on the third floor.
(3階にありますよ。)





restroomの意味と使い方・イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い


restroomの意味と使い方・イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い

最後に紹介する「restroom」は主にアメリカ英語で使われている単語になります。一般的にイギリス人は「トイレ(お手洗い)」という際に「restroom」という単語を使いません。

ちなみにイギリスでrestroomという単語を使うと「休憩室」という意味になりますので、誤解を招くためにあまり使わない方が良いと思います。

アメリカ人は「restroom」を「トイレ・お手洗い」という意味として使っています。先程もお話したように、「toilet」という言い方はアメリカ人にとってはダイレクトすぎて少し下品な単語になります。

以上の事から、アメリカ英語では「bathroom」や「restroom」などの遠回しな単語を使っています。アメリカ英語で丁寧に「お手洗い」と言いたい際には「bathroom」か「restroom」という言い方を使う必要があります。それでは、例文で使い方を確認してみましょう!


アメリカ英語のrestroomの使い方 例文



A: Mom, I need the bathroom!
(ママ、トイレ行きたい!)

B: There’s a public restroom near here. Hold on!
(この近くに公衆トイレがあるよ。少し我慢して!)



A: I’m just going to the restroom.
(トイレに行ってきますよ。)

B: Ok, I’ll wait here.
(分かりました。ここで待っていますよ。)



A: Why is the restroom closed?
(お手洗いはどうしてしまっているのかな。)

B: I think they’re doing some construction work.
(工事していると思うのよ。)





まとめ:「toilet」、「bathroom」、「restroom」の違い


まとめると「toilet」と「bathroom」と「restroom」は全て「トイレ」や「お手洗い」という意味になりますが、英語圏の国によって使い方が違い、ニュアンスも違います。

イギリス英語

  • toilet = お手洗い、トイレ、便器
  • bathroom = 風呂場
  • restroom = あまり使いませんが、「休憩室」という意味になってしまう



アメリカ英語

  • toilet = 便器
  • bathroom = 風呂場、お手洗い
  • restroom = お手洗い



他にもトイレに関するスラングや口語はありますが、トイレに関する会話で丁寧に話したい場合には、今回紹介した単語を使い分けてみて下さいね。

もっとマニアックな英語に関する質問や、英語のスラング、イディオム表現など。英語に関する質問がある方はご質問して下さいね! 英語ネイティブの視点で詳しくお答えします。


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)