単語

「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方の違いも紹介します!

「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方の違いも紹介します!

英語で「水着」は何と言うのでしょうか? 女性用の水着や男性用の水着は英語で何という?


皆さん、「水着」の様々な英語の言い方が分かりますか?今回の記事では、特に夏のシーズンでよくテーマになる事が多い「水着」に関する英語のボキャブラリーを紹介したいと思います。

実際は、「水着」は英語で色々な言い方があります。それはなぜなら、それぞれの英語圏の国には違う言い方がありますし、古い言い方とモダンな言い方もありますし、男性と女性の水着の言い方の違いもあるからです。今回の記事ではそれぞれの言い方を例文を通して紹介したいと思います。



「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方の違いも紹介します!「水着」は英語で何という? アメリカ英語とイギリス英語の水着の言い方も紹介

こちらの記事もお勧めです:




英語で「女性用の水着」という場合の言い方



アメリカ英語では、女性用の水着は「swimsuit」という言い方になります。「ビキニ」の場合は単純に「bikini」と言います。上と下が繋がっているタイプの水着は「one-piece」になります。

イギリス英語では、女性用の水着は「swimming costume」という言い方になります。そして、日常会話で時々「cozzie」という(costumeの)省略が使われています。

オーストラリア英語は地方によって違う言い方が使われていますが、殆どがイギリス英語と同じ「swimming costume」が使われています。そして、「cozzie」や「bathers」(bathing suitの省略)、「swimmers」という言い方もよく使われています。


実際の例文:


アメリカ人: I bought a new swimsuit yesterday.
(私は昨日新しい水着を買いました。)


イギリス人: Oh no! I can’t find my swimming costume!
(やばい!水着が見つからない!)

イギリス英語: I need a new cozzie.  This one’s too small.
(私は新しい水着が必要です。この水着は小さすぎます。)


オーストラリア人: You’ve got swimming at school today. Don’t forget your bathers!
(今日学校で水泳があるのよ!水着を忘れないでね!)


英語圏中で使える: Are you going to wear a bikini at the beach today?
(今日はビーチでビキニを着るの?)


英語圏中で使える: I’m not going to wear a bikini. I’m going to wear a one-piece.
(私はビキニを着ないよ。私はワンピース系の水着を着るよ。)




2.英語で「男性用の水着」という場合の言い方



男性用の水着は国によって言い方が違いますし、水着の種類によって言い方も変わります。

アメリカ英語では、一般の言い方は「swimming trunks」か「trunks」ですが、この言い方は少しルーズなサーフパンツのような短パンタイプの水着です。

ブリーフ系の水着はよく「Speedos」と呼ばれます。「Speedos」は水着のブランド名から来ている言い方です。


イギリス英語では、アメリカと同じように「trunks」が使われています。そして、「swimming shorts」(=短パン系水着)という言い方もよく使われています。ブリーフ系は「Speedos」になります。

オーストラリア英語でも、「trunks」、「board shorts/boardies」(少しルーズな短パンタイプ)、「Speedos」という言い方が使われています。


実際の例文:


英語圏中: I went to the pool yesterday but I forgot my trunks!
(僕は昨日プールに行ったけど水着を忘れちゃった!)


英語圏中: I prefer to wear Speedos because I can swim faster.
(僕はブリーフ系の水着の方が好きだよ。何故なら、泳ぐ時にスピードが速くなる。)


イギリス英語: I need to buy a new pair of swimming shorts. Mine are too small.
(僕は新しい水着を買わなければならない。今の水着は小さすぎる。)


オーストラリア英語: Go and get your boardies. Let’s go to the beach!
(水着を取りにいってきてね。ビーチに行こう!)


今回紹介した「水着」というボキャブラリーに関する文法ポイント:



“男性用”の水着は必ず「複数形」になります。ですから、「a trunks」ではなく、「a pair of trunks」という言い方になります。

何故なら、脚を通す部分が二つ付いているからです(パンツタイプになっているという意味で)。”女性用”の水着について話す場合には「単数形」になります。つまり、「a swimming costume/swimsuit」という言い方になります。


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。