単語

afraid not、afraid soはどういう意味になるのでしょうか? Afraidという英単語の様々な使い方の紹介

afraid not、afraid soはどういう意味?

afraid notや、afraid soはどういう意味でどういった場合に使うのでしょうか?



今回の記事ではネイティブとの日常英会話の際に役に立つ「afraid」という英単語の様々な使い方を例文を交えて紹介したいと思います。

この単語は日常英会話だけではなく、ビジネス英会話やビジネスライティングでも使う事が出来るので、詳しい使い方を覚えておくと非常に便利です。では、「afraid」の使い方を紹介していきます。


afraid not、afraid soはどういう意味?afraid not、afraid soはどういう意味?

おすすめ記事:





Afraidの様々な使い方1: be afraid (of ~, to ~) 



be afraid (of ~, to ~):こわがって、~がいやで、~が怖い


「afraid」は形容詞として使う事が出来ます。そうした場合には「~が怖い」という意味になります。

「be afraid of 名詞」(~が怖い)と「be afraid to 動詞」(~する事が怖い)はとても役に立つパターンです。では以下の例文で使い方をみていきましょう。


例文:

I’m afraid of dogs.
(私は犬が怖い)


I’m afraid of heights.
(私は高所恐怖症です)


Don’t be afraid.
(怖くないよ。)


I’m afraid to go outside alone at night.
(私は夜1人で出かける事が怖い。)


「be afraid of/for ~」というパターンは「~が怖い」以外の意味もあります。例えば「~が気になる」や「~を心配して」という意味もあります。

I was afraid for his safety.
(私は彼の安否が心配だった。)


I was afraid of hurting him.
(私は彼を傷つけないかと心配だった。)



Afraidの様々な使い方1: 2. be afraid (that) ~



be afraid (that) ~: 残念ながら、申し訳ないですが


この表現は「残念に思う事」を表現する際に使います。つまり、「あまり言いたくないが言う必要がある」といった際に使う表現です。

これはビジネスレターや、正式なコミュニケーションをする際にとても役に立つフレーズです。話し言葉として使っても大丈夫です。


例文:

I’m afraid that I can’t attend your graduation.
(残念ですが、あなたの卒業式に出席する事は出来ません。)


I’m afraid that you failed the test.
(残念ですが、あなたは試験に落ちました。)


会話:A Can I join you?
  (私も参加してもいいですか?)
会話:B I’m afraid not.
  (残念ながら無理です。)


会話:A Are you still going out with John?
  (あなたはまだジョンと付き合っていますか?)
会話:B I’m afraid not. We broke up last week.
  (残念ですがもう付き合っていません。私たちは先週別れました。)


会話:A Has the game been cancelled?
  (試合はキャンセルされましたか?)
会話:B I’m afraid so.
  (残念ですが、キャンセルされましたよ。)

会話:A Is it cancer?
  (癌ですか?)
会話:B I’m afraid so.
  (残念ですが癌ですよ。)


ビジネスレターでは、「I’m afraid that ~」の代わりに「I regret to tell you that ~」か「I regret to inform you that ~」というフレーズを使う事が出来ます。意味としては同じになります。

皆さん、如何でしたでしょうか。 Afraidの様々な使い方は理解できましたでしょうか^^ Afraidを使った表現は様々なシーンで使えるのでこの機会に是非覚えて使ってみて下さいね。





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。