英語の「pick up」は「ナンパする」という意味になる?句動詞の様々な意味と使い方

「ナンパする」は英語で「pick up」という意味になる?「pick up」という句動詞の様々な意味と使い方を紹介



今回の記事では「pick up」という句動詞の様々な意味と使い方を紹介したいと思います。

英語学習者の方であれば「句動詞」という動詞の種類をご存知だと思いますが、句動詞についてあまり知らないという方もいらっしゃると思いますので、先に少しだけ説明したいと思います^^



句動詞とは?


句動詞とは「動詞+前置詞」や「動詞+副詞(+前置詞)」という組み合わせの文法です。実は、一つの動詞として扱った方がよいと思います。

日常英会話では、句動詞は非常によく使われていますので、英語をある程度のレベルで話せるようになるには数多くの句動詞を覚えておく必要があると思います。

しかし、句動詞は日本人の英語学習者にとって少し覚えにくいと思います。それは何故なら「動詞を句動詞にすると動詞の意味が変わる」という事が最も大きな原因だと思います。

例えば、「make」という動詞は「作る」という意味になりますが、前置詞か副詞と一緒にして句動詞を作ると全く違う意味になります。


句動詞の例

  • make up = 仲直りする、嘘を付く
  • make out = いちゃいちゃする
  • make for = ~へ向かう

「make」は他の句動詞にも入っています。こういった理由で句動詞を覚える事が難しくなると思います。



句動詞を覚える方法


多くの英語学習者は句動詞のリストをそのまま覚えようとしますが、私の意見では「実際に使われている言い方(文章)やネイティブっぽいダイアログを通して」句動詞の意味と使い方を覚えた方が良いと思います。

句動詞を紹介している教材は沢山ありますが、私がお勧めするのは当サイトのライターのマリが書いた句動詞の電子書籍です。

この教材では、カジュアルな英会話でよく使われている句動詞をダイアログを通して学べます。そして、音声も付いていますのでダイアログを聞きながら句動詞の自然な使い方を吸収する事が出来ます。


お勧めの句動詞教材:




それでは、少し前置きが長くなってしまいましたが、「pick up」という句動詞の様々な意味と使い方を紹介します!


英語の「pick up」は「ナンパする」という意味になる?句動詞の様々な意味と使い方
英語の「pick up」は「ナンパする」という意味になる?句動詞の様々な意味と使い方


こちらの記事もお勧め:




1. ナンパするという意味の「pick up」



「ナンパする」という意味の「pick up」は元々「アメリカ英語のスラング」だったのですが、現在は英語圏の国中で使われている一般的なスラングになりました。

そして、主に「pick 人 up」というパターンで使う事が多いですが、「人」を表す言葉が長い場合「pick up ~」というパターンを使います。


実際の例文:


Are you trying to pick me up?
(あなたは私をナンパしようとしているの?)


Tom picked up this really cute girl at the club.
(トムはクラブでとても可愛い女の子をナンパした。)※「really cute girl」は長いので「pick up ~」という語順を使っています。




2. 拾うという意味の「pick up」



もう一つの使い方は「物を拾う」という使い方です。この句動詞は上記の「ナンパする」と同じように二つのパターンがあります。

pick 物 up」または「pick up 物」という二つのパターンを使います。その「物」が一つだけの単語であれば、「pick 物 up」というパターンを使えます。

そして、その「物」が”長い名詞句”であれば「pick up 物」というパターンを使った方が良いです。

少しわかりにくいと思いますので、実際の例文で使い方をみていきましょう。


実際の例文:


Pick that rubbish up.
(そのゴミを拾ってね。)


Did you pick up that coin you dropped?
(落とした硬貨を拾った?)




3. 迎えに行く、迎えるという意味の「pick up」



この使い方は日常英会話でよく使われています。これも二つのパターンがあります。名詞句が長い場合は「pick up ~」というパターンを使う傾向があります。


実際の例文:


Mike is waiting at the station. I’ll go and pick him up.
(マイクは駅で待っている。私は迎えに行ってくるよ。)

My daughter finishes school at 4 o’clock every day but I pick her up at 4:30 so she can talk to her friends.
(私の娘は毎日4時に学校から出るけど、彼女が友達と話すために私はいつも4時半に迎えにいくよ。)




4. 早く覚える・学ぶという意味の「pick up」



この使い方は主に「スキル(例えば、言語、楽器など)を覚える」という際に使われています。


実際の例文:


He picked up Spanish really quickly.
(彼はスペイン語をとても早く覚えたよ。)


He picked up the violin surprisingly quickly.
(彼は意外と早くバイオリンの弾き方を学んだ。)




5. ビジネスなどが良くなるという意味の「pick up」



この意味・使い方は様々なシーンで使えますが、主に「ビジネス英語」でよく使われています。しかし、天気の話や健康の話について話す際にも使える句動詞です。


実際の例文:


Sales picked up after Christmas.
(クリスマスが終わったらセールスが良くなった。)

The weather is going to pick up tomorrow.
(天気は明日良くなるだろう。)


上記の5個の使い方が最もよく使われていますが、他にも使い方が沢山あります。

例えば・・
  • 電話に出る
  • 気が付く
  • 人を注意する・叱る
  • 風邪などを引く


以上になります。英語を話せるようになる為には、句動詞の知識は必須です。

句動詞を沢山知っていれば会話の際にとても役立ちます。是非、句動詞の知識を増やしていきましょう!





スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post