単語

「ぎりぎり」、「ぎりぎりセーフ」等は英語で何というのでしょうか?

英語で「ぎりぎり」って何と言うのでしょうか?

日本人の英語学習者が気になる英語紹介:「ぎりぎり」、「ぎりぎりセーフ」って英語で何と言えばいいのでしょうか?



読者の皆さんもご存知のように日本語には、かなり多くの擬音語と擬態語が使われています。例えば、日常会話でも「ぱくぱく」や「もぐもぐ」、「びしゃびしゃ」などの表現が日常的に使われています。


英語にも勿論、擬音語と擬態語はありますが、日本語ほどは使われていません。そして逆に英語で擬音語を使いすぎると話が少し子供っぽくなるという印象を与えてしまう事もあります。


以上の事から、日本語の擬態語は英語に少し翻訳しずらいんです。そこで今回の記事では日本語でよく使われている「ぎりぎり」という擬態語の英語の言い方を紹介していきたいと思います。

この表現はとても役に立ちますが、英語ではシチュエーションによって言い方が異なります。


「ぎりぎり」という擬態語は日本語の会話で様々なシーンでよく使われています。例えば、時間の話、お金の話、数の話などで使う事が多いと思います。

そして、もう一つの使い方としては「まったく余地がない状態」という意味で使う場合です。


英語では、シーンによって違う表現を使いますので、以下で具体的な使い方を分析してみていきましょう。



1. ぎりぎりまで~する
2. ぎりぎりで間に合う
3. ぎりぎりだ・ぎりぎりだった



英語で「ぎりぎり」って何と言うのでしょうか?英語で「ぎりぎり」って何と言うのでしょうか?

おすすめ記事:





英語で「ぎりぎりまで~する」という際の表現



この表現を英語にした場合に最も役に立つ言い方としては「do ~ at the last minute」や「leave ~ to the last minute」という表現です。

では、実際の使い方を例文で確認していきましょう。


例文:

Why do you always do your homework at the last minute? You should have started it earlier.
(どうしていつもぎりぎりまで宿題をしないの?もっと早く勉強し始めた方が良かったのに。)


I waited until the last minute but my boyfriend never came.
(私はぎりぎりまで待っていたけど、彼氏は来なかった。)


I was studying for the test until the very last minute.
(私はテストの前にぎりぎりまで勉強していました。)




英語で「ぎりぎりで間に合う」という際の表現



「間に合う」は英語で「be in time」という意味になります。「間に合う」と一緒に使う「ぎりぎり」は「just」や「only just」と表現します。

では、実際の使い方をみていきましょう。


例文:


I was only just in time for the train.
(私はぎりぎりで電車に間に合いました。)


He made it just in time for the concert to start.
(彼はぎりぎりでコンサートのスタートに間に合いました。)


The teacher made it to school just on time.
(先生はぎりぎり間に合って学校に着きました。)




英語で「ぎりぎりだ・ぎりぎりだった」という際の表現



「ぎりぎりだ」という表現は英語で「be close」という形容詞になります。しかし、他のイディオムと表現も数多くあります。

例えば、「a close shave」というイディオムは日常英会話でよく使われています。では、例文で最も役に立つ表現を紹介していきます。


例文:

Wow, that was close! I was almost late again for school!
(やばい、ぎりぎりだった!後もう少しでまた学校に遅れちゃったね!)


That was a close shave! I almost got run over then!
(ぎりぎりだったんですよ!後少しで車に轢かれるところだったよ。)


読者の皆さん! 日本語でよく使う擬音語・擬態語の英語の言い方が知りたい場合、是非メールくださいね!! 読者の方の質問は当サイトのネイティブライターが全てお答えします!

質問はこちらのページから↓↓

>> マスターランゲージのライターに質問する



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。