単語

「歩きスマホ」,「歩きタバコ」,「歩き読み」は英語で何と言う?

「歩きスマホ」,「歩きタバコ」,「歩き読み」は英語で何と言う?

英語で歩きながら〇〇という表現は何と言う? 歩きスマホ、歩き読み、歩きタバコは?


カイリー
カイリー
皆さんこんにちは。カイリーです。今回の記事では、最近よく耳にする日本語のバズワード(流行語)の英語の言い方として「歩きスマホ」、「歩きタバコ」、「歩き読み」は英語で何?というテーマについてお話してみたいと思います。


これらは全て「歩く」という言葉がついた単語になりますが、「歩きスマホ」は最近特に流行っている表現だと思います。例えば、駅に行ったら「歩きスマホに注意」という表現の注意看板・広告が多いです。

そして、歩きスマホによる事故は最近多発している事もあり、ニュースを観るとこのフレーズがけっこう出てきます。日本語の「歩き~」という表現はとても便利な表現ですね。

しかし、残念ながら英語にはそういった便利な単語はありません。英語で「歩き~」という表現をするためにもう少し長いフレーズを使う必要があります。

それでは、英語で「歩き○○」という意味になる様々な言い方を紹介していきたいと思います。


英語で「歩きスマホ」は何と言う? 「歩きながら○○」という意味の英語「~ while walking」


英語で「歩きスマホ」は何と言う? 「歩きながら○○」という意味の英語「~ while walking」

先ず最初に紹介する「歩きスマホ」は英語にすると「using a smartphone while walking」という言い方になります。

この「while walking」は「歩きながら~をする」という意味になります。つまり、「using a smartphone while walking」を直訳すると「歩きながらスマホを使うこと」という言い方になります。

「~ while walking」は「歩きスマホ」だけではなく、どんな動詞でも一緒に使う事ができます。例えば、よくある例としては以下のような言い方です。

英語で「~と同時に・~しながら」という意味の「at the same time」の使い方

  • 歩きタバコ = smoking/smoke while walking
  • 歩き読み = reading/read while walking




もちろん、この文法には他の使い方もあります。例えば「walking」の代わりに他の動詞を使うと色々な文章を作る事ができます。例として以下のような使い方があります。




  • talk while eating (食べながら話す事)
  • listen to music while studying (勉強しながら音楽を聴く事)
  • eat while watching a movie (映画を観ながら食べる事)



それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認していきましょう。


use a smartphone while walkingの使い方 例文



Using a smart phone while walking is very dangerous.
(歩きスマホはとても危ないです。)


I don’t understand people who text while walking! Why don’t they stop?!
(私は歩きスマホをする人の考え方が全く分からない! どうして止まらないの?!)


Stop looking at your phone while walking! You’re going to bump into someone!
(歩きスマホを止めて! 誰かにぶつかってしまうよ!)


I don’t like people who smoke while walking.
(私は歩きタバコをする人が嫌いです。)


I sometimes see people reading while walking.
(私は時々歩き読みをする人を見かける。)





英語で「~と同時に・~しながら」という意味の「at the same time」の使い方


英語で「~と同時に・~しながら」という意味の「at the same time」の使い方

ネイティブが「~と同時に・~しながら」という表現をする際には「at the same time」という言い方を使います。

また、「~ and ~」という表現を使うと「同時に」というニュアンスが含まれています。ですから、あえて「at the same time」と言わなくても意味は通じます。

今回のテーマ「歩きスマホ」をこの表現を使って表すと、「using a smartphone and walking (at the same time)」という言い方になります。この表現を使う際には、動詞の順番を逆にしても構いません。つまり、「walking and using a smartphone at the same time」という言い方でもOKです。

この文法は「歩きスマホ」だけに限った事ではなく、他の動詞と一緒に使う事も可能です。例えば、例として以下のような使い方があります。


  • smoking and walking at the same time (歩きたばこ)
  • reading and walking at the same time (歩き読み)



それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認していきましょう。


walking and using a smartphone at the same timeの使い方 例文



Texting and walking (at the same time) can cause accidents.
(歩きスマホは事故を起こす可能性があります。)

A man at the station was walking and texting and ended up falling off the platform.
(駅で歩きスマホをしている男性がいて、結局フォームから落ちてしまいました。)


In some places, smoking and walking (at the same time) is forbidden.
(ある場所で歩きタバコは禁止されています。)


It’s not safe to walk and read at the same time. Read your book when you get home.
(歩き読みは危ないですよ。 帰ってきてから本を読みなさい。)





英語で「歩きスマホ」という意味になるイディオム表現「smartphone zombie」の使い方とニュアンス


英語で「歩きスマホ」という意味になるイディオム表現「smartphone zombie」の使い方とニュアンス

最後に紹介する「歩きスマホ」の言い方ですが、これはイディオム表現になります。この表現は比較的に最近使われるようになりました。意味としては「携帯を見ながらゆっくり歩く人」というニュアンスを与えるイディオムです。

確かに携帯を真剣にみながら歩いている人は、傍から見るとまるでゾンビのようにゆっくり歩いているようにみえる事があります。この「zombie」は皆さんもご存じの「ゾンビ」と同じ意味です。ニュアンスも同じになります。

この表現は「歩きスマホ」以外には使いません。例えば、「smoking zombie」(歩きタバコ)という言い方はありません。スマホだけに限った言い方です。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認していきましょう。


smartphone zombieの使い方 例文



My brother has become a smartphone zombie. Wherever he goes he is constantly staring at his phone.
(私の弟は歩きスマホが止まらない。彼は何処に行ってもずっと携帯をじーっと見ているよ。)


Smartphone zombies often cause accidents in crowded places.
(歩きスマホをする人は混んでいる場所で事故を起こす場合が多いです。)


I saw a smartphone zombie get hit by a bike today.
(私は今日、歩きスマホをしている人と自転車の事故を見ました。)





まとめ:歩きスマホ、歩きタバコ、歩き読みの英語の言い方


まとめると、英語では「歩き○○」というキャッチーな表現が存在していませんので、色々な言い方で表現する必要があります。今回の記事では三つの「歩きながら○○」という言い方を紹介しました。


  • ~ while walking
  • ~ and walking (at the same time)
  • smartphone zombie



最後に紹介した「smartphone zombie」は「歩きスマホ」以外の意味はありません。ちなみにこの表現はよく新聞記事、ネット記事などに出てくる表現です。

以上、今回は英語で「歩きスマホ」,「歩きタバコ」,「歩き読み」という際の言い方を紹介してみました。結構役に立つ英語表現だと思いますので、この機会に是非使い方を覚えてみて下さいね^^

英語に関する質問があれば、是非当サイトのライターにご連絡くださいね! 質問お待ちしております。


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。