使い分けの違い PR

fewとa fewの違いとは?「few」の意味と使い方

fewとa fewの違いとは?「few」の意味と使い方
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Fewの意味と使い方、a fewとの違い、スラングやイディオムの使い方も紹介



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。イギリス人の英語教師のマリと申します。皆さんは英語で「少ない」という際にどんな単語を使いますか? 今回の記事では、英語学習初心者が間違えやすい「fewとa fewの違い」について紹介したいと思います。


この二つの英単語は一見同じように見えますが、実は意味とニュアンスはかなり異なります。そんな事から、fewとa fewの使い方を間違えるとコミュニケーションのミスを起こす可能性が出てきます。

ちなみに「few」と「a few」はネイティブの日常会話によく使われますので、英会話を勉強中の方は必ず、それぞれの意味と正しい使い方を覚えるべきです。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認しながら、fewの意味とa fewの意味、ニュアンスを見ていきましょう。fewとa fewの違いとはどんな点なのでしょうか?





fewの意味と使い方、ニュアンス


few」は形容詞です。可算名詞の少ない数を強調するという際に使います。fewの意味は「少ない」、「殆ど~ない、「殆どいない」になります。


fewとa fewの違いとは?「few」の意味と使い方

ネイティブの「few」の使い方 例文:



Masa has few friends.
(マサには友達が殆どいない。)


He’s a man of few words.
(彼は口数の少ない人です。)


We came up with few ideas.
(私たちはアイディアをほとんど思いつかなかった。)


Few men could do this work.
(この仕事が出来る男性は少ないです。)


Few people know the answer to this question.
(この質問の答えが分かる人は少ないです。)





ポジティブなニュアンスになる fewの使い方


上記の「few」の使い方は全てネガティブなニュアンスの使い方ですね。しかし、「Few」は使い方によってはポジティブなニュアンスになる場合もあります。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文でみてみましょう。

fewとa fewの違いとは?「few」の意味と使い方

ポジティブなニュアンスの「few」の使い方 例文:



She has few faults.
(彼女には弱点が殆どありません。)


He made few mistakes.
(彼は殆ど間違えなかった。)


They encountered few problems.
(彼は殆ど問題に遭遇しなかった。)





fewの比較級・最上級の文法について


冒頭でも説明したように「Few」は形容詞なので、比較級と最大級の変化もあります。

  • Few・・・少数
  • Fewer・・・~より少数
  • Fewest・・・一番少ない数



fewの比較級・最上級の例文:



Mike made fewer mistakes than me.
(マイクは私より間違いが少なかったです。)


There are fewer people at this year’s concert than last year’s.
(去年のライブよりも今年のライブに来る観客は少ない。)


Betty made the fewest mistakes of all.
(ベティーは間違いが一番少なかった。)


The person who made the fewest spelling mistakes is Kate.
(最もスペルミスが少なかったのはケイトです。)





A fewの意味使い方、ニュアンス


「Few」の前に「a」をつけると、「A few」となり、単語の意味が変わります。「Few」は、何かの「少数」を強調しますが、「a few」は逆に少しだけポジティブなニュアンスがあります。

「A few」は具体的な数ではありませんが、例えば「5,6,7くらい」といった大体のアバウトな数を表現する際に使います。例えば、「a few minutes」は「5分、6分」という意味になります。

そして「A few people」は「5,6人」といった意味になります。文章だけの説明だとわかりにくいと思いますので、実際のA fewの使い方を例文で確認してみましょう。


fewとa fewの違いとは?「few」の意味と使い方

ネイティブの「a few」の使い方 例文:



Masa has a few friends.
(マサには何人かの友達がいる。)
※つまり、「マサは5、6人の友達がいる。」


We came up with a few ideas.
(私たちはいくつかのアイディアを思いつきました。)


She has a few faults.
(彼女はいくつかの弱点があります。)


There are a few cookies left in the box.
(箱にいくつかのクッキーが残っています。)


There were a few presents still unopened.
(まだ開けられていないプレゼントが少し残っていました。)





quite a fewという表現の意味と使い方


上記で紹介した使い方以外にも「few」が入ったフレーズや表現がありますので、紹介していたいと思います。まずは、「quite a few」という表現です。

この表現は「多数」という意味になります。つまり、「沢山」ではなく、「ある程度~がある」という微妙なニュアンスを与える表現です。


ネイティブの「quite a few」の使い方 例文:



I have quite a few CDs.
(私は数多くのCDを持っています。)


There were quite a few people at the party that I knew.
(パーティーに私の知り合いが結構いました。)


He scored quite a few goals in his soccer career.
(彼はサッカー選手だった間に多少のゴールを決めました。)


There are quite a few foreigners living in my apartment building.
(私のマンションには外国人の居住者がいます。)


There are quite a few spelling mistakes in your essay. I think you should rewrite it and show it to me again tomorrow.
(あなたのエッセイには多少のスペルミスがあります。書き直してまた明日に私に見せた方が良いと思います。)




a few too manyというイディオムの意味と使い方


a fewにはスラングとしての使い方もあります。その使い方は「a few too many」というフレーズです。これはスラングで「お酒を飲みすぎた」という意味になります。


ネイティブの「a few too many」の使い方 例文:



I feel sick. I’ve had a few too many.
(私は気持ち悪いよ。お酒を飲みすぎた。)


You’ve had a few too many.  I think you should go home.
(あなたは飲みすぎたよ。帰った方がいいと思う。)


He get’s aggressive when he’s had a few too many.
(彼は飲みすぎると攻撃的になる。)





few and far betweenというイディオムの意味と使い方


fewには他にもイディオムとしての使い方もあります。その使い方は「few and far between」という表現です。これはイディオムで「とても少ない」や「珍しい」という意味になります。


ネイティブの「few and far between」の使い方 例文:



Foreigners who speak good Japanese are few and far between.
(日本語が上手に話せる外国人はとても珍しいです。)


Good restaurants in this town are few and far between.
(この町には美味しいレストランは少ないです。)


80 year olds with perfect vision are few and far between.
(完璧な視力を持っている80歳の人はとても少ないです。)




fewとa fewの違い:まとめ


如何でしたでしょうか。長くなりましたが「Fewとa fewの違い、使い方は何となく理解出来ましたか^^

まとめると、「few」は「少ない」という意味になります。「a few」はもう少しポジティブなニュアンスを与えるフレーズです。「quite a few」は婉曲的に「結構ある・いる」、「多少」という意味になります。

今回紹介した使い方はネイティブの日常会話でもよく使われるので、英会話する際には是非使ってみて下さいね。

以前の記事でも書きましたが、英単語を新しく覚える際には例文として使っていく事で覚えるという方法が一番ですので、是非実践してみて下さいね^^



📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)